安い土地は買っても大丈夫なのか? 本当にお買い得???

安い土地

安い土地は果たしてお得なのでしょうか?

 

安い土地お買い得なのでしょうか?

 

答えは「NO」と言えるでしょう。

 

必ずしも、実は安い土地がお買い得とは限らないのです。ここが土地選びの難しい点です。前述のように個々の土地の価格は、その土地の形状、地形、道路付け、法規制の状況、隣接地の利用状況、そのほかの諸条件などにより細かく異なり、地価相場はあくまでも1つの目安に過ぎないのです。

 

安い土地には、安いなりの欠点かあるのです。必ずあると言ってよいでしょう。そのような欠点を見極めて、本当に割安な土地、お買い得な土地を見抜くことは、素人にはできないでしょう。第一、本当の意味でお買い得の土地であれば、情報を知る立場にいるプロの不動産業者などが買ってしまっているはずです。安く仕入れができるのですから・・・初めての土地探しをしている方が買うべき無難な土地は、むしろ、欠点の少ない土地でしょう。何か好条件がある土地ではなく、諸条件の平均値が高い土地がよいでしょう。つまり、道路付けがよく、形状や地形の良い土地がよいのです。

 

 

もちろん、用途や法規制などの土地の専門的な要素は、不動産屋さんにしっかり調べてもらい、問題ないことを確認する必要があります。土地探し、土地選びの極意は、「欲しい!!」「買いたい!!」こと思った第一印象を大切名のかもしれません。その意味では、どんなに不動産屋さんから強く勧められても、気に入らないところがある土地、納得できな土地はやめたほうが無難名のです。逆に、ちょっと相場より高めでも、気に入った土地を買うことが、後悔しない土地選びの秘訣です。土地の購入は大きなお金が必要です。後から公開しても始まらないのです。

 

では、相場に比べて相対的に安い土地を買うことが目的ではないのだとしたら、地価の相場を把握することの意味はどこにあるのでしょうか。それは、1つには、用意できる予算内でその地域に必要な面積の土地を確保することが、可能なのか、どうかの見極めです。100uの土地を買うのに2,500万円の予算しかないのに、地価の相場がIu当たり50万円では現実的ではないのです。また、もう1つには、気にいった土地の購入を最終的に決めるときに、地価の相場と比較して、白分が納得できるかどうかです。相場と比較して、この価格ならと思える土地であれば、予算が許す範囲で購入すべきといえるでしょう。安い土地に飛びつくのは危険だということです。

 

 

土地探し、土地選びの手順を間違えるな!!

注文住宅のための土地探し、土地選びの正しい手順について整理しておきましょう。まずは、予算的の問題が一番です。土地の購入に掛けられる予算の把握です。土地購入の予算は、購入に要する仲介手数料も含めて検討する必要があります。当然ですが、住宅の建設資金を含めた総額を、自己資金と返済可能な住宅ローンの範囲内で考える必要があります。

 

次に、希望する住宅を建てるために、どの程度の広さの敷地が必要かを考えないといけません。この判断は少し難しく、地域ごとの法規制や接する道路の幅員、土地の形状などによって変化するので、できれば、建築や不動産の専門家に相談しながら判断する必要があります。

 

そして次は、どの地域に家を建てたいのか、土地探しの地域やエリアを絞り込むことです。誰にでも、好みの地域やエリアがあるはずです。まったく見ず知らずの、縁もゆかりもない地域では土地を買うことはないでしょう。前述しましたが、この土地選びのエリアを絞り込む際に、周辺地域の地価の相場を把捉することが非常に重要です。地価の相場から見て、必要な面積の土地が予算内で購入可能な地域であれば、具体的な土地探しをスタートすることになります。

 

最後に、不動産会社を通して、具体的な土地探しを行って行きます。このとき、予算や探したい土地の条件、エリア的な条件などをできるだけ具体的にまとめて伝えることが重要です。これらが不明確であれば、良い土地にめぐり合うチャンスは低くなると理解しておきましょう。さらに、土地探しの場合には、有益な情報が早めに入ることが大切なので、不動産会社とは仲良くしておいたほうがよいでしょう。1社に限定せずに、2、3社を竸わせることが良いという戯けがいますが、そんなことをしたら、不動産屋は親身にはなってくれません。幅広い情報を得ることができます。その意味でも土地探しをお願いする不動産屋選びは、土地選び以上に大切かもしれません。 

 

このような流れで、たくさんの土地を見た結果、気にいった土地があった場合は、再度、予算内で取得可能かどうか、予定している建物が建つ広さがあるかどうか、様々な法規制などは大丈夫かどうかなどの必要な検討を行った上で、最終結論を出しましょう。焦って購入することは禁物です。煽ったり、焚きつける不動産屋も多く実在します。そのような不動産業者を見極める目も必要でしょう。

 

 

 

土地探し鉄則はエリア決めから

土地探しをするにあたってまず考えておきたいのが、エリアの絞り込みです。大きく考えると、都心か郊外かということになるでしょう。ただし、郊外といっても海の見えるところ、山が多いところと好みはさまざまです。文教地区、高級住宅街、古い街並が残るところなど、好みの街の雰囲気もエリアを決める要素のひとつです。また、通勤時間、実家からの距離などを優先する人もいるでしょう。どんなところにこだわるかで、居住エリアがおおよそ決まってくるはずです。エリアが決まったらピンポイントの土地探しとなります。いくつか候補地が出ると思いますが、決断する前には十分な現地調査が必須です。周辺の都市計画道路予定地、用途地域なども確認しておきましょう。

 

失敗したくないという思いが強いと、勉 強熱心になり「よい環境、よい土地とは」という条件がたくさんわかってきます。しかし、条件だけを羅列していると、「もっと よいものがあるはず」と考えてしまい、いつまでも納得のいく土地に出会えません。最終的には、あせりも出てきた頃に、業者 にすすめられた土地をなんとなく購入し失敗、ということになります。それを避ける ために、条件はただ羅列するのではなく、優先順位をつけることが大切です。

 

 

土地選びのポイント!!

1.完全な理想通りの土地はないと心得る!

 

予算も含め。すべての条件がクリアできる土地はそうそうありません。優先順位の高い条 件に合う土地があるのなら、低いものは妥協するくらいの心構えで土地探しに望みましょう。優先順位をつけることで、優先度の高い条件の土地を見逃さずにすみます。

 

2.条件がよくでも無理な予算組みはNG!

 

マイホーム取得は、資金管理をしっかりしておかないと、思いがけないところで予想外の お金が出てしまうことがあります。土地にお金をかけすぎてしまうと、肝心の家が予算不足で思うように仕上がらなかったなどということも。絶対に無理は禁物です。

 

3.デメリットと感じる部分も、考え方次第

 

たとえば、北側が道路に面した土地はリビングや庭の位置を道路と反対側にすることが多 くなります。日当たりが悪く嫌だと思うか、道路から離れている分プライバシーが確保しやすいと考えるか、人それぞれでしょう。一般的なデメリットがあなたのメリ ットになることもあるのです。

 

 

住宅用の土地には 種類がある

一般的な住宅地には、開発分譲地と一般住宅地があります。開発分譲地は、新たに造成された住宅地で、多くはゆったりとした郊外の土地を利用しています。区画整備も碁盤の目のようにきれいに整っていて、大規模なものになると、ショッピングセンター、病院、公園などが敷地内に設置されます。一般住宅地は、既存の住宅地の中にある土地で、古くからある町並みが特徴です。神社やお寺などが点在し、歴史を感じる土地柄なども選べます。

 

 

都市計画道路予定地とは

自動車が通る通常の道路の予定地のことです。予定地となっている土地は住宅建設にも規制がありますが、計画から事業決定まで数十年を要することもあり、最近は世論や財政難から凍結されることも多くなっています。実際には、予定地に建売り住宅などが建設され販売されることも、少なくありません。周辺相場よりも格安なため人気もあるようです。ただし、事業が予定通り決定すると、立ち退き交渉後、引越ししなければなりません。気に入った土地が予定地になっていたら、事業の進捗状況を確認しましょう。

 

 

家相・地相が気になるとき

普段占いや迷信などを信じない人でも、一生モノの住宅を買うとなると家相や地相が気になることもあるでしょう。家相は中国から奈良時代に伝わった占いです。その後、日本の気候や建築の要素がプラスされて日本独自の家相が生まれました。ですから単なる占いにとどまらず、家を住みやすくするための知恵も加味されています。たとえば、「西日がさす西南は食べ物が腐るから台所はつくるな」といったことです。とはいえ、冷蔵庫の普及した現代では、実際はそれほど気になることではないでしょう。地相も同様で、生活する中から生まれたものです。「南から陽光が当たる土地は良相」「三角形の土地はさけるべし」という内容は、家を建てそこに住むことを考えれば当然のことです。

 

「家相を気にするあまり、トイレを庭につくった」という話もあります。生活しづらくなったら本末転倒です。参考程度にするのが無難です。それでも気になる人は不動産の営業マンや設計士に相談してみるのもいいでしょう。ただし、そういった悩みにつけ込んだ、法外な霊感商法などにだまされないように気をつけてください。

 

不動産屋が教える「土地選び」

住宅の周辺環境を知るのに、時間を惜しんではいけ ません。気に入った物件ならば、通勤時間帯の朝、夜、 そして休日の昼間の最低3回は確認するのがベター。 競輪、競馬場などが近くにある場合は、レース開催日に街の雰囲気がガラリと変わることがあります。

 

現地へは、公共の交通機関を利用するのがおすすめ です。最寄りの駅やバス停から歩き、交通量、人通り、 街灯の設置状況、嫌悪施設の有無などを確認します。現地に着いたら、周辺100m四方ぐらいは歩いてみま しょう。築何年くらいの建物が多いか、一戸建てとア パート・マンションの割合、すれ違う人の会話などか ら住む人の様子が伝わってきます。休日の昼間など比較的落ち着いた時間帯に行ったときは、近所の大に街 の住み心地を聞いてみるのもいいでしょう。率直に「こ の周辺の住宅を検討しています」と言えば、あんがい 教えてくれるものです

 このエントリーをはてなブックマークに追加