アキュラホームの風水住宅とは?

 

 

アキュラホームで「風水住宅」をお考えの方、

 

朗報です!!

 

「風水住宅」建てることができます!!

 

アキュラホームでは、風水を取り入れた注文住宅を提案してくれるのです。すなわち、ローコストな価格で「風水住宅」を実現できるのです。

 

 

アキュラホームの「風水住宅」

ハイムの風水

 

ハウスメーカーでは「風水住宅」に対応していないと思っていませんか?

 

実はそんなことはありません。

 

全国展開している有名ハウスメーカーでは、「風水」を取り入れた注文住宅が実現できなと思われている方が非常に多いようです。しかしアキュラホームは違うのです。アキュラホームは積極的に本格的な「風水」を取り入れた住宅を提案しているのです。

 

どうせ建てるなら、「開運の風水住宅」のほうがよくないですか?

 

 

こちらのサイトから、アキュラホームが提案する「風水住宅」の間取りが請求できるのです。風水の専門家とアキュラホームの設計士がプランニングした、あなただけの特別な「幸運の風水間取りプラン」が送られてきます。

 

しかも、全て無料・タダです。↓↓↓

 

まずは、こちらから間取り請求をしてみましょう。

 

 

さらにお得な情報!!

他のハウスメーカーの「風水住宅」も見たい!!

★他のハウスメーカーからも風水住宅の間取りが請求できる!!

上で紹介しているサイトは、アキュラホーム以外のハウスメーカーからも「風水住宅」の間取りが請求できるのです。しかも、その間取りに即した具体的な【見積もり】も一緒に送ってくれるのです。

 

もしかするとアキュラホームよりも、素晴らしい「風水住宅」を提案するハウスメーカーがあるかもしれません!!

 

★こちらかどうぞ!! ↓↓↓

 

各社の風水住宅の見積もり比較もできるのです!!

 

「積水ハウス」「ダイワハウス」「セキスイハイム」「三井ホーム」などの超一流トップハウスメーカーが提案する【風水住宅】も確認してみませんか?あるいは、「タマホーム」は興味ないですか?

 

 

風水豆知識

アキュラの風水住宅
風水の豆知識をご紹介しています。

 

リビングの風水

リビングは家族みんなでゆっくり寛げる空間づくりを目指しましょう。家族が集まるリビングルームは、いつもきれいにして運気を上げ、寛げる空間になるよう心がけましょう。活力あふれる「生気」方位や、リラックスできる「伏位」方位にあればいうことなしです。家族の絆を強めたいなら、「延年」方位もおすすめです。できれば凶方位は避けましょう。

 

しかし、家族誰かの吉方位に合わせると、ほかの人の凶方位となることもあります。その場合は、家族の中心大物の本命卦を優先し、ほかの大は部屋の中心から見て自分の吉方位に座るようにしてください。もしくは、受験前の子どもがいるならその子ども、問題を抱えている人は、特に運気をアップしたい人の吉方位を優先します。

 

キッチンとリビングは仕切るのがベスト?

風水では、キッチンとリビングとダイニング(食堂)が、それぞれ独立しているのが良いとされています。しかし、最近ではすべてをつなげて、広く空間を使えるLDKとしている住宅が多く見られます。しかし、LDKの中心から見た吉方位にキッチンがあると、リビングに入ってきた金運や良い気をどんどん燃やしてしまい、運気を下げてしまうのでおすすめできません。それを防ぐためには、キッチンとリビングの境目に、のれんやカーテンをかけて仕切りましよう。本来は天井まであるパーテーションなどで壁をつくると良いのですが、キッチンが使いにくくなってしまう場合、のれんなどで応急処置をします。

 

キッチンを移動できない場合どうする?

住んでいる家のキッチンが吉方位にある場合、移動するのはまず無理でしょう。そこで、電気ポットやオーブントースターなど、簡単に動かせるキッチン家電を凶方位に置いて、もう1つのキッチンとします。効果をより高めるためにも、できれば最大凶方位の「絶命」に置くようにしてください。絶命方位も難しければ、凶作用の強い順(五鬼→六殺→禍害)に、置く位置を考えます。なお、これらは悪い運気を燃やすためのものなので、熱を発する家電でなければなりません。また、この場合も、キッチン家電の正面は、吉方位になるように置くことが重要です。そしてできるだけ多く使って、凶作用をどんどん燃やしましょう。

 

 

 

「洗面所」と「浴室」の風水

お風呂や洗濯でたくさんの水を流す浴室、洗面所などの水まわりは、宅卦の凶方位に配置するのが風水の基本中の基本です。水まわりが散らかっていたり、汚れていると、気が滞りやすくなるだけでなく、健康運や金運も低下してしまうので、掃除を怠らず、整理整頓を心がけましょう。気の流れをよくするためにも浴室や洗面所の鏡は、いつもピカピカに磨いておくことが大切です。

 

浴室は、一日の汚れとともに、体についた悪い気を洗い流す場所でもあります。室内や浴槽はもちろん、排水口や排水溝にも気を配り、石けんかすや髪の毛がたまって詰まったりしないよう、気をつけましょう。湿気のためににおいがこもったり、カビも生えやすく、悪い気がたまりやすい場所なので、換気には特に気をつけます。また、洗面所では洗濯物に注意しましよう。汚れ物は悪い気を放ち、気を滞らせるので、なるべくこまめに洗濯をするようにします。毎日洗濯しない場合は、たまった洗濯物が見えないような工夫が必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加