【パナホーム】 女性がときめく!地震に強い!3階建新発表!

パナホームの3階建ビューノ

パナホーム 地震に強い女性目線の3階建『ビューノ 3s』

都市でくらす女性と家族がときめく3階建住宅『Vieuno3s(ビューノ スリーエス)』

(2016.4.21 / パナホーム公式プレスリリーズより転載)

http://www.panahome.jp/company/news/release/2016/0421.html 

 

パナホーム株式会社は、都市部で販売が好調な多層階住宅『Vieuno(ビューノ)』シリーズとして、都市でくらす女性と家族がときめく3階建住宅『Vieuno3s(ビューノ スリーエス)』を4月21日より新発売しまた。

 

あわせて首都圏に次ぐ3階建住宅の市場規模を持つ関西圏での普及拡大を目指し、5月17日に都市型多層階住宅の戦略営業拠点「Vieuno Plaza(ビューノプラザ)大阪」をオープン。商品力と販売力の両軸で3階建住宅のシェアアップを図ります。

 

パナホームでは2011年9月に発売した重量鉄骨構造の『Vieuno』を、首都圏をはじめとする全国の都市部で“多層階住宅”として積極的に展開。工業化住宅としては最高※1となる7階建まで建築可能な技術力や、東京、神奈川などを中心に展開する戦略営業拠点「Vieuno Plaza」でのコンサル提案力により、賃貸併用住宅などの4階建以上の受注を順調に伸ばしてきました。一方、3階建の市場に目を向けると、4階建以上の市場に比べ、約10倍以上(約34,000棟/年※2)のボリュームであることから、シェアアップを図るため、新商品『Vieuno3s』を投入します。

 

『Vieuno3s』は専用住宅、併用住宅としていかにお客様にとって魅力ある商品であるかに重点におき、さまざまな市場調査を繰り返し、開発してまいりました。今回、新たに、繰り返し地震に強い制震鉄骨構造を採用したほか、住まいの基本性能としてパナホームが追究し続けている「安心、快適、健康」の最新技術を結集。さらに「女性と家族のときめき」というコンセプトテーマでの3階建ならではのプランを多数ご用意。当社は、3階建でのシェアアップを目指します。

 

■ Vieuno3s特長
(1) 女性と家族がときめく「動線」「家事」「収納」プランを提案
(2) 住宅性能表示最高の構造等級「3−3−2」を標準仕様とし、最大の空間力を実現
(3) 多彩な屋根形状やシェードスクリーンで、個性的な3階建デザインを実現

 

商品名 『Vieuno3s』
発売日 2016年4月21日
構造 制震鉄骨軸組構造
参考価格 参考プラン 標準本体価格 4,480万円(消費税込)
販売地域 北海道および一部地域を除く全国
販売目標 初年度800棟(3階建)

 

※ 1:工業化住宅において。2015年3月時点・パナホーム調べ
※ 2:2014年度 国土交通省 建築着工統計調査資料

 

 

パナホームプレスリリーズより

http://www.panahome.jp/company/news/release/2016/0421.html 

『Vieuno3s』スペシャルサイト

『Vieuno Plaza大阪』紹介ページ

 

 

【パナホーム】の見積もり・資料請求はこちらから!!

鉄骨系ハウスメーカーの資料を一括請求!! 比較して選びましょう!!

 

 

数百年に一度の大地震でも倒壊しない家? パナホーム『ビューノ 3s』

今回発表の『Vieuno(ビューノ)3s』の特徴は、なんといってもその高い耐震性です。住宅性能表示の構造等級3種類、倒壊等防止(耐震等級)、損傷防止(耐震等級)、耐風等級が最高等級の3-3-2を標準仕様としています。全てが最高等級なのです。簡単に言うと数百年に一度の大規模地震でも倒壊しない耐震性能ということなのです。『Vieuno(ビューノ)3s』は、超高層ビルや大型構造物等で使用される座屈拘束の技術を、3階建住宅で初めて採用しました。、一般的に構造計算では評価しにくい【繰り返し地震に対する強さ】に関しても、優れた制震構造となっています。3階建ての住宅を検討するときに、耐震性を考慮して鉄骨住宅を選ぶ人が増えてきています。熊本地震もありましたので、ますます耐震性の高い鉄骨住宅に注目が集まっています。この『Vieuno(ビューノ)3s』であれば、地震の備えとしては申し分のない住宅ではないでしょうか。
ビューノは耐震等級3 

 

 

3階建なら鉄骨住宅? 鉄骨系メーカーが次々に新作発表!!

都市部における3階建の需要はますます大きくなっています。大手ハウスメーカー各社も昨年あたりから次々と3階建ての新商品を発表しています。住宅業界の表の流行は「スマートハウス」「ZEH」かもしれませんが、裏の流行は間違いなく「3階建」「平屋」「狭小」ではないでしょうか。本来、3階建あるいは4階建等の中層階市場には、大手ハウスメーカーよりも中小のハウスメーカーやパワービルダー、工務店がその市場を握っていました。そこに今後は大手ハウスメーカーが本腰を入れて参入していく状況になります。パナホームでも東京エリアに次いで大きな3階建市場である大阪エリアの開拓を目的に、「Vieuno Plaza大阪」を2016年5月17日に開設する予定です。

 

【ミサワホーム】重量鉄骨5階建モデルオープン

【テクノストラクチャー】3階建「STELLATRE(ステラトーレ)」発表

【積水ハウス】 『3階建て』で都市部シェア拡大を狙う

 

 

鉄骨系ハウスメーカーは軒並み60年保証!!

『Vieuno(ビューノ)3s』の保証に関しては、パナホームは「60年長期保証延長システム」を設定しています。業界トップクラスのこのシステムは、「構造耐力上主要な部分においては20年、雨水の浸入を防止する部分においては15年の初期保証に加え、所定の条件に基づき、引渡し後最長60年まで保証延長を行う。」となっています。60年保証と言うとトヨタホームを思い出しますが、最近は鉄骨系のハウスメーカーはどこのも軒並み60年保証を用意しています。木造在来工法のハウスメーカーではこのような長期保証延長制度はありません。これを見ても、鉄骨住宅は地震に強い・耐久性の高い住宅と言えるのではないでしょうか。

 

重量鉄骨を扱うハウスメーカー
●ヘーベルハウス
●積水ハウス
●ミサワホーム

 

 

女性と家族がときめく「動線」「家事」「収納」

今回発表の『Vieuno(ビューノ)3s』の開発にあたり、東京・名古屋・大阪在住の実際に3階建て住宅に住む女性約400人から意見を聞いて調査を行った。くらしを心地よくするための空間創りをモットーに「動線」「家事」「収納」にこだわりプラン開発した。やはり実際に住宅での主役は女性となります。特に3階建ては2階建てに比べて、ワンフロアー多いことで家事動線のロスにつながりやすい構造です。このあたりをうまくまとめて提案しているように感じられます。また、もちろんですが、外壁は人気の「キラテックタイル」を採用しています。

※トップクラスの美しさと耐久性「キラテックタイル」

 

 

重量鉄骨住宅『Vieuno(ビューノ)』 ネーミングの由来

【Vie】・・・・フランス語で「人生」
【View】・・・英語で「眺め」
【Uno】・・・・イタリア語で「1番」
を組み合わせた造語らしいのですが、少し無理があるような・・・・・

 

 

 

 

画像はパナホーム公式HP・プレスリリースより転載

2016.4.26 投稿

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク