やっぱりツーバイフォーは地震に強かった!! 三井ホーム

三井ホームは全・半壊ゼロ

 

三井ホームの「プレミアムモノコック構造」は地震に強い!!

三井ホームは40年以上 地震での全壊・半壊はゼロ!!

三井ホームは設立以来、地震の揺れによる全・半壊は1棟もありません。過去3つの大きな震災において全棟調査した結果、躯体損傷はほとんど無く、家具等の転倒も少ないことから、揺れにくく、優れた耐震性を有した構造であることを改めて実証しました。これらの報告書は関係省庁にも提出され、一般公開もしています。

 

地震に強い三井ホーム 

 

耐震性を証明する事実

マグニチュード7.3が記録された「兵庫県南部地震」、「新潟県中越地震」、そして記憶に新しい「東北地方太平洋沖地震」のすべての震災で、三井ホームの家は地震の揺れによる全・半壊はゼロでした。震災後には速やかに震災地域にある三井ホームの家の全棟を調査。その被害状況を詳しく分析し、その報告書を関係省庁に提出するとともに一般公開しています。

 

ここまで、三井ホームホームページから引用

http://www.mitsuihome.co.jp/ 

 

 

★「三井ホーム」の 見積もり資料請求 ならこちらから!!

三井ホーム

 

 

 

鉄骨住宅よりも地震に強い!! 三井ホームのツーバイシックス

三井ホームの耐震技術 

 地震に強い三井ホームの秘密は『プレミアムモノコック構造』

プレミアムモノコック工法は頑丈

過去の地震で全壊・半壊が全く無い、三井ホームの強さの秘密は独自のツーバイシックス工法『プレミアムモノコック構法』です。『プレミアム・モノコック構法』は、床・壁・屋根の6面体を1単位として空間をつくる「枠組壁工法」に、三井ホームオリジナルの「DSP」「BSウォール」「マットスラブ」を加えた最新ツーバイシックス構法です。地震などの外力を壁面で吸収・分散します。ツーバイシックス(ツーバイフォー)工法は地震に強い頑丈な構造ですが、三井ホーム独自のツーバイシックス工法『プレミアムモノコック構法』は更に高い耐震性を誇っています。その秘密は6面体の壁同士を緊結に繋ぐことにあると三井ホームは説明しています。強靭な6面体の箱を積み重ねるだけでは、家全体としての強度は維持できません。6面体の箱同士を頑丈につないでこそ、強度の高い家が完成するのです。

 

 

地震保険におけるツーバイフォーの危険度は、鉄骨住宅よりも低い!!

戸建て住宅の構造の中では、鉄骨住宅が一番地震に強いというイメージですが、地震保険や火災保険の世界ではツーバイフォーは鉄骨と同等、あるいは鉄骨よりも地震・火災に強いという認識なのです。

 

地震や火災保険料率などを決める金融庁の損害保険料率算出機構のデータです。非木造(鉄筋コンクリート造・鉄骨造)を「1」とした時の危険度比率のグラフです。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は、地震に強いと言われる非木造と比べても、圧倒的に危険度が低いとしています。

 

 火災保険料率のカテゴリーも、ツーバイフォーは鉄骨住宅と同等となっています。ツーバイフォーは木を使った木造住宅ですが、鉄骨住宅と同等に火災に強いとされています。その被保険対象物の性能を極めてシビアに評価する保険の世界で、ツーバイフォーは木造住宅ではなく、鉄骨住宅と同じ扱いなのです。いかにツーバイフォーが火災や地震などの自然災害に、強い住宅なのか再認識できます。
 
【PR】

 

 

セキスイハイム・三井ホーム 鉄骨住宅よりも耐震性は高いのか?

三井ホームと同じツーバイフォー(ツーバイシックス)工法を扱う、セキスイハイムも関連のHPで過去の大震災での被害の内容を公開しています。三井ホームと同じく、全壊・半壊はゼロでした。これを見てもツーバイフォー(ツーバイシックス)は極めて地震に強い住宅であることがわかります。ツーバイフォー(ツーバイシックス)のトップメーカー2社が、このような資料をHPで公開しているのに対して、鉄骨系のハウスメーカーは積極的な情報公開はしていないように感じます。ということは鉄骨住宅には何らかの不具合があたのかと、疑心を抱かざるを得ません。

 

 もちろんセキスイハイムは「パルフェ」「ドマーニ」などの鉄骨住宅を扱っています。その他の積水ハウス、大和ハウス、ヘーベルハウス、パナホーム、トヨタホーム、ミサワホームといった大手鉄骨系ハウスメーカーの地震被害の公表を期待します。

 

※同じツーバイフォーの「セキスイハイム」も全壊・半壊ゼロ!!

 

 

三井ホームの『プレミアムモノコック構法』 驚愕の耐震性を実証!!

三井ホームは2016年の6月と7月に、国立研究開発法人土木研究所にて「実大耐震実験」を行いました。震度7が短期間に2回連続で発生し、前例のない住宅の倒壊率となった熊本地震の地震波データーを使った実大振動実験を、2階建住宅(プレミアムモノコック構法+高強度耐力壁G―WALL)と3階建住宅(プレミアムモノコック構法)で行いました。

 

【三井ホーム3階建実大耐震実験】 震度7を29回受けても全壊・半壊しない!!

 

 

【三井ホーム 2階建実大耐震実験】 震度7を60回受けてもビクともしない!!

 

 

【三井ホーム】「震度7に60回耐えた家」 WEB限定動画

三井ホームの『プレミアムモノコック構造』が、これほど強いのは、壁・床・天井で構成する6面体の面同士を、非常に強固につないでいるからだと説明されています。

 

 

2016.9.11 投稿

 

 

【PR】
三井ホーム以外の一流ハウスメーカーが揃っています!!

地震に強い鉄骨住宅のハウスメーカー まとめて一括資料請求が可能です!!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク