家づくりにあたっての工務店のチェックポイント

工務店の比較と検討

ハウスメーカーを選ぶよりも難しいと言われるのが、工務店選びです。

 

なぜならば、工務店はハウスメーカーのように客観的に信用を計る基準や情報が非常に少なく、各社によって業態や、規模、専門分野、経営意識が異なるため、各社を比べるものさしがないのが実情です。工務店選びを成功させ理想の家を建てるには、金額だけでなく、工務店の信頼性や担当者との相性、実績、技術水準、保証内容などを総合的に判断して選ぶことがとても大切です。

 

 

Check1 建築予定地から近い工務店

工務店で建てる場合、工事中や竣工後のアフターサービスなどを考えると、工務店が建築予定地から近い場所にあることがとても重要なのです。突発的なことがあった場合にも、すばやく対応してもらえる近さが重要です。(車で30分以内が目安) ほとんどの工務店は地域での評判や評価、クチコミを非常に大切にします。したがって、建物の施工はもちろんのこと、完成引渡し後のアフターメンテナンスに至るまで、施主の信用を落とすようなことは絶対に行いません。建設予定地が工務店から近いと現場管理が非常に行い易く、管理費を抑えることが可能なので、建設地と工務店の距離はコストに影響するとても重要な要素でもあります。また、なぜか自社から遠くの地域ばかりで施工をする工務店は要注意です。地元で営業できないなんらかの事情があると考えても差し支えないでしょう。こういう業者は避けるべきでしょう。

 

工務店の「資料請求」超カンタン wwwww !!

 

 

Check2 会社の信頼性

工務店の信頼性 

工務店の信頼性を見極める方法は、地元の評判を確認したり、実際に建てた人に話を聞くことがが思い浮かびます。しかしこれはあくまでも噂や評価に留まります。ここでの信頼性とは過去に問題は起こしていないか、現在係争中の事案はないか、経営状況は安定しているかということなのです。家の建築を依頼するということは、工務店と取引をすると同じことなのです。それも大きな金額の取引です。建築途中に倒産されたりしても困りますし、過去に欠陥工事や手抜き工事等で、問題があったようなら、付き合いは避けたいものです。しかしお客様個人がこのようなことを調べるのは、正式な信用調査でもしない限り無理でしょう。信用調査も大変な負担となりますので現実的ではありません。そこで1つの指標にしたいのが完成保証という制度への加入の有無です。

 

完成保証制度

完成保証は、一定以上の経営水準を満たしている工務店だけが受けられる国の制度です。仮にその工務店が施工中に倒産しても、別の工務店が工事を引き継いで住宅の完成させてくれるという国の制度なのです。経営が不安定な工務店や、倒産リスクの高い工務店は完成保証に加入できないので、工務店の信頼性を計る上である程度の指標となるはずです。これは健康でないと生命保険に入れないという理屈とよく似ています。保証体制についてチェックしましょう。どのような保証を整えているかは、会社の信頼性をはかる上で重要な要素です。その工務店独自の保証制度以外に、第三者機関の保証機構や保証会社に加入しているかどうかも確認しましょう。ここで気を付けないといけないのが、保証機関や保証会社ごとに保証の内容や種類が異なるということです。保証制度に加入しているから安心ではなく、その内容について十分な説明を受けることが大切です。

【住宅保証機構】完成保証制度【公式】

 

 

 

 

Check3 信頼関係が大切

信頼関係が重要

工務店との家づくりの成功の秘訣は、担当者そして工務店自体との相性がとても大切です。担当者やその工務店と相性が合わなければ、残念ながらいい家づくりはできません。相性を確認するには、実際に事務所に訪れ、担当者、社長、そして事務所の雰囲気を確かめるのが一番です。

 

そしてできれば許可を得て建築現場を見せてもらい、現場の管理状態、材料の保管状態を確認するべきです。また仮設トイレや廃棄物の分別といった、近隣への配慮をチェックすることも大切です。最近は昔と違いメールでのやり取りが主流ですが、直接顔を見て実際に言葉を交わさなければ、本質は理解できません。実際に事務所や新築工事の現場を見ることで、工務店の本質も見抜けます。

 

 

Check4 得意なもの・不得意なものを理解する

工務店の特徴と特色

『工務店であれば、なんでも建てることができる』とまで、認識間違いをしている方は少ないでしょうが、『工務店なら、かなり融通がきく』と思っている方は多いようです。もちろん融通はきくでしょうが、それぞれの工務店には、得意なもの・不得意なものがあります。あえて不得意な物を作らせる意味はありません。カタログなどの企業案内がない工務店が大半なので、得意なもの・不得意なものが簡単に判別できない場合が多いようです。実際に施工事例を見せてもらったり、積極的に質問することで、工務店の得意なもの・不得意なものを理解しましょう。得意なもの・不得意なものを見分ける質問としては、工法、価格帯、仕様などに関して最も多く手がけている範囲を聞くことです。もっとも多いこと、多く手がけていることが、すなわちその工務店の得意分野なのです。これまでに手がけた家や施工中の現場を見学することも大切です。すぐに建物のデザインに目がいきがちですが、仕上げの丁寧さや正確さを確認することが重要です。できればその家に実際に住んでいる方に、建築中や引渡し後の対応を聞かせてもらいましょう。

 

 

Check5 プランや見積もり 書類作成は時間がかかるもの

工務店の見積もりとプラン

工務店は、決まった商品・仕様がないことが大半です。プランや見積もり、資金計算についても、ひとりひとりのお客さまに対し、ひとつひとつ手作業で作成・提案するところが大半です。ハウスメーカーと比較したとき、プラン提案や見積もりが遅いのは事実です。要望を伝えてからプラン提案まで、最短でも1、2週間程度かかるものです。この期間を焦らせると、良いプランはできあがってこないことが多いので、焦らずじっくり取り組みましょう。

 

※工務店の「ネット見積もり」はこちらから!!

 

 

良い工務店の見分け方

工務店選び

 

良い工務店とそうでない工務店の違いを見分ける方法について、ここで解説しましょう。

 

社長自らが建築のプロかどうか

 

ここに、新しくできたばかりの工務店があるとします。営業年数の浅い会社に家づくりを任せると、10年後、20年後までその会社が存続しているかどうか非常に心配になるでしょう。老舗には老舗のよさがあります。そこで長年にわたって商売を続けてきた会社であれば、それなりの評価を受けてきているはずです。しかし、それだけであなたの家づくりを任せていいのかといえば、一概にそうとは言えません。

 

たとえ新興の工務店であっても優れた企業はたくさんあります。建築の世界も、日々技術革新があります。建材も新しいものがたくさん出てきていますし、設備に至っては、次々と便利なものができています。これらはすべてお客さんのニーズから生まれているということを考えれば、こうした最新の情報に強いかどうかは、重要な決め手となるのです。社長自身が建築のプロであり、自信があるからこそ会社を始めたといえる会社であればあなたの家づくりの強い味方になるでしょう。逆に、社長が素人で現場を社員任せにしている会社は、注意したほうがいいかもしれません。専門知識のない社長の場合、いとも簡単に安全性やお客さまへのサービスを犠牲にして利益を優先するケースがあり得るからです。家づくりを任せる場合、会社が新しいか古いかということはあまり関係がありません。それよりも、責任者である社長が建築のプロであることのほうがはるかに重要なのです。

 

社員が勤続年数が長いか

 

営業マンや現場監督に「あなたは入社して何年になりますか」と聞いてみましょう。社歴が長ければいいというわけではありませんが、ほとんどの社員が数年しか勤めていない会社ならば注意が必要なのです。今、お客さんの前にいる営業マンや現場監督が何年もしないうちに退職していなくなってしまったら、あなたの家に問題が起こったとき、それを誰に聞けばいいのでしょうか。「会社があるから、社員の誰かに聞けばいい」「きちんと引き継がれているだろうから、社長に直接言えば誰かが担当してくれる」などとあてにするのは間違いです。住宅は、施主さん、監督、職人の情熱の集大成だと言われています。優秀な現場監督ならば、施主さんの家の図面がきちんと頭の中に入っているものです。だからこそ、「あの部分を直して欲しい」というような場合にも、即座に対応できるのです。目に見える部分だけでなく、構造の内部や苦労した点も覚えているために、仕事がスムーズに運びます。これは工務店に限ったことではないのかもしれませんが、社員が長く勤められる会社というのは、このような満足感をお客さんに提供できるのです。長く安心して付き合える。工務店があなたの家の家守としてあなたの家をサポートし続けてくれることは、大きな安心感を与えてくれます。逆に短期間で社員がコロコロと変わってしまう会社は、その仕事ぶりにおいてお客さんに満足感や安心感を提供することができません。場合によっては、無理な売り込みを続けてきたことによって、クレームが多く寄せられ、その会社に勤めていられなくなったのかもしれません。社員に対しても、どこかないがしろにしているような側面があるはずです。いずれにしろ、会社自体に何らかの問題があると考えて間違いないでしょう。そのような会社に、あなたの大切な家づくりを任せてはいけません。

 

工事現場がいつも整理整頓されているか

 

信頼できる工務店かどうかをあなたが判断するためには、実際にその会社が建てた家や工事現場を見るのが一番です。可能であれば、営業マンが案内する家ではなく、通りすがりで見かけたときなどに見学に行くといいでしょう。突然見学に行っても、現場がきれいに整頓されていたり、職人たちが気持ちよく対応してくれるのならば、その会社に家づくりを任せても大丈夫と言えるでしょう。「工事現場なのだから、多少散らかっていたり雑然としていても問題はないのでは」と思われるかもしれません。しかし、現場で整理整頓がなされている会社は、そこにある資材がお客さんからの大切な預かりものであることをよく知っています。だからこそ、1本の木を大事に扱いますし、ごみの分別も徹底していて、ムダやロスを出さないものです。現場の整理整頓に気を遣う会社は、現場の中だけでなく周辺環境に迷惑がかからないようにも配慮できます。そのような姿勢は、施主であるあなたが完成した家に入居した後まで満足感をもたらすでしょう。

 

いい工務店を見分ける主なポイントは以上の3点です。あなたが家づくりをするときには、是非ともこの3点を忘れずにチェックしてください。

 

 

良い工務店の見分け方

社長自らが建築のプロかどうか
社員が勤続年数が長いか
工事現場がいつも整理整頓されているか

 

さらに加えると、住宅の性能や品質、完成後のメンテナンスの重要性を熟知している工務店は、そうした施主さんの気持ちをよく理解しているものです。ですから、すでに入居者されている住宅の見学会などを開催して、積極的に自社の住宅の性能や実績をアピールしています。あなた個人にとっては、その会社が何千棟、何万棟の実績があろうが関係ありません。大切なのは、その工務店がこれまで建ててきた住宅のうち、どのくらいの人が満足しているかということです。クレームはどのくらいあるのか、しかもそのクレームがきちんと解消されているのかということこそが、大切な着目点でしょう。そのことを、堂々と説明できる工務店こそが、「本物」なのです。

 

 

2019.930 加筆

 このエントリーをはてなブックマークに追加