不動産仲介手数料の仕組みや計算方法をご紹介しています。そして一般の方にはわかりにくい不動産仲介手数料のカラクリも解説しています。

仲介手数料の基本記事一覧

一般的に不動産屋さんは仲介手数料を収入源として成り立っています。不動産屋さんの仲介により、不動産の購入・売却をした場合は、買主・売主それぞれが依頼した不動産屋さんに仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料には『両手』『片手』という2つが存在します。しかしこの2つの手数料の違いが、不動産屋さんにとっては大きな違いとなるのです。お客様にとってはどうでも良いことですが、不動産屋さんにとっては大き...

『不動産仲介手数料』は宅地建物取引業法で上限が決まっています。もう一度言います。上限が決まっています。■売買金額が200万円超400万円以下の場合  【売買価格×4%+2万円+消費税】■売買金額が400万円超の場合        【売買価格×3%+6万円+消費税】【スポンサードリンク】例えば、物件価格が3,000万円の場合3,000万円 × 0.03(物件価格の3%) + 6万円 × 1.08(消...

仲介不動産業者が、当たり前のように請求してくる『仲介手数料』 当たり前のように請求してくる『仲介手数料』は・・・実は・・・・上限が決まっているなのだけです。『不動産仲介手数料』は上限が決まっているだけ!!これ以上もらってはいけないという上限が決まっているだけなのです。言い換えれば、上限を超えなければいくらでもよいのです。ということは、極論すれば、「0円」「タダ」でもいいのです。もう一度言います。 ...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク