高機能な設備機器は必要?

「ユニットバス」「トイレ」の高機能を考え直す【家づくり】

 最新式の高機能設備機器はとても高額です本当にそのような高機能は必要なのでしょうか? 最近のユニットバスやトイレ、キッチンには様々な機能が付いていて非常に便利ですが、そのおかげでとても高価な価格になっています。それらの機能は非常に便利ですが、その分壊れる可能性も高くなっているのです。メンテナンスや交換のことも考慮して考える必要があります。

 

高機能な設備機器の問題

 

キッチンやお風呂、洗面台、トイレなどの水まわり設備機器は、家づくりの費用の中でもとても高額となる部分です。こだわりを追求していくと、それこと一番費用がかさむ部分ともなります。特にキッチン設備は単体で見ると非常に高価です。またトイレは2ヵ所に設けることがほとんどなので、費用がかさみます。最近ではお風呂に関しても様々な機能が付いているので、昔と比べると非常に高価になっています。すなわち、水まわりの設備機器はどれをとっても高価だということです。もちろんこだわらなければ、最低限の仕様であれば、安価に収めることも十分に可能ですが、それでは見た目や機能面で非常に残念なことになってしまいます。

 

そして気を付けたいのは、こうした水まわりの設備機器は、トラブル等で水漏れがあった場合、住宅の寿命に直結してしまうということです。その意味ではイニシャルコストも重要ですが、住んだ後のメンテナス費用も十分に頭に入れておくべきです。特に排水関係の点検やメンテナンスは欠かせません。排水が漏水すれば汚水なので、その漏水範囲の壁や床などの取替が必須となります。匂いの処理や衛生処理で非常に高価な費用が必要な場合もあります。水まわりはそうした重要な部分であることを念頭に置いて、設備の計画や設計案を慎重に検討しましょう。

 

 

最新のユニットバス

お風呂については、浴槽と洗い場、窓、水栓、シャワー設備などが箱型のユニットとしてすでにつくられている【ユニットバス】が主流となっています。いわゆる釜を据えて、周りをブロックとコンクリートで構成し、タイルを貼って仕上げる【在来工法】のお風呂は非常に少なくなっています。「自分好みの気に入ったタイルで床や壁を仕上げたい」「総ヒノキづくりの浴室にしたい」「温泉地にあるような上等の浴室にしたい」といった希望がある場合は、後者の【在来方法】のお風呂となります。しかし在来工法のお風呂は、ユニットバスに比べると非常に高価で、しかも工期も数倍長くなってしまいます。しかも上記の水漏れや漏水の可能性もユニットバスに比べると高くなるのです。しかもそうなった場合の修繕費も大きくなるのです。さらには将来的な取替もできません。ユニットバスなら、最短で1日もあればきれいに取替が可能ですが、在来工法のお風呂の場合は最低でも数日必要になります。「在来工法」のお風呂は、お金に余裕のある方向きでしょう。

 

 

 

国産品の「安心感」 輸入品の「デザイン性」【設備機器の選択】

水まわり設備は故障に対する注意が必要です。上記もしましたが、故障が水漏れ・漏水に繋がり、おおきな費用の出費へとなってしまうのです。ですから時期を見ての機器交換が大前提なのです。日頃のメンテナンスも重要ですが、10年、15年で取替の考え方も重要です。

 

その意味では品質が高く、故障の心配が少なく、故障時の部品の調達や交換も容易な国産メーカーの設備機器は、安心して採用できると言えるでしょう。輸入品はデザイン的は凝っており、また希少性や珍しさもあるので人気ですが、品質のばらつき、故障の心配、故障時の部品調達や修理体制の問題などでおおきな不安が残ることは確かです。輸入品の設備機を採用するならば、それこそ5年くらいのスパンでメンテナンス・取替を考えておいたほうが無難でしょう。

 

 

 

高機能は設備機器は本当に必要か?【壊れる・取り替え・高額】

最新式のユニットバスやトイレ・洗面設備は、非常に多機能になっています。一昔前とは比べもにならない高機能です。しかしそれが商品価格を高額にしているという面があります。本当にそこまでの高機能が必要なのかを考える必要があるかもしれません。機能や付加機能の少ないシンプルな設備機器を採用すば、余計な出費が抑えられ、家づくりのコストダウンへとつながります。

 

たとえば人が入ると便座のフタが開いて、使用後に水を流し、フタを閉めるところまでを全て自動で行ってくれる最新式のトイレがありますが、本当にその機能は必要なのでしょうか?浴槽内を全自動的に洗うユニットバスもあります。ミストサウナや泡風呂がついたユニットバスもあります。本当にそれらの機能は必要なのでしょうか? 実はそういった機能は故障の大きな原因ともなるのです。

 

 

設備機器は取り替えやメンテも考慮して!!

高機能トイレ

今や「精密な電気製品」となっている温水洗浄便座は10年が「設計寿命」とされています。10年を過ぎると壊れても、文句が言えないのです。10年を過ぎた場合は、買い替えることが推奨されています。

 

実は多くの方が認識していないのですが、トイレに限らず住宅で使用する電化製品のほとんどは、10年から15年で取り替えが必要になるものばかりです。住宅の寿命が30年、あるいは優にそれ以上であることに比べれば、これらの機器の寿命は非常に短いとも言えます。太陽光発電システムにしても、屋根の上の太陽電池モジュールパネルは20年以上、大きな性能の低下もなく使えますが、直流を交流に替えるコンバーターであるパワーコンディショナーの寿命はどのメーカーでも10年となっています。また「エネファーム」や「エコキュート」も、発電機ユニットの設計上の寿命は10年となっています。

 

高機能なものを高額で揃えるのも良いでしょうが、「シンプルな機能のものを大切に使い、一定の時期が来たら無理に使い続けずに買い替える」という考え方もお勧めしています。設備面のコストダウンだけでなく、住まいの寿命を延ばす基本的なスタンスかもしれません。再考されてはいかがでしょうか?

 

 

2018.6.22 投稿

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

今の「立地」「日当たり」よりも重要なことが!!【土地の選び方】
土地選びの基礎知識を辛口にご紹介しています。
【隣地境界トラブル】50cmではなく30cmでも良いのだ!?
隣地境界線について解説しています。【50cm】には根拠があるのでしょうか?
建売分譲団地の最後の1棟は大チャンス! 【値引き交渉】
建売住宅の値引き交渉に関して解説しています。建売住宅は売れ残りが狙い目です。
物件のマイナス要素を把握して値引き交渉する!!
物件のマイナス要素は、人によっては値引き交渉のプラス要素になるのです。
不動産が高いなと思ったら、近隣相場・取引事例を調べろ!
不動産の価格が高いな?おかしいな?と思ったら近隣相場と過去の取引事例と比較してください。
「水道の引き込み」の確認は重要【土地購入・プロの常識】
土地の購入、住宅の購入の際には「水道の引き込み」の確認が重要です。