ミサワホームは25年連続グッドデザイン賞受賞。蔵のある家

スポンサードリンク

『ミサワホーム』 25年連続グッドデザイン賞受賞 蔵のある家 

ミサワホームは、1962年に創業した大手ハウスメーカーです。主に木質パネル接着工法という独自の技術を中心とした、プレハブ住宅を中心に年間約1万棟を販売しています。創業以来プレハブ住宅はもちろんのこと、日本の住まいづくりをリードしてきたトップ企業ともいえます。太陽光発電システムの導入はもちろん、「住機能高度化推進プロジェクト」など、現在の長期優良住宅に通じる良質な住宅づくりに、早くから取り組んできました。
ミサワホームの2階建て 

ミサワホームHPより

『ミサワホーム』 コストパフォーマンスと高品質を両立させる

25年連続グッドデザイン賞受賞

ミサワホームの最大の特徴は、「グッドデザイン賞」を27年連続受賞、累計140点も受賞しています。(2016年時点で)1996年には「GENIUS 蔵のある家」が、住宅業界で初めて最高賞の「グッドデザイングランプリ」を受賞しました。そのことから「デザインのミサワ」とも呼ばれています。グッドデザイン賞を受賞するためには、当然デザインだけではなく住宅の質も重視されますので、最低限の質は担保できる住宅だということが言えるでしょう。「ただ美しいだけでなく、住む人のライフスタイルに呼応する生きたデザイン」と言うだけあってさすがです。

代理店制度

ミサワホームのもうひとつの特徴は、代理店制度を採用していることです。本体のミサワホームは商品開発、部材供給、宣伝広告をするだけ、設計、施工、営業などは全てその地方の特約代理店が行います。2004年に営業不振から産業再生機構の管理下におかれ、効率的な代理店の統廃合が行われ、存続代理店はかなり絞られました。代理店が淘汰されたことで代理店による設計力や施工力のバラツキが少なくなりました。そのかいもあってか最近では、技術開発に定評があり、制振装置や太陽光パネルを備え付けて付加価値を付けた高機能住宅が好評で、首都圏を中心に売り上げを伸ばしています。2014年以降は、当時のスポンサー企業(後の親会社)だったトヨタ自動車によって、各地の代理店がミサワホーム本体に吸収合併されていきました。

代名詞「蔵のある家」「パネル接着工法」

商品ラインナップは木質系住宅と鉄骨ユニット住宅の2種となっています。ミサワホームと言えば、やはり「蔵のある家」が有名です。蔵のある家とは一階と二階の間に大型収納空間「蔵」を設けることで、収納空間を大幅にアップしたミサワホームの主力人気商品です。1994年に発売された「蔵のある家」はミサワホームの専売特許で、ミサワホームを支える主力商品となりましたが、2006年に特許が切れて以降は急激に販売棟数が減りました。その後ミサワホームは規格住宅に力をいれ成功しました。技術面での特性は、外力を分散する「木質パネル接着工法」です。さまざまな外力が構造の一点に集中せず、建物の「面」全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を実現する工法です。最近ではツーバイフォー工法と多様性をもった建築技術を駆使することにより、様々に変化する顧客のニーズに呼応しています。

会社名 ミサワホーム株式会社
設立日 2003年8月1日
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル16階
事業内容

注文住宅事業、分譲住宅事業、賃貸住宅事業、リフォーム事業、
医療・福祉事業など

売上高 3947億円
年間着工数 8,650戸
総販売戸数 10740戸
坪単価 50〜85万円  (二階建て住宅)
対応エリア 全国
公式サイト http://www.misawa.co.jp/
主な関連会社

ミサワホームディーラー(住宅販売)、ミサワホームイング、
ウィズガーデン、ミサワホーム総合研究所、マザアス(シルバー事業)など

注文住宅の相場 【かんたん入力3分!!】大手ハウスメーカーの注文住宅費用を簡単見積もり【無料!!】

 

■主な商品ラインナップ

種別 構造・工法 主な商品
木質系住宅

木質パネル接着工法
ユニット工法(工業化住宅)

「センチュリー」シリーズ
「ジニアス」シリーズ
「スマートスタイル」シリーズ など

軽量鉄骨住宅

ボックスラーメン構造
ユニット工法(工業化住宅)

「ハイブリッド」シリーズ
耐震木造住宅 木造軸組構造 + 木質パネル接着工法 「エムジェイウッド」シリーズ

ミサワホームは木造住宅の「木質パネル接着工法」が大きな特徴です。木質パネル工法はプレハブ工法で、家を主に構成するパネル材は規格化された工場で大量生産するため、高い品質が特徴です。また接着工法なので釘の代わりに接着剤を使い生産します。逆にパネルが規格化されていて設計の自由度が低いことが難点です。
【スポンサードリンク】

 

 

 

ミサワホームの軽量鉄骨住宅「ハイブリッド」シリーズは「鉄骨ラーメン構造」です。積水ハウスダイワハウスパナホームの2階建て鉄骨住宅が、ブレース(筋交い)で、耐震性を確保している【鉄骨軸組構造】なのに対して、ミサワホームの「ハイブリッド」シリーズは、各部屋をひとつのユニットとして構成して、柱と梁との接合部を特殊工法でさらに強固に接合したボックをつなぎ合わせ更に高い耐震性を実現している【ユニット・ボックスラーメン構造】です。セキスイハイムトヨタホームなどが同じ構造を採用しています。

 

 

※ハウスメーカー【鉄骨ラーメン構造】一覧

 

 

ミサワホームの価格・実勢坪単価

「センチュリー プリモア」 (2階建て)

木質パネル接着工法
(プレミアムモノコック構法)

110〜120万円
「センチュリー」シリーズ (2階建て) 木質パネル接着工法 65〜85万円
「ジニアス」シリーズ (2〜3階建て) 木質パネル接着工法 60〜80万円
「MJ Wood」シリーズ (平屋〜3階建て) 木造軸組構造 + 木質パネル接着工法 50〜65万円
「スマートスタイル」 (平屋〜2階建て)(規格住宅) 木質パネル接着工法 55〜65万円
「ハイブリッド」シリーズ (2〜3階建て) ユニット・ボックスラーメン構造 65〜85万円
「アーバンセンチュリー」 (5階建て) 重量鉄骨ラーメン構造 90〜120万円

※ここでご紹介しているミサワホームの各住宅シリーズの「実勢坪単価」は、サイト運営者が個人的に調べてまとめたものです。ミサワホームやその他関連企業が公式に発表している坪単価ではありません。あくまでも「おおよその目安」としてお考えください。注文住宅の価格・坪単価はその間取りや仕様、設備などによって大きく異なります。実際の各住宅の価格・坪単価を確認したい方は、こちらのサイトで無料にて見積もり請求ができますので是非ご利用ください。その際は、ミサワホーム以外のハウスメーカーも同一条件で見積もり請求すれば、非常に検討しやすくなります。

 

 

■地震対策

木質系住宅 MGEO(エムジオ) 制振
軽量鉄骨ユニット住宅 MGEO−H (エムジオーH) 制振

※MGEO(エムジオ)はミサワホーム株式会社の構造用制震装置で、登録商標ですが最近は中小のハウスメーカーや工務店等でも使われています。数年前まではこの制振装置「エムジオ」オプション設定で一棟あたり約50万円ほどかかっていましたが、現在(2017年)ではほとんどの住宅商品で標準仕様となっています。

 

◆MGEO(エムジオ)解説動画

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

ミサワホームについて知っておきたいポイント

「蔵のある家」など魅力的な商品が多数

ミサワホームが他のハウスメーカーと異なる特徴は、規格型住宅の商品ラインナップが充実している点です。「スマートスタイル」シリーズが規格型住宅にあたります。規格型住宅と言うと決められた中で全てが決まってしまうというイメージがあるかもしれませんが、ミサワホームの場合はそうではありません。かなり広い選択肢の中から選ぶようになっています。セミオーダーと言ったほうが良いかもしれません。ハウスメーカー他社が個別設計を中心とする営業スタイルに変わっていく中で、ミサワホームは規格型住宅に力を注いで大きなシェアを確立しています。それこそが、これまで40年近く培ってきたデザイン力や技術力、提案力などを集約した「お勧め商品」的な位置づけだからなのです。住み心地やデザイン性はもちろん、特にコストパフォーマンスが高く、顧客の満足度は非常に高いと言われています。考えても見れば、施主の要望する間取りやデザインはあくまでも素人の考えです。素人が考える間取りやデザインよりも、40年もの間に、たくさんの顧客から集積してきたデータをもとに作り上げたミサワホームの「お勧め商品」の方が、住み心地、使い勝手が良い可能性が高いとも言えるでしょう。ミサワホームの代名詞に大収納空間「蔵のある家」があります。1階や2階、あるいはその中間(1.5階)に天井高1.4mの「蔵」を設けることで、床面積に対して最大50%以上の収納スペースを確保できるというものです。これまでに5万棟以上の住宅への搭載実績があります。この「蔵」も規格型住宅「スマートスタイル」で選ぶことができます。

「蔵のある家」解説動画

 

25年連続「グッドデザイン賞」を連続受賞

ミサワホームは間違いなく、住宅デザインや住まい方提案の分野で高い評価を得続けてきた企業です。それはほかのハウスメーカーも認めるところです。毎年、良質なデザインの製品やアイデアにたいして与えられる「グッドデザイン賞」を1990年に初めて受賞して以来、27年連続受賞(計140点)していることからもうかがえます。このようなデザイン性と住み心地の良い住まいづくりのノウハウは、医療・介護関連の建物、さらには学校、保育施設の建設などに生かされています。

 

コストパフォーマンスと高品質を両立させる

デザインや住み心地などは もちろん、コストパフォーマンスにも優れる。この2つを上手く実現させています。ミサワホームが他のハウスメーカーより優れている点は規格型住宅の商品ラインナップが充実していることです。「蔵のある家」の特許期間が切れて以降、ミサワホームが社運を掛けて開発してきた分野です。ここ30年ほどでハウスメーカーの多くは邸別設計、戸別設計による住まいづくりに大きくシフトしてきましたが、ミサワホームは規格型住宅の商品力アップというスタイルを守り続けてきました。ミサワホームの規格型住宅は、必要な要素があらかじめ盛り込まれており、完成度やコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。邸別・戸別設計では、完成までに時間や手間がかかりムダなコストも発生しやすいのですが、そうしたことが避けられるということです。簡単にいうと、邸別・戸別設計ではなくても、高スペックで高クオリティーを持ったコストパフォーマンスの高い規格住宅がミサワホームの特徴なのです。

 

◆ミサワホーム関連記事◆
ほかとは違う独自のシロアリ対策(防蟻)
初重量鉄骨造の5階建モデルハウスをオープン

 

注文住宅の相場PR
【簡単入力3分!!】大手ハウスメーカーの注文住宅費用を簡単見積もり【無料!!】

 

 

ミサワホームの値引きは可能なのか?

人生の中で最も高い買い物と言える「マイホーム」!! できれば安く建てたいと思うものです。少しでも値引きしてもらえると嬉しいですよね。
しかしどのように交渉すれば、値引きをしてもらえるのでしょうか?
ミサワホームは値引きをしてくれるのでしょうか?

 

答えは「してくれる!!」です。

 

金額に差はありますが、どの住宅会社も交渉次第では値引きは十分に可能なのです。では、値引き交渉の最大のポイントとは何なんでしょう?それは、「他社と競合させること」なのです。

 

例えば車を購入するときは、必ず他メーカーの同クラス車種を引き合いに、価格交渉をするはずです。電化製品などもしかりです。もちろん家に関しても同じことが言えます。はっきりと言いましょう。売り手側が一番イヤだと思うことは、他と比較されることなのです。すなわち、自分が希望する住宅会社のことはもちろんのこと、ほかの複数の住宅会社の情報も持ち合わせていなければ、「競合」させられないのです。ほかの住宅会社には全く興味がないと言って、情報を収集しないことは絶対にしてはいけません。1社しか知らなければ、比較のしようがありませんし、値引き交渉の材料がありません。

 

再度言います。
値引き交渉のポイント「競合」させるには複数の住宅会社の情報が必要なのです。 

 

 

それでは、複数の住宅会社の情報を簡単に一括で収集できる方法をお教えしましょう。

 

それは、
「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」です。

 

簡単な入力で、ハウスメーカーや工務店の間取りプランや見積りなどが無料でもらえるのです。しかも一回の入力で複数の住宅会社から、一括で資料請求出来るのです。気になる住宅会社の資料を集めて、値引き交渉のネタにしてください。もちろん値引き交渉だけではなく、失敗のない住宅会社選びの資料ともなりますので、是非、活用してください。

「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」のポイント

かんたん入力
複数の住宅会社から一括請求
完全無料

 

一括資料請求「タウンライフ」はこちらから▼▼▼

無料なので安心して活用してください!!

「知らなかった」では済まされない、大きな買い物です!!!

そのほかの大手ハウスメーカーの詳細はこちら!!
■積水ハウス【シャーウッド】
■大和ハウス【外貼り断熱 ジーヴォ】
■ミサワホーム【蔵のある家】
■住友林業【住友林業の家】
■セキスイハイム【床下蓄熱暖 あったかハイム】
■三井ホーム【ツーバイフォーNo.1】
■ヘーベルハウス【鬼怒川決壊でも流されない】
■パナホーム【Fujisawaサスティナブル・スマートタウン】
■トヨタホーム【トヨタグループの技術力】
■タマホーム【安いだけじゃない】

 

2016.5.5 追記

2017.4.17 追記