パナホームの坪単価は高い?

 

 

パナホーム』が気になるけれど・・・

 

『パナホームで建てたいけれど・・・

 

 高くて予算に合わない!!

 

 

 

と、諦めていませんか?

 
 
今すぐ、こちらから【見積もり】請求をしてみてください!! 
「意外と安いな」と感じるはずです!!

 

↓ ↓ ↓

 

こちらはパナホームの【見積もり】請求ができるサイトです。資料請求ではありません。【見積もり】の請求が出来るのです。
 
価格や予算がわかる【見積もり】が届くのです。
 
ご自宅に気になるパナホームの具体的な見積もりが、10日程度で届くのです。またトヨタホームだけではなく、他のハウスメーカーからもまとめて一括で、【見積もり】請求が可能なのです。「積水ハウス」や「ダイワハウス」「トヨタホーム」「三井ホーム」「セキスイハイム」などの【見積もり】が手に入るのです。しかも利用は完全無料となっています。

 

 

 

『パナホーム』の鉄骨住宅は、高いと思っている方へ!

パナホームの高い鉄骨住宅

『パナホーム』といえば、高級な鉄骨住宅を扱っている大手のハウスメーカーと認識されている方が多いようですが、実はそうでもないのです。構造や仕様、間取りなどによっては、意外とリーズナブルにまとめることも可能なのです。

 

 

確かにパナホームの昨年の平均坪単価は、75万円を超えています。この坪単価を見れば、高額なハウスメーカーであることは間違いのない事実です。しかし、そのパナホームでも安価にまとめることは可能です。パナホームの鉄骨住宅には3つの工法があります。そのうちの一つはかなり安い設計になっています。また、凝ったデザイン、複雑な間取りなどを採用しなければ、価格は上がりません。さらに太陽光発電システムや全巻空調システム、ZEH設備などを取り入れなければ、安くまとめることは十分に可能なのです。

 

「耐震性の高い鉄骨住宅が良いが、予算に合わない」
「大手ハウスメーカーの住宅が良いが、高い」
「パナホームには、手が出ない」

 

と、思って諦めていた方は、是非ともここで紹介しているサイトで、パナホームの【見積もり】請求をしてみてください。

 

 

 

トヨタホームなら、鉄骨住宅が坪単価40万円台!!

トヨタホームの鉄骨住宅の保証 

パナホームで過剰な設備や仕様を抑えてうまくまとめると、坪単価60万円台前半で建てることは可能でしょう。しかしトヨタホームなら、坪単価40万円台で鉄骨住宅を建てることも可能なのです。

 

LQは安い トヨタ

トヨタホームには「LQ」という商品があります。この「LQ」は、なんと坪単価40万円からの鉄骨住宅となっているのです。坪単価が40万円台と言うと、ローコスト系のハウスメーカーの木造住宅と同じような価格設定です。大手ハウスメーカーの鉄骨住宅が坪単価40万円からとは衝撃的です。優れた耐震性で人気の高い鉄骨住宅が、この価格で手に入るのです。これは驚きです。実はこの「LQ」はトヨタホームの隠れた人気商品なのです。

 

トヨタホームの「LQ」は、鉄骨住宅では考えられないような坪単価を実現していますが、低価格ゆえに難点があることも事実です。「LQ」はいわゆる【規格住宅】です。 自由設計ではなく、決められたプランから選ぶ方式の住宅です。しかしその選択肢の幅は広く、大開口や大空間を採用できたり、玄関や窓のアレンジも可能となっています。鉄骨住宅の魅力は生かされているのです。しかも高級モデルの「シンセ」シリーズと全く同じ鉄骨構造を採用しています。耐震性、耐久性は高級モデルの「シンセ」シリーズと同等なのです。このトヨタホームの「LQ」ならば過剰なオプションを採用しなければ、十分に坪単価40万円台で、安心の鉄骨住宅が手に入るのです。

 

坪単価が40万円台で、鉄骨住宅の耐震性と安心感、大手ハウスメーカーの品質、長期保証制度などが得られるのなら、検討候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

まずは「LQ」の【資料請求】をしてみたいという方は、こちらからどうぞ!!

 

「LQ」の坪単価40万円台が気になる、確認したいという方は【見積もり】請求を!!

 

【公式】トヨタホーム「LQ」

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

【パナホーム】 全館空調エアロハスをカサートシリーズに拡張
新しい全館空調システム「エアロハス」をカサートシリーズに拡張!!
「カサートプレミアム」 特徴&ポイントをまとめました!
パナホームが2017年4月に発表した「カサート」シリーズの最高峰ライン「カサートプレミアム」をわかりやすくまとめました。
【パナホーム】 高価格の「カサートプレミアム」発表
パナホームは主力の「カサート」シリーズに、新たに高価格帯の「カサートプレミアム」を追加発表しました。
【パナホーム】 カサートの最上級モデル発表 坪単価110万円オーバー
鉄骨住宅「カサート」に「カサート こだわりの邸宅」う追加投入しました。様々なこだわりと邸宅デザインを追求した最上級モデルです。
【パナホーム】 子育て家族のための住まい カサートシェアデイズ
パナホームは、共働き・子育て家族向け住宅としてCASART『Share Days』(カサート シェアデイズ)』を2016年7月29日に発売します。
【パナホーム】 鉄骨9階建て『ビューノ 9』 発表
パナホームは工場で制作した建築部材を現場で組み立てる住宅(プレハブ工法・工業化住宅)として、業界初となる9階建てを可能にした重量鉄骨ラーメン構造の「Vieuno9(ビューノナイン)」を2017年1月に発売します。
【パナホーム】 木造プレミアムオーダーハウス『アーティム』新発売
鉄骨住宅専業のパナホームが、本格的に木造軸組住宅の扱いを開始します。富裕層をターゲットとしたプレミアムオーダーハウス「artim(アーティム)」を発表しました。
【パナホーム】と【パナソニック テクノストラクチャー】の違い
『パナホーム』と『パナソニック テクノストラクチャー』は、同じ「パナソニックグループ」の関連企業ですが、全く別のハウスメーカーです。
【パナホーム】 過去の不祥事
パナホームは、準耐火構造に適合する瓦ぶきの屋根の仕様で、型式部材等製造者の認証を受けていました。しかし実際には、瓦の代わりに太陽電池パネルを載せるなど、認定とは異なった仕様で建築していました。
【パナホーム】 新「カサート」発表
パナホームは、1963年の創業当初から空気の質にこだわり、「美しい空気と、くらす家」を追求してきました。今回、新発売するNEW『CASART』では、エコナビ搭載の換気システムで外気に含まれるPM2.5の浸入を防ぎ、室内で発生する揮発性有機化合物(VOC)濃度を国際的な基準以下に低減。
【パナホーム】 ZEH補助金 普及目標
パナソニックグループでは、太陽光発電システム、HEMS、蓄電池、その他電装部品など、ZEHを構成する住宅機器自体を製造及び販売しています。そのため、パナホームは住宅業界の中でも特にZEHの普及に向けては積極的なハウスメーカーです。
【パナホーム】 ゼロエコは未来仕様のZEH
『ゼロエコ』は、国が2020年までに標準的な新築住宅で実現を目指すZEHを先取りした未来標準の仕様。当社が独自に提案する「3つの未来標準」〔(1)「太陽光+蓄電システム」(2)「家まるごと断熱」+「エコナビ搭載換気システム HEPAプラス」(3)「スマートHEMS」+「プライベート・ビエラ」〕の採用により、平均的な太陽光発電システムの搭載量※2でネット・ゼロ・エネルギーを越えるくらしも実現可能となり、高い環境性能と経済性を両立しています。
【パナホーム】 関連動画
パナホームはプレハブ工法を得意としており、その構造の柔軟さから設計自由度がかなり高く、間取りも自由に選ぶことができます。都市部の狭小地において、足場を組まずに境界ぎりぎりまで建物を寄せて建てることができる点が大きな強みとなっています パナソニック系列のため、設備機器や電化製品をはじめとして、床やドア、建具などもグループ関連会社の製品でまとめることができるため、非常に割安感があります。
【パナホーム】 日本初!!住宅の空気清浄を実証
パナホーム(大阪府豊中市)は、戸建て住宅に採用しているオリジナル換気システムのPM2.5の除去性能について、慶應義塾大学の井上浩義教授と共同研究を実施したと発表した。 「エコナビ搭載換気システムHEPA+(プラス)」を採用した神奈川県内と福岡県内のパナホーム戸建て住宅各3邸で、約30日間PM2.5の室内濃度を測定。その結果、屋外濃度を100%とした場合、1階リビングでは約16%、2階居室では約5%まで濃度が低減することがわかった。
【パナホーム】 「女性目線」 「地震に強い」 ビューノ3階建発表!!
今回発表の『Vieuno(ビューノ)3s』の特徴は、なんといってもその高い耐震性です。住宅性能表示の構造等級3種類、倒壊等防止(耐震等級)、損傷防止(耐震等級)、耐風等級が最高等級の3-3-2を標準仕様としています。全てが最高等級なのです。簡単に言うと数百年に一度の大規模地震でも倒壊しない耐震性能ということなのです。
【パナホーム】の資料請求の注意点!!
パナホームの資料請求の際には注意してください!!公式HPよりもここで紹介している資料請求サイトの方が便利です!!
【パナホーム】 女性の感性に応える提案を盛り込んだ戸建住宅「CASART トキメキセレクション」を展開
パナホームはプレハブ工法を得意としており、その構造の柔軟さから設計自由度がかなり高く、間取りも自由に選ぶことができます。都市部の狭小地において、足場を組まずに境界ぎりぎりまで建物を寄せて建てることができる点が大きな強みとなっています パナソニック系列のため、設備機器や電化製品をはじめとして、床やドア、建具などもグループ関連会社の製品でまとめることができるため、非常に割安感があります。
【テクノストラクチャー】 平屋 3階建て リニューアル
パナソニックは独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を使った住宅プランを刷新した。平屋用のプランは独自の接合金具を使い、天井を最大約2.8メートル高くできる。1棟ごとに388項目(多雪地帯は440項目)の構造計算を実施し、安全性の高い建物にする。
パナホームとほかのハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。パナホームとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。パナホームとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特にトヨタホームは同じ価格帯であることから、よく比較されます。あとは、積水ハウス、セキスイハイム、ミサワホームなどがあります