へーベルハウスは2015大幅減で客離れ続く

スポンサードリンク

ヘーベルハウス 受注大幅減 一人負け 厳しい状況・・・

ヘーベルハウスは考えよう

へーベルハウス公式HPより

ヘーベルハウス 15年度受注大幅減 旭化成ホームズ一人負け

旭化成ホームズ、「杭打ち」の影なお色濃く、15年度受注額7%減。

( 2016年4月13日 / NIKKEI MESSEより転載)

 

 住宅メーカー大手7社の2015年度の戸建ての受注額(速報値)が12日出そろった。グループ企業が杭(くい)打ちデータを改ざんしていた旭化成ホームズは戸建てとアパートの合計で前年度比7%減。自粛していたテレビCMやチラシの配布を今春から再開させたものの、消費者の信頼を取り戻す道のりは長い。

 

 大手の戸建て注文住宅の受注額は15年度、まずまずの水準だった。大和ハウス工業は5%増え、住友林業とミサワホームがいずれも3%増。パナホームも2%増えた。積水ハウス(15年2月〜16年1月)は前年度と同水準、三井ホームは1%減だった。大手の多くはアパート受注額も前年度を上回り、旭化成ホームズの一人負けが際立つ。

 

 受注をけん引したのは賃貸住宅や二世帯住宅。15年1月に相続税が実質増税され、節税対策につながる賃貸住宅や賃貸併用住宅、二世帯住宅に関心を持つ地主が増えた。各社はこうした商品で集中的に営業をかけ、受注確保につなげている。

 

 横浜市のマンションで旭化成建材が杭打ちデータを改ざんした問題は昨年10月に明るみに出た。11月以降、旭化成ホームズの月次の受注額は大幅な前年割れが続く。販売現場は売り込みよりも説明に追われ、親会社の旭化成はグループで広告宣伝を自粛。3月の住宅の資料請求数は前年同月の半分に満たない。

 

杭打ちデータ偽装 

 

 「へーベルハウス」で知られる旭化成ホームズは約40年前に国内で初めて二世帯住宅を売り出し、3階建ての賃貸併用住宅を得意とする。相続増税の恩恵を最も受けるはずだった。機会損失の痛手は大きい。

 

 3月の受注額も前年同月比16%減だがチラシやテレビCMは徐々に再開し始めた。新たに就任した旭化成の小堀秀毅社長は「広告を戻せば多少良くなる」と見る。この間、住宅の営業マンは既存顧客を訪ねて紹介客を掘り起こしてきた。地道な営業を続ける一方、5月の大型連休に向けて集客キャンペーンも予定する。

 

 足元では住宅ローン金利の低下により、3月の展示場来場者が同9%増えた。ただ、それが受注に結びついていない。杭打ち問題によるブランド毀損がどこまで影響するかは読み切れず、手探りの営業が続く。

 

答えはあるのか?ヘーベルハウス 

 

 

https://messe.nikkei.co.jp/ac/news/133441.html

 

 

 

大手ハウスメーカーで注文住宅の間取り作成  簡単一括請求で比較検討!!

後から後悔したくない!! しっかり比較検討しましょう!!

 

 

 

ヘーベルハウス 客離れ続く 住宅ローン金利低下活かせず

へーベルハウスの客離れが止まらない。昨年、同グループ企業が引き起こした「マンション杭打ち偽装問題」の影響が深刻です。15年度の受注金額が7%減と大きく業績を落としています。それだけ旭化成グループが起こした不祥事は深刻な問題だということなのです。相続税の増税や、ゼロ金利政策による住宅ローン金利の低下で、厳しと言われる住宅業界にも追い風が吹いたのですが、その好機を生かすことができませんでした。元々、二世帯住宅や賃貸住宅も得意なヘーベルハウスにとっては、これ以上ない追い風だったのですが、「マンション杭打ち偽装問題」という足かせが大きかったようです。

 

 

CM自粛解禁とGWキャンペーンで勝負 ヘーベルハウス

私が一番気になっていたCM自粛解禁のタイミング・・・ヘーベルハウスはもう少しは頑張ると思っていたのですが、あっさりとこの時期に解禁しました。このタイミングについてヘーベルハウスまたは旭化成より説明が欲しいものです。問題となっているマンションの今後の方向性が決まるまでは、CM自粛を続けるべきだったでしょう。私はもとよりヘーベルハウスがCM自粛をするべきではないという考え方でした。同じグループ企業の不祥事とはいえ、ヘーベルハウス自体は無関係と言ってもいい問題だったので、あの羊が出てくるコミカルなタッチのCMは控えるべきでしょうが、通常のCM活動は問題ないと思っていました。ですから、CM自粛をするのであれば、再開・解禁のタイミングが非常に難しいと思っていました。しかし、なし崩し的な今回の解禁タイミング。ほんとにこれで良かったのでしょうか?

 

 

2016.4.16 投稿

 

 

【PR】

 

住宅購入前に保険の見直し!!見直し!!

関連ページ

【へーベルハウス】 関連動画
「ヘーベルハウス」は旭化成ホームズという住宅会社のブランド名です。しかし現在では正式な会社名「旭化成ホームズ」よりも「ヘーベルハウス」の方が一般的に浸透しています。もっと言えば、「旭化成ホームズ」と言っても「ヘーベルハウス」を思い浮かべることができる一般の人は、極小数ではないでしょうか。
【ヘーベルハウス】 杭データ改ざんで受注大幅ダウン
ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)が16%減と大幅なマイナスを記録した。横浜市の傾斜マンションを手掛けた旭化成建材による杭(くい)打ちデータ改ざん問題の余波で解約数が増え、広告宣伝を自粛した影響も出たとみられる。
【ヘーベルハウス】 28年度ZEH(ゼッチ) 補助金の金額は?
4月4日に平成28年度のZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の補助金額が決定しました。補助金額は一律125万円です。(寒冷地特別外皮強化仕様150万円)もちろんへーベルハウスでもZEH仕様の基準を満たした住宅であれば、補助金を申請して受け取ることができます。
【ヘーベルハウス】 CM自粛
へーベルハウスは、旭化成建材の杭打ちデータ改ざん問題の余波で解約が増えたことに加え、広告宣伝を自粛した影響が出た。問題が発覚した10月の段階では受注は3%増え、過去最高を記録していたが、11月に至ってマイナスに転じた。全社的に販促活動を進めるのは難しく、問題の長期化によるイメージの悪化は予測不能である。
【ヘーベルハウス】vs 他のハウスメーカー  見積もり比較!!
【へーベルハウス】と、よく比較される「積水ハウス」「ダイワハウス」「セキスイハイム」「パナホーム」の見積もりを簡単に一括で請求できるサイトをご紹介します。それは「タウンライフ」です!!