注文住宅の祭事「地鎮祭」「上棟式」「竣工祭」

上棟式の祭事

注文住宅を建てるのは誰にとっても一大事業です。そのため、昔から完成までの無事を祈り、関係者への安全と感謝の気持ちを込めて、「地鎮祭」や「上棟式」「竣工式」と、節目ごとに儀式が行われてきました。地鎮祭、上棟式は施工主の吉方となる日を選びますが、今まで住んでいたところに建てる場合は、方位を取らなくてもかまいません。

 

【スポンサードリンク】

 

 

地鎮祭や上棟式などの儀式に加え、職人さんたちとのおつき合いや工事中の近所への挨拶など、家づくりには初めてでまごつくことがたくさんあります。ここでは最近の 傾向や流れ、実情について紹介しますので、参考にしてください。

 

安全祈願のための地鎮祭は地元の神社に依頼する

家づくりがスタートする前に、工事や建 物の安全を祈願して土地を祓い清めるのが 地鎮祭です。最近では簡略化する傾向にあ るとはいえ、実際には多くの方が行ってい るようです。地鎮祭を実施するかどうかは 施主が決めることですが、工事に参加する 職人さんたちの心情や地域での慣習もふまえ、施工者とも相談して決めましょう。住宅にまつわる地鎮祭は、神式で執り行 うことが一般的です。地域の神社に依頼して、神主さんに来ていただきます。整地が終わ ったあとの大安、先勝、友引などの吉日を 選び、施主とその家族、設計者、棟梁と職 人さんなど、工事に携わる方全員が参加し て午前中に30分ほど行います。

 

地鎮祭の具体的な流れについては左にま とめてありますが、これはあくまでも参考 例。地域によっても異なるので、事前に確 認しておきましょう。儀式に使う鍬や鋤、お神酒などは施工者が用意するのが一般的 ですので、施主は神主さんへの謝礼や工事 関係者へのご祝儀を用意します。謝礼につ いては2?5万円、ご祝儀は棟梁やとび頭 にI?1万5千円、ほかの職人さんたちに は5000円が目安。金額や渡し方については 棟梁に確認しておいた方がいいでしょう。

 

 

土地の神に許しを願う「地鎮祭」

古来から日本ではどの土地にも神が宿っていて、人は土地を神から借りて住んでいると考えられてきました。そのため、家を建てるときには、その土地の神に土地の使用の許しを得るために地鎮祭を行います。正式には「とこしずめのまつり」と読み、施工主とその家族がその土地で永続的に幸せに暮らせるように、また、工事が安全に進むように祈る儀式です。

 

儀式の方法は、敷地の中央を掃き清め、四隅に竹を立てて注連縄を張り、中央に砂を盛り、その前に祭壇を設けます。祭壇には洗い米、酒、塩、水、山の幸、海の幸、果物、菓子などを供えます。神主が祝詞をあげ参列者にお祓いをして、施工主が盛り砂に鍬を入れる「鍬入れ」を行います。これには神の守護のもとに地面を掘り起こすという意味があります。儀式後には、施工主や家族と建築関係者で祝宴を行うのが一般的です。

※地鎮祭の費用と流れ

※地鎮祭の日取り

 

 

工事の無事進行を感謝する「上棟式」

木造の構造を持つ注文住宅を建てるとき、まず建物の土台を造り、次に梁や柱を組み、屋根を組み上げます。最後に屋根の上に棟木を上げ、家の骨格が完成します。そのときに行われるのが上棟式です。「棟上式」、建前ともいいます。上棟式は工事が無事に進行していることを土地の神に報告、感謝して、建物が末永く無事であることを祈るものです。本来は神主を招きますが、最近は大工の棟梁が中心となって工事にかかわってきた人たちの手で行われます。

 

式では棟木の上に幣串という魔除けの飾りを貼りつけ、玄関のあたりに祭壇を設けてお神酒や餅などを供え、建物の四方に酒、塩、米をまいて清めます。式後には、施工主が酒肴を用意し関係者をもてなし、ご祝儀を配ります。地方によっては、もちや金銭をまくところもあります。

 

上棟式つてどんなコトするの?

●棟梁の手で魔除けの幣串(麻や木綿をかけたお祓い用の串)を鬼門の方向に向けて立て、棟木の端の支柱にしばりつける

●家の骨組みに板などを渡して祭壇を設置。お神酒や洗米、塩、穀物などをそこにお供えする

●棟梁は祭壇に二拝二拍一拝し、洗米と塩、お神酒を四隅の柱の根元などにまいていく

●残りのお神酒を参加者全員の盃につぎ分け、乾杯する。その後祝宴へと移行する

 

※あくまでも参考例です。地方の風習や神社、 施工会社によっても内容は異なるので、あらかじめ確認しましましょう。

 

職人の労をねぎらう上棟式

上棟式は、土台の上に柱を建て、梁や桁などをのせながら骨組みを組み立てた後、棟木(屋根のいちばん高いところに取りつける横木)を組み上げる時に行います。職人さんたちへのねぎらいと、今後の工事の無事の祈願が目的。同時に、施主にとっては図面でしか見ていなかったわが家の実際の形が見えてくる胸の高鳴る瞬間であり、大工にとっても人きな節目となるひとつの工程です。本来は地鎮祭のように神主さんに依頼して行う儀式でしたが、最近では棟梁がとり行う方が一般的となっているようです。地鎮祭と同じく吉日を選んで行います。

 

現在パネルエ法による施工が増えたことや、儀式の簡略化の流れもあり、上棟式を行う家は4〜5割ぐらいといわれています。実施するかどうかは施主が決めることですが、現場の職人さんたちとコミュニケーションをはかるいい機会でもありますただ工事日程の都合で施工者サイドが実施を希望しない場合もありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

 

上棟式は、棟梁が棟木に魔よけの飾り(幣串)をつけるところからスタートします。地域の風習によっても異なるので、事前に棟梁に相談しておくと安心。祝宴を開く時は、通常お料理やお酒などを施主側で川意します。工事関係者へご祝儀を渡す場合は、棟梁やとび頭には2万円程度、そのほかの職人さんたちには5千円程度を目安に包みます。金額や渡す人数、タイミングについては勝手に判断せず、あらかじめ棟梁に相談しておきましょう。

※祭事は大安が良いの?

 

 

家の完成を感謝する「竣工式」

竣功祭とも書きます。建物が無事完成したことを神に感謝し、家内安全を祈る儀式です。最近は省略されることも多いようです。式では神主が施工主と一緒に各部屋を回ってお祓いをし、祝詞をあげ玉串奉奠を行います。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク