ハウスメーカーか工務店か悩んだ時は資料請求

スポンサードリンク

新耐震基準は丈夫なので、死者一人のみ???

熊本地震で倒壊した家屋

 

 新耐震基準では、死者は一人しかいない・・・・

<熊本地震>新耐震基準で犠牲1軒

 

Yahooニュース 毎日新聞 9月10日(土)15時1分配信  より転載

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00000047-mai-soci

 

熊本地震(最大震度7)では倒壊して犠牲者が出た家屋は34軒あったが、大地震でも致命的な損害が出ないよう1981年に導入された国の新耐震基準に基づき建てられたと推定されたのは1軒だけだったとする調査結果を、静岡大防災総合センターなどのチームがまとめた。

 

 熊本地震で犠牲者が出た34軒の家屋は熊本県益城町や西原村など6市町村内にあり、震度7〜6弱の揺れに見舞われた。そこで、チームは、登記簿の記録や空中写真などから34軒の家屋の建築年を推定。その結果から新耐震基準を適用して建てられた家屋と考えられるのは1軒しかなかった。

 

 また、34軒の家屋では計37人の犠牲者が出たが、報道や行政資料などの検証から少なくとも27人が1階にいたと推定。前震でいったん避難し、帰宅後に本震に襲われ亡くなった人が少なくとも13人いることも突き止めた。

 

熊本地震では、新耐震基準導入後に建てられた家屋などに大きな被害が出ているとの指摘があるが、調査チームの牛山素行・同大教授(災害情報学)は「新耐震基準が人的被害を軽減する面で効果があったと考えられる」と指摘。

 

ここまで、Yahooニュース 毎日新聞 9月10日(土)15時1分配信  より転載

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00000047-mai-soci

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

一言、腹が立つ。

このニュースを要約すると、

熊本地震で犠牲者が出た倒壊家屋は34件。

 

そのうち、「新耐震基準」の建物は1件のみ。

 

新耐震基準は効果があった。

1件しかなかったと言っている・・・・・・・
馬鹿じゃなかろうか!!
開いた口がふさがらない。
呆れて物も言えない。
情けない・・・・・・・
更には調査を行った牛山素行教授(災害情報学)は「新耐震基準が人的被害を軽減する面で効果があったと考えられる」と言っている。

 

 一体、何の効果があったのだろうか? 新耐震基準では「震度6〜7では倒壊しない」のではないのか? 実際に多くの住宅が倒壊して人が死んでいるではないか? このニュースを流し読みして、深く理解しない方は、「新耐震基準の倒壊は1件だけなのか。」と勘違いしてしまう。熊本地震では実際に多くの新耐震基準の住宅が全壊・半壊している。震度6〜7では倒壊しないはずの新耐震基準の建物が、多く倒壊しているのです。その中には怪我をした人も、重症の人も数多くいたはずです。震度6〜7では倒壊しないはずの新耐震基準の住宅が、倒壊したことを重要視しないで、死者が出たのが1件で済んだと・・・・全くもって論点が違っていると感じる。

 

「1軒だけ」「1軒しか」・・・明らかに、新耐震基準に効果があったようなニュースの書き方をする毎日新聞の記者の浅はかさにも腹が立ちます。

 

 

 

今の新耐震基準では、倒壊してしまう可能性が・・・・

熊本地震では多くの家屋が倒壊しました。住宅の倒壊率では過去最悪となりました。そして最大の問題は、「新耐震基準」で建てられた建物までもが多数倒壊したことです。今回の熊本地震の最大震度は「7」です。新耐震基準ではこのような基準を定めています。

 

・震度5強程度で、ほとんど損傷しない
・震度6〜7程度の地震で、倒壊しない

 

熊本地震の震度7では、倒壊してはいけないはずなのです。しかし実際は多くの新耐震基準の住宅が倒壊しました。なぜなのでしょうか? そこのは明確な理由があります。それは震度7が短期間に繰り返したことにあります。新耐震基準では一度の震度7には耐えることができる基準なっていますが、2回続けての震度7は想定されていません。一度目の震度7で倒壊や半壊にいたらずとも、ある程度のダメージを受けている状態で、2回目の震度7を受けて、こらえきれず倒壊に至ったというのが真実です。いわゆる「繰り返す強い揺れ」には新耐震基準は耐えられないのです。

 

 阪神大震災でも東日本大震災でも、強烈な地震の揺れに襲われましたが、どれも最大震度は単発でした。しかし熊本地震は24時間以内に、2度の震度7が襲ってきたのです。これは今までになかったことです。これにより、新耐震基準の住宅が倒壊したのです。想定外の地震でした。しかし残念なことにその想定外が起きてしまったのです。ということは今後もこのような想定外が起こる可能性があるのです。となれば、一度の震度7にしか耐えられない、今の新耐震基準の早急な改革が必要です。震度7程度を続けて4〜5回受けても倒壊しない基準へと改訂すべきです。新耐震基準が施行されたのが1981年です。もうすでに35年も前のことです。その間、何も改訂が行われてこなかった事の方が不思議です。このような改訂を行うと、非常に不都合な方もいらっしゃいます。特に安無精の建売住宅や、超ローコストのハウスメーカーにとては頭が痛い改訂となるはずです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

2016.9.11 投稿

2017.7.10 加筆