地鎮祭 日取り 大安吉日

スポンサードリンク

地鎮祭の日取りは? 大安がいいの?

地鎮祭の日取りにつていですが、必ずしも「吉日」を選ぶ必要はありません。よくこういう祈願事は大安にやるべきだなんて言ったりもしますが、本当にそうなのでしょうか?
本来、神道と六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口と数える暦)は全くの別物なのです。六曜は平安時代中期以降、中国から伝播した暦ですので、地鎮祭を行う神道とは全く関係のないのです。もっとも、日本人は縁起を担ぐ人が多いので、日取りは仏滅を避けたほうがよいかもしれません。施主のあなたが気にしなくても、実際に工事に携わる大工の棟梁や、そのほかの職人さん達には、縁起を担ぐ人が少なくないからです。大安がベストですが、縁起担ぎなら、友引でも先勝でも結構でしょう。
先勝が良いと言われるには理由があります。地鎮祭を執り行う時間が、午前中に設定されることが多いからです。こうした式典については午前中に行うのがよしとされており、また施主や建築会社としても、朝一番のほうが都合がよいからです。ですから午前中が縁起の良い先勝なのです。

 

住宅業界一筋30年のサイト運営者からの『アドバイス』

日取りの善し悪しを判断することに使われる「六曜」は全くもって根拠はありません。ですから自分の都合が良い日にとすればいいと考えがちですが、大きな失敗の元になる可能性があります。地鎮祭には、大工の棟梁、各施工業者の社長なども参加する場合があります。彼らは縁起を担ぐ人ばかりと考えておいたほうが良いでしょう。家を作るのは彼らです。彼らの機嫌を損ねるといい家を建てることは難しいでしょう。実際に私の担当した物件の地鎮祭が、仏滅に行われることになったことがありました。当初予定していた少し年配だが、腕はピカイチの評判の高い棟梁が、「こんな施主の家は作りたくない!!縁起が悪い!!」と言って施工しなかったケースがありました。

 

 

スポンサードリンク