ミサワホーム 高額所得者・富裕層もターゲットに!

プリモア の外観 

ミサワホームの坪単価110万円の高級住宅!!

創立50周年記念モデル『センチュリー プリモア』発表!!

 

2017.4.10/ミサワホーム公式プレスリリースより

http://www.misawa.co.jp/corporate/news_release/2017/0410/index.html

 

○ 100年先の暮らしを見据え、ミサワホームの英知を結集した創立50周年記念商品
○ 新構法「センチュリーモノコック」を開発・採用し業界最高水準の建物性能を実現
○ 大開口設計としながらもZEH基準を大幅に上回る断熱性能を達成可能
○ 重厚な外観、素材感と機能性を考慮したインテリアデザインを採用
○ ヒートショック対策や室内空気質の改善に取り組み、住まい手の健康に配慮した住宅

 

 

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、木質系工業化住宅の最上位ブランド「CENTURY(センチュリー)」において、新構法「センチュリーモノコック」を採用することで、大開口設計としながらもZEH断熱基準を大幅に上回る断熱性能を実現する「CENTURY Primore(センチュリー プリモア)」を開発、創立50周年記念商品として4月22日(土)に全国(北海道・沖縄県を除く)で発売します。

 

 ミサワホームの木質系工業化住宅に使われる「木質パネル接着工法」は、南極昭和基地の建物にも採用される高い断熱性・気密性・耐風性や、創業以来地震による倒壊ゼロ※1の実績に裏付けられた耐震性の高さなどが特長です。同工法では通常90mm厚の木質パネルを使用しますが、今回、南極昭和基地の居住棟にも用いられている120mm厚の壁パネルを採用し、さらに高耐力仕様を追加することで住まいの基本性能を向上させた新構法「センチュリーモノコック」を開発。今回の新商品「CENTURY Primore」に採用しました。

 

「CENTURY Primore」では、「快適」「安全」「健康」をテーマにそれぞれで高いレベルの暮らしを提案します。

 

 

 

「センチュリー プリモア」 商品概要
商 品 名 CENTURY Primore(センチュリー プリモア)
構造・工法 センチュリーモノコック・木質パネル接着工法
設計 システムフリー設計
販売エリア 全国(北海道・沖縄県を除く)
発 売 日 2017 年 4 月 22 日(土)
販 売目 標 CENTURY ブランド全体で 1,000 棟(2019 年度目標)

 

以上ここまで、ミサワホーム公式プレスリリースより転載

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

 

新構法「センチュリーモノコック」を採用

パネル厚33%アップ! 新構法「センチュリーモノコック」!

ミサワホームのパネル

ミサワホームの木造住宅は独自の「木質パネル接着工法」を採用しています。まずは工場にて住宅の部材をパネル状に製造します。そのパネル同士を特殊な高分子接着剤で面接合します。さらにスクリュー釘や専用接合金物などを使い、より強固につなぎ合わせます。壁や床、天井をひとつの大きなパネル状として組み立てられ、床、壁、天井からなる6面体の面構造を構成します。これが「モノコック構造」と呼ばれています。高い断熱性・気密性・耐風性が大きな特徴で、さらに創業以来地震による倒壊被害がゼロという優れた耐震性を誇ります。この「木質パネル接着工法」は、90o厚の壁パネルが使用されていますが、今回発表の「センチュリープレモア」では、120mm厚の壁パネルに変更され、より高耐力性を高めた新構法「センチュリーモノコック」を採用しています。

 

 

新構法「センチュリーモノコック」 不得意だった大開口も可能!!

ミサワホームの開放的なリビング

「センチュリーモノコック」は、通常よりも約30%アップの厚さ120mm の壁パネルを使用し、木質パネル同士の接合部を大幅に強化した、超高耐力仕様になっています。耐震性能は従来の約1.3倍も向上しています。さらに高耐力の LVL 材の梁を組み合わせることで、躯体の強度アップとスリム化を実現しました。その結果、最高等級である耐震等級3を確保しながら、約5.4m幅の大開口や、約3mの天井といった開放的な間取りの実現も可能となりました。ミサワホームの「木質パネル接着工法」は、間取りの自由度の低さや開口部の制限など、設計自由度が狭いと言われがちですが、この新構法「センチュリーモノコック」を採用した「センチュリープリモア」は、大きな窓や大空間を実現しながらも、高気密高断熱を実現できます。

 

「センチュリーモノコック」 圧倒的な断熱性能!! 南極基地で実証!!

ミサワの南極基地

新開発の「センチュリーモノコック」と、玄関土間断熱「サーモ DOMA フロア」や、高断熱サッシ「AZ サッシ」を組合わ大幅に断熱性能を向上させています。これらの相乗効果でUA値を 0.50 以下とすることができ、 ZEH 断熱基準であるUA値0.60を大きく上回ります。さらにZEHプランを工夫すること で、最も基準が厳しい北海道地域(1、2 地域)の ZEH 断熱基準であるUA値0.40 もクリア可能となっています。これは圧倒的な断熱性能で、他のハウスメーカーを大きく引き離しています。この「センチュリーモノコック」の基本である「木質接着パネル工法」は、最低気温マイナス45℃、最大瞬間風速 60m/s の苛酷な気象条件下にある南極昭和基地でも採用されています。

 

 

意外とZEH普及率が低い! ミサワホーム!!

今回発表された「センチュリープリモア」はもちろんですが、ZEH対応能力が非常に優れています。太陽光発電システムと軽微な対策を行えば、すぐにZEH基準をクリアすることが可能です。ミサワホームでは、より積極的にZEHの普及を推進しています。今回の発表でも「ZEH普及目標」を高める意向を発表しました。しかし、現状ではミサワホームのZEH割合は20%未満と低迷しています。積水ハウスやセキスイハイムなどと比べると、大幅に遅れを取っていると言って良いでしょう。「ゼロ・エネルギーハウス」を世界で最初に作ったハウスメーカーとしては、もどかしい思いなのではないでしょうか。

 

 

「センチュリープリモア」の坪単価は強気の110万円以上!!

この新発表された『センチュリープリモア』の価格は、モデルプランで延床面積234uの2階建てで、7,862万円となっています。坪単価にすると約110万円となります。ミサワホームの平均坪単価は約75万円なので、かなり高価な商品ラインとなります。これまでミサワホームは、あまりこのような高級志向の高価格帯住宅は手がけていなかったので、市場の反応が非常に気になるところです。ミサワホームでは2019年にはなりますが、目標年間販売棟数を1,000棟としています。個人的には非常に高いハードルのように感じます。

 

 

坪単価100万円以上の新商品を連発!大手ハウスメーカーの狙いとは?

今回の「センチュリープリモア」は高級ラインの高価格帯商品です。いわゆる一般ユーザーが相手ではなく、高額所得者や富裕層に向けたハイグレード商品なのです。「センチュリープリモア」の参考価格は8,000万円弱となっていますが、少し凝ったことをすればすぐに一億円の大台に乗ってしまいます。このような億クラスの住宅の扱いは、これまでは一部の限られたハウスメーカーだけが行ってきましたが、最近では多くの大手ハウスメーカーが積極的にシェア開拓に乗り出しています。

 

カサートプレミアム 外観

業界最大手の積水ハウスも昨年に木造の「シャーウッド・グラヴィスステージ」、今年に入り鉄骨の「イズ・ステージ」「イズ・ロイエ」を大幅に改良して、高額所得者や富裕層に向けたハイグレード商品にバージョンアップしてきました。また、パナホームもつい先ごろ、高級鉄骨住宅「カサートプレミアム」を発表しました。こちらも高価格で坪単価が110万円前後になるようです。さらに首都圏限定ですが、木造のフルオーダー商品「アーティム」も昨年既に投入しています。こちらは坪単価が130万円を超えるプレミアムな価格設定になっています。業界2位のダイワハウスも4月初旬に木造の最高級フルオーダーライン「プレミアムグランウッド」を投入してきました。スタディーハウスの試算ですが、坪単価はなんと190万円を超えています。また、従来から好評のハイラインの鉄骨住宅「ジーヴォΣ」も、高額所得者や富裕層からの受注が好調のようです。

 

グランウッド プレミアム 

 

 

 このように各大手ハウスメーカーが、高価格帯の付加価値が非常に高い邸宅商品を、積極的に展開しています。この流れにミサワホームも追随したようですが、果たして「センチュリープリモア」はこのジャンルで成功するのでしょうか。また、大手ハウスメーカーの高価格路線の拡大は正解なのでしょうか。

 

 

商品名「センチュリー プリモア(CENTURY Primore)」 名前の由来

「Primore」とは「prime(最良の、極上の)」と「more(より、もっと)」をかけ合わせて作った造語です。

 

 

画像はミサワホーム・ダイワハウス・パナホーム 各公式・関連HPより引用しました。

【公式】ミサワホームHP

【動画】逗子A篇|デザイン邸宅CM|ミサワホーム

2017.4.16 投稿

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク