家づくりの基礎知識

家づくりの基礎知識記事一覧

今の「立地」「日当たり」よりも重要なことが!!【土地の選び方】

家を建てるための土地探しは、施主が独自で不動産仲介会社から土地情報を得て、現地を見ながら決めるのが一般的です。その時に提供される情報は「住所、最寄り駅から歩○分、あるいは○バス停から歩○分といった交通の情報、敷地の面積・形・道路との接し方、用途地域、建ぺい率・容積率、水道・ガスの種別、私道負担の有無...

≫続きを読む

【隣地境界トラブル】50cmではなく30cmでも良いのだ!?

世間で言われている【50cm】には、根拠があるのでしょうか?住宅を新たに建てるときに問題となるのが、隣地境界線です。一般的には【50cm】以上離せば良いと言われていますが、本当なのでしょうか? そこには「法律」「慣習」「解釈」が複雑に絡み合っています。隣の家との境界の問題は、私道の問題と同じように住...

≫続きを読む

高機能な水まわりの設備機器は必要ですか?【ユニットバスなど】

最新式の高機能な設備機器はとても高額です。本当にそのような高機能は必要なのでしょうか? 最近のユニットバスやトイレ、キッチンには様々な機能が付いていて非常に便利ですが、そのおかげでとても高価な価格になっています。それらの機能は非常に便利ですが、その分壊れる可能性も高くなっているのです。メンテナンスや...

≫続きを読む

建売分譲団地の最後の1棟は大チャンス! 【値引き交渉】

不人気な場所や条件でありながら、価格設定が間違っている物件は値引き交渉がしやすいのです。そのため、そこだけが売れ残りやすく、他が完売していても最後まで残っているようであれば、値引き交渉のチャンスがあるのです。例えばコの字型の小規模分譲は、内向きの南向きの物件の人気は非常に低いのです。私はこの「内向き...

≫続きを読む

物件のマイナス要素を把握して値引き交渉する!!

不動産物件におけるマイナス要素は一般的なものです。購入者本人が気にならなければ、マイナスでも何でもないのです。一般的にはマイナスと考えられる条件でも、それが全く問題にならなければ、値引き交渉のプラス要素となるのです。物件のマイナス要素にはもさまざまなものがあります。例えば、学校が近くにあることなどが...

≫続きを読む

不動産が高いなと思ったら、近隣相場・取引事例を調べろ!

●不動産は過去や近隣の物件価格と比較し、相場価格を見極めれば安心して購入できるのです。「土地の価格はあって無いようなもので、売り主の言い値で決められる。」とも言われます。土地というものは、その価格で買うかどうかは、買い手の判断にゆだねられてしまうのなのです。ですから、買い手はその物件が近隣の相場より...

≫続きを読む

「水道の引き込み」の確認は重要【土地購入・プロの常識】

土地に水道(下水道)を引き込むにも大きな費用が必要です。家を建てるための土地探しにおいてはこの水道の引き込みは非常に重要です。大きな道路に面しているからといって、必ずしも水道管が引き込まれているわけではありません。また、以前に住宅が建っていても、水道管は既に引き込まれていても、新たに水道管を引き込む...

≫続きを読む

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク