仲介手数料は安くなる!!

スポンサードリンク

『不動産仲介手数料』の具体的な値引き交渉

『不動産仲介手数料』を安くさせる方法!! 具体的にお教えします。

 

こうすれば『仲介手数料』は安くなる!!

 

hands-437968_640.jpg

 

 

当たり前のように満額請求してくる『仲介手数料』で説明しましたように

 

一般的な不動産屋が請求してくる仲介手数料は

 

あくまでも宅建業法で決められた最上限金額です。

 

あくまでも民法で定めたれた

 

「これ以上はもらってはダメですよ」という上限金額なのです。

 

また、『仲介手数料』の仕組みで説明したように

 

「両手」と「片手」という2種類の取引方法があります。。

 

ですから、あなた以外の人からも報酬をもらっているケースがあります。

 

そして「すごく安くなる物件」と「少し安くなる物件」でご説明したように

 

不動産業界は昔ながらの古い体質です。

 

「両手」「片手」などの隠語を使い、長い間このカラクリを一般の方に

 

知られないように隠し続けてきました。

 

ですから不動産業界も仲介手数料は貰い過ぎという自覚はあるのです。

 

ですから、隠語などを使っているのです。

 

不動産屋で見せてもらえる物件情報を見ても、

 

「両手」や「片手」の記載は全くありません。

 

不動産屋のスタッフからその旨の説明も全くありません。

 

お客様に知られたくない都合の良くないことなのです。

 

ですから、自信を持って不動産仲介手数料の減額交渉をしましょう!!

 

消費者の当たり前の権利であり、ごく当然のことなのです。

 

 

 

 

「両手」は半額に、「片手」は3割引に減額交渉しましょう!!

 

 仲介手数料は「両手」物件なら半額程度に!
 
 
「片手」物件なら3割程度は値引きしてもらいましょう。

 

 

では、具体的にどうやって仲介手数料の減額交渉すれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

答えは、

 

 

 

 

 

簡単です。

 

 

 

 

 

 

「仲介手数料を安くしてください。」と、言えば良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

それだけです。

 

 

安くして欲しいと伝えるだけで良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には、「なんだよそれ!!」

 

と憤慨される方がいらっしゃるかもしれませんが、これだけで良いのです。

 

不動産業者は宅建業法で決められた最上限額目一杯で請求することが

 

当たり前と考えているのです。

 

仲介手数料を値引きしようなんて全くもって考えていません。

 

しかし、ここで怯んではいけません。

 

こちらの仲介手数料を安くしてほしいという要望を

 

不動産業者に分かれせることが一番大切なのです。

 

 

 

 

まとめ 【不動産仲介手数料の減額・値引き交渉】

はっきりと不動産屋に「仲介手数料を安くして欲しい」と伝えましょう。

 

不動産業者は当たり前のように満額請求をしてくる。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

しかし、「仲介手数料を安くして欲しい」と不動産業者に伝えても、

 

言いくるめられたり、うまくはぐらかされそうです。

 

 

 

2017.7.22 投稿

 

 

【スポンサードリンク】

 

関連ページ

こうすれば、絶対に『仲介手数料』は安くなる!【必見】
必ず『不動産仲介手数料』が安くなる、値引き交渉の最終手段をご紹介しています。