ZEH住宅とは?

ZEH(ゼッチ)住宅の疑問【いくらかかるの】【補助金は】

最近よく耳にするZEH(ゼッチ)住宅ですが、果たしてどのような住宅なのでしょうか?もちろん建てた方はよく理解しているでしょうが、これからZEH(ゼッチ)住宅を建てよう、あるいは検討しようと思っている方は、おぼろげにしか理解できていないでしょう。

 

ここでは少し簡単に、わかりやすくZEH住宅とはどんな住宅なのかご紹介しましょう。

 

 

ZEHのログ ロゴ.

 

まずはZEH(ゼッチ)住宅の定義自体が曖昧なのが現状なので、ここでは補助金がもらえる経済産業省が定めるZEH住宅の審査基準をZEH(ゼッチ)住宅とします。

 

 

 

ZEH(ゼッチ)住宅の基準とは?

ZEH基準とは

 

【外皮性能】
  強化外皮基準であること
 
 
【エネルギー消費性能】
  太陽光発電を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準のマイナス20%
 
 
【創エネ】
  太陽光発電などで正味ゼロエネルギーにすること

 

となっています。が、とてもわかりにくいので、噛み砕いて言うとこういうことになります。↓ ↓ ↓

 

・断熱性能の強化
 
・省エネ機器等の導入
 
・太陽光発電システムの設置

 

 

断熱材の厚みや仕様などを変更して断熱性能を向上させます。窓や開口部などもにも制限があります。また間取りプランにも影響が出て、大空間や広い間取りもハウスメーカーによってはできない場合もあるでしょう。

 

そしてエネルギーを効率的に使える設備機器を導入します。空調機や給湯器、換気システム、照明機器など、そして最後に太陽光発電システムや給湯器などエネルギーを作り出す設備機器を組み込めみ、正味ゼロエネルギーにすればZEH(ゼッチ)住宅となります。

 

さらには蓄電池システムやHEMSなど導入すれば、より効率的なZEH(ゼッチ)住宅が実現できます。

※各ハウスメーカーのZEHをご紹介!!

※土地探しの裏ワザ!!

 

 

 

ZEH(ゼッチ)住宅にするためには、いくらかかるの?

ZEH費用 
一般的な住宅からZEH(ゼッチ)仕様の住宅に変更するには、どのくらいの予算が必要なのでしょうか? これは建築する住宅の内容、あるいはお願いするハウスメーカーによって少し異なります。ですが、平均的には200万円〜300万円くらいと言われています。

 

普通の家よりも200万円〜300万円くらいかけて、エコな家にするということです。

 

※ZEH住宅の見積もりがネットで簡単に!!

 

 

 

ZEH(ゼッチ)住宅は元が取れるのか? 【補助金次第】

元が取れるのか?

ZEH(ゼッチ)住宅の最終目的は「正味ゼロエネルギーにすること」ですが、仮に光熱費がゼロになっても元が取れるのかなと疑問が沸いてきませんか?

 

多分200万円〜300万円分の元を取ることは不可能でしょう。しかし、ご安心ください。ZEH(ゼッチ)住宅には経済産業省からの補助金があります。基準をクリアすれば、ある程度大きな金額の補助金を受給することが可能なのです。ZEH(ゼッチ)住宅に変更するための200万円〜300万円分の費用から、補助金を引けば、十分に元を取ることは可能なのではないでしょうか。では、一体どのくらいの補助金がもらえるのでしょうか?

 

 

 

平成30年度(2018年) ZEH補助金は70万円!!

1戸あたり、地域区分・建物規模によらず全国一律で70万円となっています。5月28日からの第一次受付分の内容はこのように発表されました。昨年の補助金が75万円でしたので、5万円の減額となります。決して満足いくほどの大きな金額ではないのですが、それでも70万円の補助金は大きな助けになるでしょう。しかしこの70万円の補助金の審査の内容次第では、もらえないこともあるので注意しましょう。

 

★住宅選びは資料請求から!!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク