アキュラホームの住みごこちのいい家が好調

【アキュラホーム】 「住みごこちのいい家」「太陽を活かす家」

アキュラホームの住み心地アキュラホームHPより

中堅メーカー【アキュラホーム】「住みごこちのいい家」が好調

横ばいの戸建住宅市場で、大きく業績を伸ばす中堅メーカーの勝算

(yahooニュースより転載) 

 2015年11月に国土交通省が発表した住宅着工統計によると、戸建住宅については前年同月比で6ヶ月連続の増加となっており、消費税率引上げの駆け込みの反動からは完全に持ち直した様子が見てとれる。しかしながら、今後は更なる増税も控えていることから、依然として予断は許さない状況だ。

 

 住宅メーカー各社の、12月度の戸建住宅の受注速報を見てみると、大和ハウス <1925> がマイナス1% 、住友林業 <1911> もマイナス1%、タマホーム <1419> がマイナス3%となっている。軒並みマイナスではあるものの、12月は住宅市場にとって閑散期でもあるので深刻な落ち込みというほどではないだろう。とくにタマホームに至っては、11月度の受注が113%となっていることから、前倒しの影響とも考えられる。

 

 そんな中、中堅のアキュラホームが受注金額ではあるものの、12 月単月で前年比 129.86%と大幅な伸びを見せているのが面白い。同社では業績好調の要因として、2014 年に一新した同社の基幹商品「住みごこちのいい家」が好評だったこと、また、太陽光発電による売電収入によって、住宅ローンなどの経済的負担を軽減することを全面に打ち出した収納付き住宅「太陽を活かす家」が顧客の支持を得たことを挙げている。

 

住み心地の良い家 

                  アキュラホームHPより

 

 

yahooニュースより転載

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000054-economic-bus_all 

 

 

 

従来の資料請求とは違います!!資金計画やプラン提案もしてくれる!!

『平屋』を建てたいならこちら

 

 

【アキュラホーム】  「住みごごちのいい家」の魅力とは

住みごごちのいい家 
アキュラホームが好調らしい。「住みごこちのいい家」は前シリーズの「OPTIS」から一定のコストダウンを達成するとともに、価格を抑えて仕様をグレードアップしたようです。さらには独自の「35年長期保証プログラム」も整えている。専門スタッフにより、入居後1回目・1年後・2年後・5年後・10年後の無料点検を行い、10年目以降は点検時に発生した補修が必要な事項においてメンテナンス(有償)を受けることで、主要な構造躯体を35年間長期保証する仕組みです。多様な顧客また、多様なニーズに応える商品ラインナップも魅力的です。平屋や三階建て、二世帯住宅などの6種類を用意しています。

 

 

アキュラホームとジャーブネット

ジャーブネットとは 
一般的にはタマホームやアイフルホーム等がローコストハウスメーカーとして有名ですが、実はこちらのアキュラホームの方が元祖とも言える存在なのです。また、アキュラホームはJAHBnet(ジャーブネット)という全国の地域工務店など約400社が参加する住宅ブランドを提供しています。これらは、フランチャイズと同様に機能していると言えます。不思議なことにこのジャーブネット、ホームページを見ても「アキュラホーム」という名前は出てきません。また、アキュラホーム自体、「ロイヤリティは取らない、ノウハウの共有だけ」(つまりFCとは違うよ)という説明をしていますが、実際には加盟工務店からはそれとは少し異なる話を聞いたことがあります。

 

 

ローコスト住宅の問題点

アキュラホームの家は確かにバリュープライスです。コストダウンや創意工夫などの努力の跡を感じさせます。しかしコストダウンの弊害が多少なりとも出ていることも事実でしょう。少し前までは外壁の施工方法などがネット上で問題視されていました。それに伴い防音性や断熱性の問題もあがっていました。施工方法に関しては実際に見たことがありますが、問題ないと言えます。(エンドユーザーから見た場合少し不安を感じるかもしれませんが・・・)しかし、防音、断熱の問題は注意しないといけない項目となるでしょう。実際に住んでいる方からも、同様の意見を聞いたことあがあります。防音に関しては、子供がいるいないとか、家の立地条件などが絡んでくるので、難しいところですが、断熱に関しては「明らかに良い」という声は聞いたことがありません。大手ハウスメーカーで建てた方に聞くと、ほぼ口を揃えて「明らかに断熱性能が良い、以前の家より暖かい」と言います。また、数年前にはコストダウンの弊害の象徴とも言える「準耐火建築物不適合」が発覚しました。これこそコストダウンの弊害が施工現場に手抜きとして現れたものです。国土交通大臣認定等の仕様と異なる仕様で施工され、建築基準法違反として処分を受けました。

 

よいローコスト住宅を建てるには

ローコスト住宅

ローコスト住宅とはコストダウンを突き詰めた住宅です。上手にコストの削減を行えば、まさしく立派で格安の家が立ちますが、少し間違えれば、手抜き工事や、欠陥住宅などの問題に発展しかねません。コストダウンを行えば、少なからずとも、その弊害がどこかに出てくるものなのです。立派な安心できるローコスト住宅を建てたいのならば、それらを見抜ける目が必要でしょう。逆に言えば、その弊害をうまく処理できている住宅は良いローコスト住宅と言って良いでしょう。ローコストの弊害を見抜くには見積書や仕様書などのチェック、現場での施工状態のチェックなど、かなり高度なものが必要でしょう。施工状態のチェックに関しては、ハウスメーカー側がそれを許してくれるかどうかも、大きな問題でしょう。施工中には建築現場にはいらせないハウスメーカーもあります。建前上は「危ない」「怪我などの恐れ」と、していますが、実情は「余計なものは見られたくない」というのが本音でしょう。現場を確認していくには、それなりの知識や不正や手抜きを見抜ける目が必要になってきます。しかし、一般のユーザーがその様な目、知識を持ち合わせている事は希でしょう。となれば、そういった専門家やコンサルティングの助けも必要なのではないでしょうか。もしくは、こんなものと最初から納得してしまうしかないでしょう。

 






 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

【アキュラホーム】 公式HPからの資料請求がダメな理由!!
アキュラホームは、1000万円台から長期優良エコ住宅を建てられる人気のハウスメーカーです。住む人の理想・希望をかなえるスタイルフリーの注文住宅でありながら、手の届きやすい適性価格を実現しているところが最大の特徴です。共同仕入れ・直接発注や直接施工を取り入れることにより、建築にかかるコストを大幅に削減しました。
【アキュラホーム】 大容量太陽光発電搭載のZEH住宅発表
アキュラホームがZEH仕様の住宅『エコスマートハウス ZEH』を発表しました。最大の特徴は大容量太陽光発電を標準採用している点です。
【アキュラホーム】の資料請求の注意点!!【素人がよくやる失敗】
アキュラホームの資料請求の注意点をご紹介しています。