見積り書のチェックポイント・注意点

スポンサードリンク

見積書をチェックするときの注意点

注文住宅を建てるために、どのくらいの費用がかかるのかを算出したものが見積書です。この見積書に記載されている内容をしっかりと確認把握することで、施工業者との認識のズレや思い違いが生じることなく、スムーズに予算内で希望の注文住宅を建てることができます。見積書を確認する際の注意点をしっかりと把握しておきましょう。

 

 

依頼先によって見積りのタイミングや形式が異なる

ハウスメーカーもしくは工務店など、どこに施工を依頼するかによって概算見積りと最終的な本見積りが提示されるタイミング、及び見積りの記載内容が異なります。

 

工務店の見積書

工務店の場合、最初の設計相談と要望ヒアリングが行われラフプラン作成を依頼したのち、敷地調査が終わると基本プランとともに概算見積りが提示されます。最終的な本見積もりは設計の細かい打ち合わせえお行った後、工事請負契約を結ぶ直前に提示されます。
工務店の見積書は、各工事項目の費用をひとつずつ丁寧にわかりやすく記載されているのが一般的です。また、専門知識の薄いお客様にもわかりやすいように、工事の分類を簡素化した工事費内訳書の明細書が作成されます。しかし、工務店の見積書は決まった様式がなく工務店ごとで異なることが最大の問題点です。そのため、複数の施工業者から見積りをとる相見積りで検討する場合、とても比較がしにくいものです。見積書に記載している工事名称をしっかりと確認しながら比較検討するように注意しましょう。また、その際わからないことがあれば工務店に直接確認しましょう。

 

ハウスメーカーの見積書

ハウスメーカーもラフプランから概算見積りまでは工務店の流れとほぼ同じように進んでいくのが一般的です。しかし本見積もりは仮契約を結び、実施設計にとりかかった後に作成される場合もあるので注意しましょう。ハウスメーカーの概算見積もりでは、『本体工事一式』と記載され、別途工事費や設計料など細かい項目が含まれていない場合もあるので要注意です。本見積もりは本体工事費と付帯工事費の二つに大まかに分けられ、それぞれの総額が記載されています。誤解や思い違いが生じないためにも、本見積もりとは別に詳細見積りをとることをおすすめします。契約後に仕様やプランの変更が生じ、想定予算のオーバーが生じないように希望どおりの注文住宅が建つかしっかりとチェックしましょう。

 

※見積もり書を使った『誰でもできる、簡単な値引き交渉術』

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

見積書のチェックは詳しい設計図書といっしょに

見積書の主なチェックポイントは以下の3点です。

消費税が別途記載になっているか
見積書のもととなった実施設計プランは要望どおりか
工事費内訳書の明細を確認 希望どおりの設備、部材、仕様かなどを確認

 

見積書は単純に予算内におさまっているかどうかを確認するだけでなく、費用の内訳や部材、細かな仕様などに要望と異なる箇所がないかを慎重に確認しましょう。その際、見積書の項目や、数字ばかりを確認するのではなく、詳細図面や仕様書、仕上げ表などの設計図書とともに見積書をチェックすることが重要です。

 

 

最後に

工務店の工事費内訳書は一冊の分厚い冊子となるケースも多々あります。
これまでに見たことのない用語や表、数字が並び臆してしまいますが、とても重要な情報が記載されているものになります。わからないことがあれば、遠慮することなく理解できるまで聞くようにしましょう。ここで一つの質問もなく本契約に至るお客様は施工業者から、簡単な客と舐められてしまうことがあるので注意しましょう。お客様は素人です。工務店、ハウスメーカー問わず施工業者は皆プロです。極端に言えば全てについて質問しても良いくらいなのですから、遠慮することなく積極的に理解するまで質問しましょう。

 

注文住宅の家づくりはお客様と施工業者との意思疎通がとても重要です。見積書はその意思疎通のベースに作成されるものなので、良い家づくりのためにしっかりと冷静に確認するようにしましょう。

 

2016.7.10 追記