畳一枚の大きさ

スポンサードリンク

畳の大きさに決まりはあるの?【ハウスメーカー】

ハウスメーカーの和室の様子

 

最近の住宅の和室は小さくなった!

 

畳が小さくなった! と言われる方がいますが、本当なのでしょうか?

 

昔の住宅に比べて畳・和室は小さくなっっているのでしょうか?

 

 

 

畳や和室の大きさを表す表現として

 

「京間」や「江戸間」「中京間」「団地間」などという言葉を耳にします。

 

現代の住宅は、ハウスメーカーの住宅はどれに当たるのでしょうか?

 

「京間」や「江戸間」「中京間」「団地間」の違いは何なのでしょうか?

 

 

 

ハウスメーカーの和室は京間? 江戸間? 中京間?

まずは「京間」「江戸間」「中京間」「団地間」の違いです。

◆京間【主に関西地方】   1,909mm × 955mm ≒ 1.82u

 

◆中京間【主に東海地方】  1,818mm × 909mm ≒ 1.65u

 

◆江戸間【主に関東地方】  1,758mm × 879mm ≒ 1.54u

 

◆団地間【公団、公営住宅】 1,697mm × 848mm ≒ 1.44u

 

現在のハウスメーカーの住宅の和室はどれに当たるのでしょうか?

 

 

 

 

畳一枚は1.62u以上!! と決められています。

実はハウスメーカー畳の大きさは、不動産広告を規制する不動産の表示に

 

関する公正競争規約(表示規約)で決まっています。以下のとおりです。

 

住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの

 

    広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上の

 

    広さがあるという意味で用いること。

 

 

不動産の広告の決まりで、畳一枚の広さが1.62u以上であることと決められています。
最低でも1.62uが必要ということなのです。

 

「京間」「江戸間」「中京間」「団地間」のうち、どれにあたるかと言えば、

 

「中京間」一番近いのです。

 

 

畳1枚の大きさは、1.62u