ダイワハウスの「ジーヴォΣ(xevoΣ)」の基礎構造

高い耐震性と構造強度を誇るダイワハウスのジーヴォシリーズですが、それを支える基礎構造も業界屈指の高い強度と信頼性を実現しています。

ジーヴォシグマの特徴

 

立ち上がり幅180oの業界屈指の強度

ダイワハウスの「ジーヴォΣ(xevoΣ)」の基礎は、引っ張り力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートを融合し、しかも立ち上がり幅は業界屈指の180oを確保しています。一般的な木造住宅の基礎の立ち上がり幅は、100oから130oぐらいが標準です。大手のハウスメーカーでも最大150mmです。わずか2〜5cmと思うでしょうが、それだけで一棟あたりのコンクリート量は相当増えますし、基礎の強度は格段に向上します。

 

ダイワハウスの強靭な基礎

あらゆる角度から強度を検証し、信頼性の高い強固な基礎を実現しています。コンクリート内部には主筋・あばら筋・ベース筋・ベース補助筋の4種類の鉄筋を内蔵。また、鉄筋を覆うコンクリートは十分な厚みを確保しています。

 

 

22oのアンカーボルトで強固に連結

ジーヴォの地震に強いアンカーボルト

ダイワハウスの「ジーヴォΣ(xevoΣ)」は土台にはベースライナーを採用し、直径22oの特殊アンカーボルトで建物と基礎とを強固に連結しています。またアンカーボルトは強度の高い独自の異形鉄筋を採用しています。アンカーボルトの先端にふくらみを持たせることで、さらに引き抜き強度を高め、地震の揺れでの建物の浮き上がりを防ぎます。一般的な丸鋼SS400と比べると引抜き強度は約70%も向上します。大地震の揺れや衝撃によって引き抜かれることや、破断していまう恐れもありません。

※「外張り断熱」の特徴!!

 

軟弱な地盤にも対応する様々な地盤改良

ダイワハウスは「ジーヴォΣ」「ジーヴォE」問わず、軟弱な地盤でも、地盤改良や杭工法も含めた多様な最新の基礎工法を用いて、良好な地盤状態と同レベルの安全性を実現します。軟弱な表層部分を改良する表層改良工法、立ち上がりの高さを大きくする深基礎や、、セメントソイルなどを混ぜながら注入する柱状改良工法、鋼管杭で基礎を支持する小口径鋼管杭工法など、様々な条件にも対応できる基礎工法を用意しています。
ダイワハウスの基礎工事

 

 

ダイワハウス「ジーヴォΣ」の資料請求はこちらから!!

従来の資料請求とは違います!!資金計画やプラン提案もしてくれる!!

 

 

■「ジーヴォΣ(xevoΣ)」と「ジーヴォE(xevoE)」の基礎構造の違い

名称

基礎幅

アンカーボルト太さ

「ジーヴォΣ(xevoΣ)」 180mm 22mm
「ジーヴォE(xevoE)」 170mm 16mm

 

 

2018..3.6 加筆

画像はダイワハウスHPより引用

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加