大手仲介業者のカラクリ

スポンサードリンク

大手仲介業者が「片手」物件を紹介してくれない理由とは?

 

不動産の営業マンは基本的には「両手」物件を紹介したいのです。

 

特に大手の不動産仲介業者の営業マンはその傾向が顕著なのです。数字に追われている、いや、数字ばかりに追われている営業マンばかりです。ですから「両手」物件ばかりを勧めてきます。「片手」物件に比べ、報酬が倍もある「両手」物件ばかり勧めてきます。特に大手仲介不動産会社の営業マンはほぼ「片手」物件を紹介してくれません。「片手」物件を一切紹介しない営業マンさえも存在します。その上、仲介手数料を一切値引き・減額しません。

 

 

不動産仲介手数料のカラクリ 「両手」物件はおいしい!!

不動産仲介会社の主な収入源である仲介手数料は、不動産を売買した場合に、買主・売主のそれぞれが依頼した仲介業者に支払うことになります。一般的には買主が依頼した仲介業者と、売主が依頼した仲介業者は異なることが多いのです。ですから不動産物件が売買契約された場合には、仲介業者は当然ながら買主もしくは売主の一方からしか、手数料を受け取ることができないのです。手数料を片方からだけ受け取ることから、不動産業界では「片手」または「分かれ」と呼ばれています。

 

しかし買主が依頼した仲介業者と、売主が依頼した仲介業者が同じケースもあるのです。このように一つの仲介業者が買主と売主の両方のお世話をする場合もあるのです。このケースでは、仲介業者はなんと買主・売主の両方から手数料を受け取ることが出来るのです。このようなケースは「両手」と呼ばれ、仲介業者にとってはまさに「1粒で2度おいしい」最高の取引なのです。

 

「両手」物件は売主からの売却依頼を多く抱える大手仲介不動産業者に多いのですが、このような仲介手数料のカラクリは、一般の人にはあまり知られていないのが実情なのです。また、仲介業者にとっても、明らかにしたくない、伏せておきたいものなのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

大手仲介業者は「両手」物件しか紹介しない!?

 

消費者・ユーザーとって大きな問題となるのが、「両手」物件です。「両手」そのものは違法ことではないのですが、「両手」により不利を被ることがあるのです。

 

 

例えば、同じような条件・価格の「両手」物件と「片手」物件があったとします。仲介業者の営業マンにとって本当に売りたい物件は、できるだけ多くの手数料が入る物件なのです。当たり前ですが「片手」物件よりも「両手」物件のほうが仲介手数料が多いわけですから、「片手」物件は一切紹介せずに「両手」物件を強引に勧めてくるのです。お客様に「片手」「両手」の両方の物件を見学させて「片手」物件のほうを気に入ってしまったら営業担当者は困るのです。初めから「片手」物件は全く見せずに「両手」物件だけを見せるのです。

 

 

「両手」物件を強引に勧めるという行為は、大手仲介不動産会社では会社の方針の場合が多いのです。ほとんどがそうと言っても過言ではありません。大手の仲介業者の営業担当者は歩合給の場合が多く、しかも非常に大きな歩合をもらっているケースが大半です。年収が1,000万円を超える営業マンもたくさんいます。効率よく稼ぎたいと考えるのです。同じ労力で営業成績が"倍"になる「両手」物件ばかりを紹介するのです。つまり買主が希望する物件と、仲介業者の営業マンが売りたい物件は、必ずしも一致しないのです。実は得てして「片手」物件のほうが魅力的な物件の多いのです。

 

 

過去に物件探し・不動産検討を経験したことがある方は、このような感想を持ったことがないでしょうか。

 

「こちらの希望条件に合う物件を紹介してくれない」
「インターネットで見つけた物件を紹介してくれない」
「紹介してほいい物件を自分で探して行ったら、すぐに売れたと言われて」

 

これらは、すなわち「片手」物件を隠しているのです。「両手」物件しか紹介しないようにしているのです。その主な原因は不動産手数料のカラクリにあると言って良いでしょう。良くない「両手」物件を売りつけられ、良い「片手」物件を紹介してもらえない・・・そんな消費者にとって公平な条件で物件選びが出来ない現状があるのです。

 

 

 

まとめ  【大手仲介業者は「両手」物件しか見せてくれない】

仲介物件には「両手」物件と「片手」物件がある

 

不動産会社にとっては「両手」物件の方が断然「おいしい」

 

大手仲介業者は「片手」物件は見せずに「両手」物件ばかり紹介する

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

2017.7.23 投稿

 

関連ページ

『仲介手数料半額・無料』の業者は要注意
「不動産仲介手数料無料・半額」には恐ろしいカラクリがあります。
仲介手数料の値引きが出来る物件とは?
不動産仲介手数料の減額、値引きはできるのでしょうか。一般的には「片手」物件では難しいでしょう。しかし「両手」物件ならば値引き、減額はなのうでしょう。