DKのつながりをより快適にするプランニング

Dキッチンプランニング

 

キッチンとダイニングのつながり方には、オープン、セミオープン、クローズドの3つのスタイルがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。メリットを生かし、さらにデメリットをできるだけ解消して、キッチンとダイニング をより快適につなぐレイアウトの仕方を解説いたします。

 

 

●目隠しのきくハッチタイプ

 

DKを仕切るカウンターハッチを利用したタイプです。両面から使え、開け放した部分の大きさによって、DK のつながりを調節することも可能。場合によっ て目隠しできるブラインドなどがあると便利です。

 

●キッチンとダイニングの一体化

 

コンロやシンクなどの設備機器の並ぶキッチンカウンターを延長し、ダイニングテーブルにす るプランです。食事を作る人と食べる人が一列に並 ぶと、つかず離れずの不思議な一体感が生じる作業の流れと必要なサイズです。

 

●高いカウンターで手元を隠す

 

セミオープンのキッチンはキッチンが丸見えになるというデメリットも認識しておきましょう。カウンターの高さをキッチンキャビネットより高くすれば、手元が見せないので煩雑感が解消されます。

 

●ダイニング家具を間仕切り壁にする

 

オープンタイプのDKでも、ダイニング家具を問に挟んで大きな間仕切り壁にすれば、キッチンに独立感を持たせることができます。将来のライフスタイルの変化に応じた、模様替えも可能です。

 

 

 

キッチンのプランは広さや作業効率をチェック

キッチンのプランを考えるには、まず最初に作業の流れを理解しておく必要があり ます。「準備」「洗浄」「調理」「加熱」「配膳」の順序で進みますそして これに合わせて、冷蔵庫、シンクとコンロ を配置します。作業の効率をよくするため には、この3つを最適な位置に配置することがとても大切です。冷蔵庫、ジンク、コンロの3点の位置を結んでできる三角形は、ワークトライアグルと呼ばれます。キッチンのプランニングでは、この三角形がポイントになります。一辺の長さは2〜3歩、三辺の合計は300〜600mmが使いやすい距離とされているので、これを目安に配置しましょう。

 

DKプランニングのポイント

●キッチンの作業の流れに沿つて、冷蔵庫、ジンク、加熱調理機器をレイアウトする

 

●冷蔵庫、ジンク、加熱調理機器を結ぶ線をワークトライアングルという

 

●ワークトライアングルの1辺は2〜3歩以内に抑えて動線を効率よくする

 

●キッチンレイアウトのパターンは|型、II型、L型、U型、アイランド型、ペニンシュラ型がある


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク