不動産仲介手数料の計算方法

上限が決まっている『不動産仲介手数料』

 

『不動産仲介手数料』は宅地建物取引業法で上限が決まっています。

 

 

dollars-426023_640.jpg

 

 

もう一度言います。

 

上限が決まっています。

 

■売買金額が200万円超400万円以下の場合  

 

【売買価格×4%+2万円+消費税】

 

 

 

■売買金額が400万円超の場合        

 

【売買価格×3%+6万円+消費税】

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

例えば、物件価格が3,000万円の場合

 

3,000万円 × 0.03(物件価格の3%) + 6万円 × 1.08(消費税) =

 

1,036,800円となります。

 

 

 

これは速算式ですので、本来はもう少し複雑な計算になります。

 

もちろん本来の計算でも速算式でも同じ答えになります。

 

3,000万円の物件の仲介が決まれば、約100万円が不動産業者に入るのです。

 

これが「両手」取引ならば、約200万円となります。

 

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
http://www.aomori-takken.or.jp/chishiki/tesuuryou.html

 

 

 

まとめ

通常請求してくる「不動産仲介手数料」は上限いっぱい!!

 

3000万円くらいの物件で不動産仲介手数料は約100万円

 

即算式を使えば、一般の方でも計算が可能

 

 

ここでも、しつこく言います。

 

不動産業者が請求してく仲介手数料は、宅建業法上の上限金額です。

 

あくまでも上限です。

 

 

仲介業者とお客様で話し合い、納得して決めるのが本来あるべき姿です。

 

 

【スポンサードリンク】

 

2017.7.22 投稿

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

仲介手数料の仕組み
不動産仲介手数料の仕組みを解説しています。
当たり前のように満額請求してくる不動産業者
不動産仲介手数料を当たり前のように満額請求してくる業者がほとんどです。値引き、減額交渉が可能です。