三井ホームが洋風のオシャレな平屋

スポンサードリンク

ハウスメーカー各社が『平屋』『3階建て』『狭小住宅』を発表

三井ホームの平屋

三井ホームHPより

『三井ホーム』 少子高齢化や核家族化対策に木造平屋 

三井ホーム、米国風の平屋木造住宅 小型住宅への需要に対応

(日経住宅サーチより引用)

 三井ホームは平屋の木造戸建て住宅「ウエストウッド」を発売した。少子高齢化や核家族化によって、管理のしやすい小型住宅への需要が高まっていることに対応する。外観は三角屋根と屋根から突きだす採光窓を備えた米国西海岸風。室内は開放的な構造にする。年間240件の受注を目指す。

 

 間取りなどは自由に設計できるが、開放感を出すために間仕切りを少なくする。さらに天井板をなくして屋根の真下まで室内空間が続く「勾配天井」を採用する。残る屋根裏部分は部屋にする。

 

 

三井ホーム 平屋 三角屋根.jpg

三井ホームHPより

 

三井ホームの洋風の平屋

三井ホームHPより

 

日経住宅サーチより引用

http://sumai.nikkei.co.jp/news/house/detail/MMSUn2000019012016/

 

★各ハウスメーカーの「平屋」 見積もり比較してみませんか?

三井ホーム

 

 

 

平屋「ウエストウッド」が「2016年度 グッドデザイン賞」を受賞

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は、2015年12月発売の新商品「WESTWOOD(ウエストウッド)」が、このたび2016年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをお知らせいたします。
「WESTWOOD(ウエストウッド)」は2015年冬に、人々のライフスタイルが多様化する中、少人数世帯に向けた効率的でゆとりある生活を提案する「新しい平屋」の商品として発売されました。平屋でありながら伸びやかに広がる大空間(グレートリビング)や、こもり感のある快適な屋根裏空間も実現しています。当社は、今後も人々のライフスタイルに柔軟に対応した居心地の良い空間提案を目指し、地域環境にも配慮する健康・安全・安心な暮らしを提供してまいります。

 

三井ホーム公式プレスリリースより引用

http://www.mitsuihome.co.jp/company/news/2016/0929.html 

 

 

高級洋風住宅の『三井ホーム』 売れない原因は?

 私の世代では高級な洋風住宅と言えば、『三井ホーム』が真っ先に浮かんでくるのですが、最近は変わりつつあるようです。三井ホームが得意とする「洋風住宅」でさえ、ほかのハウスメーカーの市場拡大に押され気味です。さらにはここ数期は減収減益で非常に元気がありません。三井ホームといえば、もちろん総合不動産企業の三井不動産の関連会社の筆頭です。三井不動産は傘下に三井ホームをはじめ15の関連会社を持ち、高級マンションや分譲地住宅などの販売で、連結決算では1兆5000億円超を稼ぎ出す、日本を代表する財閥系の総合不動産企業です。その中において、ほかの事業が好調なのに、三井ホームだけ一人蚊帳の外のような状態です。なぜ三井ホームだけ、戸建て住宅事業だけ、不調なのでしょうか? 原因としてはツーバイフォーの需要減があるでしょう。建築技術の革新や、新工法の拡大や、建材の性能効率のアップなどにより、三井ホームのツーバイフォー工法に訴求力がなくなっているのでしょう。今後の三井ホームの頑張りに期待したいものです。

 

 

 

 おしゃれな平屋『エストウッド』は、平屋ではない!!

三井ホームが今回発表した平屋は、まさしく「オシャレな平屋」です。三角屋根が特徴的なアーリーアメリカンスタイルの洋風住宅は、デザイン性と機能性を兼ね備えた「オシャレな平屋」です。更にこの「ウエストウッド」は平屋というよりは、平屋と2階建ての中間的なものになっています。言い方を変えれば「贅沢な屋根裏部屋がついた平屋」と言えるでしょう。2016年グッドデザイン賞受賞も納得です。坪単価が80万円を超える贅沢な、そしてオシャレな平屋です。他のハウスメーカーの平屋と一線を画しています。

ウエストウッドの屋根裏

ウエストウッドの内装

【スポンサードリンク】

 

 

 

大手ハウスメーカーも『平屋』『3階建て』『狭小住宅』

 今回のリリースで、三井ホームも『平屋』というニッチなカテゴリーの商品を発表してきました。一般的に『平屋』と言うと、あまりオシャレなイメージではありません。どちらかと言うと野暮ったいイメージが強いのですが、三井ホームはきっちりとオシャレな高級洋風住宅に仕上げてきました。ここ最近は大手ハウスメーカーのニッチなカテゴリー商品の発表が目立ちます。『平屋』『はまさしくニッチなカテゴリーに当たります。他には『3階建て』『狭小住宅』などがそれに当たります。具体的には2016年に入って早々にパナソニックグループのパナソニック・テクノストラクチャーが『平屋』の新商品【HIRAYA(ヒラヤ)】を発表。また、大手のミサワホームも都市部狭小地での需要を見込んで、重量鉄骨の5階建てモデルハウスをオープンさせています。この2社も『平屋』『狭小住宅』とまさしく、ニッチなカテゴリーの強化です。

 

 

 

 

三井ホームも急速にZEH化を進める

三井ホームの2×6住宅(2×4)は、独自のモノコック構造により高い気密・断熱性能を実現しています。加えて、独自技術の健康空調「スマートブリーズ」により、大空間でも常に快適かつ省エネルギーを実現しています。今回発表の『WESTWOOD(ウエストウッド)』では、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)にも対応しています。。『WESTWOOD(ウエストウッド)』は元々大きな三角屋根なので、太陽光発電設備を載せるのも非常に容易で、もともと高断熱・高気密の住宅なので、太陽光パネルなどの追加費用程度でネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)が実現可能となります。木造平屋の検討においてはZEHも大きなポイントとなってくるでしょう。

 

 

 

なぜ今、ハウスメーカーは『狭小』『3階建て』『平屋』なのか?

 今までは、大手ハウスメーカーが力を入れてこなかった、『平屋』『3階建て』『狭小住宅』などのニッチなカテゴリーの商品の発表が目立ちます。なぜこのような流れになっているのでしょうか? 従来は、このようなカテゴリーは地方の小さなハウスメーカーや、ハウスビルダー、あるいは地域密着の中小工務店などがその大半をになってきました。大手ハウスメーカーは商品ラインナップとしては準備はしてはいるが、ほぼ力を入れてこなかったニッチな分野なのです。理由としては従来の大手ハウスメーカーの主力商品であった「ファミリータイプの2階建て」の需要が将来的には明らかに需要の先細りするのが大きな要因でしょう。新規の住宅を必要とする世帯の減少、収入の格差の拡大、家に対する考え方の変化など、どのように見積もっても、「ファミリータイプの2階建て」の需要、あるいは受注が、かつてのように高水準で保たれることは無いと断言できる市場状況なのです。そうした状況を踏まえ、ハウスメーカーはこれまでは、あまり力を入れてこなかったニッチなカテゴリー『平屋』『3階建て』『狭小住宅』に活路を求めているのでしょう。

 

 

画像は三井ホーム公式HPより

2016.1.29 投稿

2016.12.19 追記

 

 

 

 

「三井ホームの洋風住宅」が、気になる方はこちらから資料請求してみてください。

▼  ▽  ▼  ▽  ▼  ▽  ▼  ▽

関連ページ

【三井ホーム】 ロングセラー商品「オークリー」を一新
人気のロングセラー商品の「オークリー」が一新されました。です。発売から17年が経っていますが、高い人気を維持している商品です。アメリカンデザインと「和」のテイストがうまく融合された外観が人気です。
60回の震度7に耐える三井ホームのツーバイフォー
三井ホームが「実大耐震実験」を行いました。熊本地震の地震波も実験に加え、東日本大震災、阪神大震災などタイプが異なる繰り返しの大きな揺れに対して、大きな損傷は確認されず、三井ホームの2×4住宅の優れた耐震性と強度を実証しました。60回の震度7の揺れに耐えました。
【三井ホーム】 3階建「クレセール・フォレスト シティ」新発表
三井ホームのツーバイフォー住宅は、独自の「プレミアム・モノコック構法」採用で、優れた耐震性を実現しています。2階、3階の上層階への揺れが伝わりにくいため、地震のダメージを大幅に軽減することが可能です。これは木造軸組工法の一般的な木造住宅と比べると明らかです。
三井ホームは40年間 地震での全壊・半壊はゼロ!!
三井ホームは、日本の住宅業界におけるツーバイフォー工法の草分け的ハウスメーカーです。ツーバイフォー協会の会長会社でもあります。もちろんツーバイフォー工法には豊富なノウハウと技術、実績を持つ大手のハウスメーカーで、比較的高所得者向けの豪華な洋風住宅を得意としています。
【三井ホーム】 ロココ様式のインテリア高級洋風住宅
三井ホーム18世紀フランスの上流階級を中心に広まったサロンを現代のライフスタイル風にアレンジした新商品「VENCE(ヴァンス)」を発表した。インテリアには、ニュースタイルコレクション第4弾「Modern Rococo Style(モダンロココスタイル)」を提案。18世紀のフランスで流行したロココ様式を現代風にアレンジしているのが特徴で、優美で繊細なデザインになっている。
【三井ホーム】 ZEH新商品 「グリーンズゼロ」発表
三井ホームは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)対応のフリー設計住宅商品「greens ZERO(グリーンズゼロ)」を3月19日に発売した。独自の構法による断熱・気密性能に最新の省エネ・創エネ仕様を組み合わせ、健康空調システムも装備する。ZEHの基準では対象外になる家電製品や調理用器具を含む電気代ゼロが実現できる。
【三井ホーム】 ZEH補助金 普及目標
【三井ホーム】  関連動画
三井ホームは、日本の住宅業界におけるツーバイフォー工法の草分け的ハウスメーカーです。ツーバイフォー協会の会長会社でもあります。もちろんツーバイフォー工法には豊富なノウハウと技術、実績を持つ大手のハウスメーカーで、比較的高所得者向けの豪華な洋風住宅を得意としています。
【三井ホーム】vs 他のハウスメーカー  見積もり比較!!
【三井ホーム】と、よく比較される「積水ハウス」「ダイワハウス」「三菱地所ホーム」「セルコホーム」の見積もりを簡単に一括で請求できるサイトをご紹介します。それは「タウンライフ」です!!「タウンライフ」の優れている点は、見積もり・間取り・土地の3つを提案してくれるところです。