テクノストラクチャー 高い天井の平屋 3階建て 刷新

パナソニック 平屋 

【テクノストラクチャー】平屋 3階建て リニューアル

パナソニック、耐震住宅プラン刷新 平屋は天井最大2.8メートル高く

 パナソニックは独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を使った住宅プランを刷新した。平屋用のプランは独自の接合金具を使い、天井を最大約2.8メートル高くできる。1棟ごとに388項目(多雪地帯は440項目)の構造計算を実施し、安全性の高い建物にする。

 

 都市部で需要の多い3階建て用のプランは、一般的な木造住宅に比べ天井の高さを最大約10センチ伸ばせる。耐火構造で、防火地域でも3階建ての住宅を建てられる。

 

 独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」の提案力強化のため、3階建て住宅用と平屋住宅用のプランをリニューアル。全国のテクノストラクチャー工法採用ビルダーを通じて販売します。3階建ては「STELLATRE(ステラトーレ)」、平屋は「HIRAYA(ヒラヤ)」と名称を改め、プランを拡充

 

【STELLATRE(ステラトーレ)】
 1. 木と鉄の複合梁により、一般的な3階建て木造住宅より最大約
    10cm高い天井高を実現
 2. 大空間を可能にする強い梁と、大きな開口を可能にする部材の充実で、
    空間に広がり感を創出
 3. 耐火仕様に対応しているため、防火地域でも3階建てが建設可能

 

 【HIRAYA(ヒラヤ)】
 1. オリジナル接合金具により「ほぞ加工」が不要で、最大約2.8mの
             高い天井高を実現
 2. 最大10mスパンまで対応。ニーズに合わせて自由に部屋の大きさを
             設定可能
 3. 1・2階建ての木造住宅には義務付けられていない構造計算を、
    1棟ごとに実施

 

パナソニック(株) ホームページより

 

日経住宅サーチより

http://sumai.nikkei.co.jp/news/house/detail/MMSUn2000015122015/ 

 

 

スポンサードリンク

 

住宅業界一筋30年のサイト管理者の感想

 パナソニックの「テクノストラクチャー」は、2015年に20周年を迎え、累計販売棟数5万棟を達成した人気商品です。「未来に、ずっと続く住まいを〜ロング&スマート テクノストラクチャーの家〜」をコンセプトに掲げています。

 

パナソニックの3階建て

 「テクノストラクチャー」は【パナソニックESテクノストラクチャー株式会社】というパナソニック株式会社の子会社の商品名です。ですから、パナホームと【パナソニックESテクノストラクチャー株式会社】は別会社です。よく混同される方がいますが、全くの別会社です。しかし両社ともにパナソニック株式会社のグループ企業です。パナホームはパナソニック本体からの派生の住宅会社。「テクノストラクチャー」はパナソニックグループのパナソニック電工から派生した住宅会社です。2008年にパナソニックグループは再編されているので現在は、パナソニックグループと一括りにはできないのですが、ややこしいので・・・・・・一括りにさせてもらいます。(ごめんない)

 

高い天井

3階建て「STELLATRE(ステラトーレ)」、平屋「HIRAYA(ヒラヤ)」と 、本来ハウスメーカーの主力カテゴリーである2階建てではなく、一昔で言えばニッチと言えるカテゴリーの刷新です。しかし、ここ最近の大手ハウスメーカーの動きを観察していると、「3階建て」「平屋」に注力している傾向が見て取れます。今後の一般的なファミリー世代の一次取得層の減少を考慮すると、中高齢者の建て替えの平屋や、従来は進出していなかった都心部狭小地での3階建てに活路を見出しているのでしょう。さらに注目は天井高の高さをウリにしていることです。平屋「HIRAYA(ヒラヤ)」は天井が最大2.8メートルとかなりの開放感です。最近はダイワハウスの「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」や積水ハウスの「シャーウッド」でも従来よりも高い開放感のある天井高をアピールしています。今後の注文住宅の流行りとなっていくのでしょうか。

 

 私は個人的に3階建て、4階建てには否定的な考えを持っているのですが、平屋に関しては肯定的な考えを持っています。平屋の場合はなんといっても、それを建てる土地の価格が問題になるでしょう。まぁ、土地は持っているという方は問題ないのでしょうが。

 

ハウスメーカー・工務店の資料一括請求! 

 


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク