地盤調査の必要性 地盤沈下の保証

スポンサードリンク

地盤調査の必要性  地盤沈下で保証は大丈夫?

注文住宅を建てる土地を購入するときに、絶対に調べておきたいのが、その土地の地盤強度です。地盤の軟弱な土地では、建築の際に地盤の強度補強が必要となり、大幅な出費が必要になこともあります。一般的な土地取引の場合、地盤が明らかに弱いので何らかの強度補強工事が必要な土地は、価格が低く設定してあります。 【土地選びのチェックポイント】の「過去の土地の状態」でも解説しているように、その土地が過去のどのような状態だったのか確認することが大切です。今は綺麗に整地された更地でも、昔は田んぼや畑、あるいは池や沼で埋め立てられた、もしくは山林で切り開かれたかもしれません。

 

土地探し 地盤調査の必要性 地盤沈下

地盤強度が弱いと・・・

注文住宅を建てる土地の地盤が軟弱であれば、そのままの状態で家を建てると将来的に建物が傾く危険性があります。そのため地盤の強度が足りない土地では、建物の基礎を強化したり、土地そのものを補強する必要があります。それらの費用はもちろん、建築費として施主に大きな負担として振り掛かってきます。土地の改良が必要となれば、余分な大きなの費用が掛かることも珍しくありません。しかしその反面、土地の購入価格は低く抑えることができるでしょう。

 

購入前には地盤の調査

土地契約の前に地盤の調査をすることは、本来ならば難しいと言えるでしょうが、方法によっては可能なのです。個人で地盤調査会社に依頼すれば、それなりの費用を掛ければそれも可能です。しかしほぼ100%の確率で土地の所有者がそれを許さないでしょう。ハウスメーカーや、大手の業者が販売する土地には「地盤調査済み」というものもありますが、個人所有の土地に関しては未調査なのが大半です。そこで、お薦めなのがハウスメーカー側や工務店から、地主や仲介している不動産業者に地盤調査の打診をしてもらうことです。ハウスメーカーや工務店から直接話がくれば、購入意識が高いことを証明することにもなりますので、地主や不動産業者も前向きに対応してくれる可能性があります。大手のハウスメーカーのなかには、自社の中に地盤調査会社を持っている企業もありますので、そのような業者にお願いすれば、地盤調査費用も安く済みます。

 

地盤の保証を明確にしておく

注文住宅建築後に、地盤沈下などが原因で建物に被害が起きた場合、誰が保証してくれるのでしょうか? もちろんそれは建築業者だと思っている人が多いと思いますが、そうとは限りません。建築した業者は、地盤調査した会社の調査に基づいて家を建てたので、地盤調査をした業者に責任があるという言うでしょう。地盤調査した会社は、地盤調査には問題なく、建築した業者の施工ミスなどを指摘するでしょう。こうなると、終わりのない水掛け論になります。両者譲らず簡単には解決しません。最悪の場合は裁判となるケースもあるでしょう。もちろん、裁判が結審するまでの数年間は、保証が行われることは絶対にありません。数年間はどうしたらよいのでしょうか。または、裁判期間にその業者が潰れたらどうなるのでしょうか。このような最悪の事態を避けるためにも、しっかりと保証問題について確認しておく必要があります。

 

 

スポンサードリンク