家づくりの土地購入 水道管の引き込みは確認すべき!!

水道引き込み工事は重要 

土地に水道(下水道)を引き込むにも大きな費用が必要です。家を建てるための土地探しにおいてはこの水道の引き込みは非常に重要です。大きな道路に面しているからといって、必ずしも水道管が引き込まれているわけではありません。また、以前に住宅が建っていても、水道管は既に引き込まれていても、新たに水道管を引き込むことになることもよくあるのです。

 

 

●水道管が引き込みは大きな費用がかかる!!

 

●既に引き込まれていても、新設する必要もある!!

 

●そんな土地は安い! だまされるな!!

 

 

たとえば、私道の突き当たりの土地で、水道管が引き込まれていない場合、公道のアスファルトの下に埋められている水道本管から、その土地まで水道を引っ張ってこなければなりません。道路を掘削し、新たに水道管を据え、また埋めてもとのようにアスファルト舗装する必要があります。これはその土地の所有者が自費で負担する工事です。その距離にもよりますが、一度道路を掘り返すだけに非常に高額の工事で、時には数百万円にもなります。ですから土地の購入、あるいは戸建て住宅の購入に関しては、慎重に水道の引き込み」の状況を確認する事が重要です。

 

 

 

水道が引き込まれていても・・・ダメなことがある!!

水道管が引かれているといって安心はできません。水の出があまり良くないといった事情があれば、既存の水道管は使わず新しく引かなければならないこともよくあるのです。あなたの家が作られることによって、隣近所の方の水の出が悪くなることもあるのです。そうなると、新たに水道管を引き込まないといけないのです。土地売買の「重要事項説明書」には、埋設されている水道管の太さは書いてありますが、事前に個人的に確認することもできます。最寄りの水道局に行けば、詳しい水道管の状況を教えてくれます。

 

 下水道管は新たに引き込んでも大きな問題にはなりませんが、上水道管(水道管)の場合は近隣との関係が出てくるので、土地購入前にしっかり調べることが必要です。後々トラブルになる例もたくさん見てきているので、個人的にもよくよく調べるべきだと助言しています。

 

 

 

土地の購入はどこに相談すればよいのか?

土地購入の相談

 

家づくり依頼する先が決まっていれば、もしくは相談中でも、その工務店やウスメーカーに依頼することがベストです。このサイトでも何度か書いていますが、土地の購入は不動産業者、家はハウスメーカーか工務店で・・・という方は特に注意が必要です。土地を斡旋する不動産業者はあくまでも、土地を購入してもらうこと自体が目的なので、土地に関してもネガティブの情報は積極的には話してくれません。

 

 またその後の建築に関する詳しい建築上の制限や法律上の規制は詳しく理解していません。もちろん重要事項説明には土地に関する不都合な情報がはっきりと明記されていますが、「大きな声」では伝えてくれないということです。そこの部分で認識の違いが出て、後々苦労するのは土地を購入したあなたなのですから。土地の購入に関しては、建築側のハウスメーカーや工務店の人に相談するのが安全です。

 

 しかし、そうなると今度はハウスメーカーや工務店が「売りたい」と思う土地を斡旋されることになります。あるいは「建築条件付き土地」など・・・とにかく業者任せ、不動産屋任せ、ハウスメーカー任せ工務店任せにせず、あなた自身もある程度の知識を付けることが大切です。

 

 

2018.6.19 投稿

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク