キッチンの間取りプランニング

キッチンプランニング

 

3つのキッチンスタイルは生活様式によって選ぶ!!

キッチンとダイニングのつながり方は間取りづくりの重要なポイントです。「料理が作 りづらい」「食事の時キッチンが見えて雰囲気が悪い」といった小さな不満がつのると、しだいに家族関係まで悪化してしまうかもしれません。それぞれの家族にふさわしい、十人十色のオリジナルプランニングが望まれます。キッチンのプランニングをする時は「キッチンをど の程度ダイニング側にも見えるようにするか」といった。露出の程度や、「何人くらいで作業をするか」といったキッチンの広さの問題、調理する人が立った時の視線の方向、配膳の仕方まで、現在の希望と状況をじっくりと確認しましょう。ここでは、代表的な3つのキッチンのスタイルについてご紹介します。それぞれのメリットやデメリットを把握して、自分の家族のライフスタイルに照らし合わせてみてください。

 

 

 

【クローズド キッチン】

●特徴

ダイニングからキッチンが独立したタイプです。片づいていないキッチンを見せたくない人、落ち着いて料理をしたい人には最適。料理のにおいや煙がLDに流れないメリットもあります。

●注意点

キッチンに立つとコミュニケーションが取りづらくなり、配膳や片づけの動線が長くなりがちなので、プランの際には注意が必要です。閉塞感を感じてしまうこともあるので、窓の配置に注意かもしれません。それぞれの家族にふさわ しい、十人十色のオリジナルプランが望ま れます。 プランニングをする時は「キッチンをどの程度ダイニング側にも見えるようにするか」が重要です。

 

 

【セミオープン キッチン】

●特徴

カウンターなどを挟んで、調理する人がダイニングの方向を見ながら作業ができるタイプです。家族とのコミュニケーションが取りやすいレイアウトの仕方です。カウンター越しの配膳にすればスムーズになります。

●注意点

カウンターや間仕切りを挟むため、まわり込む家事動線が少し面倒になる。2方向に出入口をつくるなど、プランの際にはより動線をスムーズにするよう工夫しましょう。

 

 

【オープン キッチン】

●特徴

キッチンとダイニングが一体化し、ふりむきざまに配膳できるスタイルです。調理する人と家族が同じ場所で過ごすのでコミュニケーションが取りやすい。広くて動きやすいので熟年世代向きと言えるでしょう。

●注意点

キッチンが丸見えのため.いつもきれいに保っておかなければ、不意の来客に慌てることもあります。料理のにおいや煙もLDに流れやすいので、開口部や換気扇の配置に注意しましょう。

※鉄骨住宅の外壁材比較

※家づくりの基礎知識

 

 

プラスアルファのスペースを 上手に活用する

ウッドデッキ
 

ウッドデッキをリビングとつなげれ ば、プラスアルファのスペースとして利用できます。ホームパーティなどに利用すること などを想定し、照明設備だけでなく水道も設置することが良いでしょう。さらに、日除けのため庇がわりのオー ニングをつけたり、通りに面している場 合は外部からの視線を遮るための生け垣を造つたりと、ちよつとした工夫をすることで、より快適になります。

 

ファミリースペース
 

敷地に余裕があれば、ぜひ取り入れたいのが家族専用のスペースです。リビングにはパブリックな側面もあり、頻繁に来客がある家などでは、家族が落ち着いて過ごすファミリースペースを持つこと で、外部の人が入ることがないので好き なように使え、多少散らかしていても気 にせず済みます。配置は家族の集まりや すい場所が適当。リビングの脇や2階のホールを利用することも検討してみましょう。子供部屋に隣接させればコミュニケーションが取りやすくなります。

 

※ハウスメーカーの家づくりとは?

※しつこく営業されない!資料請求の方法!!

 

 

キッチンのレイアウトの種類をチェック

キッチンのレイアウトパターンは、I型、H型、L型、U型、アイランド型、ペニンシュラ型の大きく分けて6つに分かれます。最もポピュラーなのが、冷蔵庫、シンク、コンロを一列に配したI型です。一方、並列に 配したのがH型です。このふたつはそれほ ど広いスペースを必要としませんが、ほかの4つのレイアウトはある程度の広さがないと使いづらくなります。

 

L型、U型、ペニンシュラ型は6畳以上、アイランド型なら8畳は欲しいところです。また、レイアウトによって使い勝手が違います。選ぶ際にはイメージに惑わされず、自分の使い方と照らし合わせてじっくり検討しましょう。左にレイアウトパターンの特徴をまとめたので、自分の好みのキッチンスタイルを検討してください。

 

 

U型

作業動線が短く、反復回数も少ない最も使いやすいレイアウト。収納スペースも多く取れる

 

I型

冷蔵庫、ジンク、コンロを一列に配置。冷蔵庫からコンロまでの勣線が最も長い。間口は210〜270cmが適当

 

アイランド型

カウンターの一部を島のように独立させたもの。L型やU型と組み合わせて使う。多人数で作業する家に向く

 

H型

ワークトップだけを並列に配置。ふり向くだけで手が届くので、作業効率がよい。並列の間隔90cmほどは欲しい

 

ペニンシュラ型

ダイニング側のカウンターをペニンシュラ(半島)のように突き出させたもの。セミオープン型になるレイアウト

 

L型

作業面が広く取れるうえに動線が短くなる。セミオープン型のキッチン向き。コーナーがデッドスペースになりがち

 

 

子育てには オープンキッチンがお勧め!!

オープンスタイルのキッチンプランでは、作業している間も子供に目が届き、いつでも声をかけることが可能です。また複数で作業を行うのに適しているので、子供にも積極的にお手伝いさせたいものです。この場合、配慮したいのがキッチンの広さです。最低でも4〜5畳は必要となります。子供が両手で鍋などを持って、ひとまわりできるというのが目安です。ジンクは、ふたりで並んで作業できる幅のものを選びます。ただし奥行きは4〜2m、深さは20cmくらいが適当でしょう。奥行きや深さが過ぎると、子供の手が届かず危険です。

 

 

 

3層式シンクで料理時間が グーンとスピードアップ

●深底ジンクの内側に、プレートをセットして使う高機能シンク

 

●作業スペースとしても洗い場としても利用できる

 

●マルチプレートを使えば、野菜洗いと水切りを同時進行できる

 

「こんなシンクがあればいい」を形にした3層式のジンクが登場しています。深底シンクの中で、調理プレート、樹脂性まな板、マルチプレートを上下左右に移動させながら、さまざまな作業を同時に行えます。作業効率がアップすること間違いなしです。

 

キッチンは食べものを扱う場所ですから、常に清潔に保ちたいものです。そこで注目したいのがワークトップや壁パネルなどの素材です。最近は、光触媒で汚れが落ちやすいセうミックや、油汚れを水で落とせる親水性塗装が施されたもの、抗菌仕様など、汚れがつきにくく落としやすいものが登場しているので、上手に取り入れましょう。

 

 

においもシヤツトアウト ゴミ箱収納も注目度大

●キャビネットに収まるワゴンタイプは、自由自在に移動できる

 

●衛生面に配慮するなら、センサーでふたが開閉するタイプを

 

●キャビネットと面材を揃えて、統一感のあるキッチンにキッチンの悩みのひとつがゴミの置き場。

 

最近は分別ゴミの種類が増えたこともあって、置き場所に困る人は多いようです。せっかく素敵なオープンキッチンをつくっても、ゴミ箱が丸見えでは台無しになります。そこでお勧めしたいのが、ゴミ専用の収納です。キヤビネットにビルトインできるタイプなら、においもシャットアウトできます。キャスターがついて出し入れがスムーズなワゴンタイプや、センサーが感知し手を触れずにふたが開閉できるもの、さらにはゴミ箱収納の底にゴミ袋が入れられるかごがついているものなど種類はさまざま。サイズも間口45cmと狭いスペースにも収まるものから揃っています。また、前面にキッチンキャビネットと揃いの面材がつけられるものなら、キッチン全体に統一感が生まれます。ゴミ箱収納を備えれば、より快適なキッチンを実現できます。

 

 

キッチンを思いどおりにつくるプランニング

毎日使うキッチンは、使いやすく快適なスペースにしたいものです。最近は、デザイン、 設備、収納などのバリエーションがぐんと豊富になり、選択の幅が広がっています。 上手に選んで、わが家にぴったりのキッチンに仕上げましょう。

 

 

ライフスタイルで決まるキッチンプランニング

キッチンの使い方を把握し、これに合ったプランを選択みんなで楽しむならオープン型、料理に集中したいなら独立型にキッチンの広さに合ったスタイルを選んで、動きやすくキッチンのスタイルは、T型、H型、U 型、L型、T型、アイランド型などに分か れます。それぞれに使い勝手が違うので、 ライフスタイルにマッチしたものを選ぶこ とが大切です。また、キッチンの広さもポ イント。例えばアイランド型などは、ある 程度の広さがないと使いづらくなります。

 

 

料理好きには 大型シンクが重宝

大型の中華鍋もラクに洗える、幅80p程度のシンクが人気です。汚れ落ちがよく、傷がつきにくい素材のジンクに注目見た目の美しさにこだわるなら、人造大理石やホウロウに料理の下ごしらえをしたり、食器を洗ったりと、キッチンワ−クで重要な役日を果たすシンク。最近は、大型の一層式が中心になっています。主流は幅が80m程度のものです。これなら、大型の中華鍋も楽に洗えます。また素材は、耐久性のあるステンレス製などを選ぶと手入れがラクです。

 

 

使い勝手の決め手はキッチンの高さ&奥行き

実際にキッチンの前に立って、自分に合う高さを確認する 簣複数で作業する場合は、身長の高い人に合わせる 菁水栓の操作のしやすさや、奥まで手が届くかもチェックすることが重要です。キッチンワークを快適に行えるようにす るためには、自分に合ったサイズのキッチンを選ぶことが大切です。ポイントはワー クトップの高さと奥行き。高さの合わないものを使っていると、肩凝りや腰痛の原因になることもあります。目安は 身長÷2+5mとされています が、使い勝手を知るには、ショ ールームなどで実際にキッチン の前に立って確認することをお勧めします。 一方、奥行きが長過ぎる場合 も要注意。水栓の操作がしづら い、カウンターの奥に手が届か ないなど、不都合が生じること も。こちらも、しっかりチェッ クしましょう。

 

 

キッチンの周辺機器は機能と価格で決める

キッチンでの作業効率を大きく左右するの がコンロや換気扇などの周辺機器。機能と価格をしっかりチェックしましょう。

 

機能性や見た目にこだわるならビルトインタイプの引き出し式

 

★毎日使うものだから、ランニングコストや耐久性もチェック

 

★家族の人数や食器の量に合わせて最適な大きさのものを選ぶ

 

家事効率を格段にアップさせる食器洗い乾燥機は、スタイルはさまざまですが、最近の主流は、システムキッチンに組み込むビルトインタイプの引き出し式です。場所を取らない、かがまずに作業できる、ワークトップを無駄にしないといった点が人気の理由です。また、卜部の蓋をあけて出し入れするトップオープン式も、食器の移動が楽にできて便利。選ぶ際はショーールームなどで使い勝手を試してみるとよいでしょう。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加