ゼロエネルギー・ZEHは蓄電池でセキスイハイムがリード

セキスイハイムのゼロエネ住宅 

セキスイハイム 蓄電池で完全エネルギー自給自足を目指す!!

積水化学(セキスイハイム)、住宅ゼロエネ 蓄電池の設置進める

(2016年3月10日 / 日経メッセより転載)

 

 積水化学工業は9日、2017年以降に販売する住宅は原則としてエネルギー消費量が実質ゼロの「ゼロエネルギー住宅」にすると発表した。断熱性能を高め、太陽光発電設備や家庭用エネルギー管理システム(HEMS)を取り入れる。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は価格引き下げが続く。今後は高性能な蓄電池も備えた自給自足型に軸足を移す。

 

 ゼロエネ住宅は太陽光で作った電気量と消費する電気量の差がゼロである住宅をさす。余った電気を売っても、年間の太陽光発電量と消費量が同じであれば「ゼロ」とみなす。

 

 積水化学の太陽光発電設備とHEMSがある新築住宅のうち、14年中に入居した家庭でデータが取れた約3千戸でエネルギーゼロを達成したのは15年時点で59%。14年調査比で12ポイント上昇した。家の断熱や機器の性能が高まったためだ。

 

 積水化学は今後、蓄電池を備える住宅を強化する方針を示した。これまでは買い取り制度で売電収入を得られる点を訴求してきたが、今後も買い取り価格が下がる見通し。売電収入に頼ると設備導入費の回収期間が延びるため、蓄電池を使って夜間でも太陽光でつくった電気を消費するほうが利点が大きいとみている。蓄電池がなければ夜間は電力会社から電気を買う必要がある。

 

 停電時の生活の自衛にも役立つ。外部から充電できる「プラグインハイブリッド車(PHV)」にためる利用法も提案する。蓄電池の価格低減に注力し、現在は新築戸建ての約3割にすぎない蓄電池設置比率を引き上げる。

 

日経メッセより転載

https://messe.nikkei.co.jp/ac/news/133297.html

 

セキスイハイムの資料請求・見積もりはこちらから!!

 

 

光熱費ゼロは60%が達成 セキスイハイム

積水化学工業の住宅部門セキスイハイムは以前より「光熱費ゼロ」「エネルギー収支ゼロ」「電力不安ゼロ」の【エネルギーの自給自足】を掲げてきた。昨今はスマートハウス、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の急激な普及、そして政府からの強力な後押しもあり、この分野の需要はますます大きくなるばかりです。同じ時期に三井ホームも新しいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の新商品を発表しています。また、ZEH(ゼッチと読みます)という言葉もだんだんと普及しつつあります。実際のエネルギーの自給自足の0実績も向上しており、今回発表の2015年のデータでは約60%がゼロエネルギーを達成しています。今後さらに住宅の断熱効率、太陽光発電や蓄電池等の技術が進歩すれば、政府が目指している2020年時点でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の標準化という目標も夢ではありません。

【公式】スマートハイム - セキスイハイム

太陽光発電システムを載せるなら、つくった電気は上手に使いたいものです。セキスイハイムは「高気密・高断熱」、「蓄電システム(e-Pocket)※」、「コンサルティング HEMS」により、暮らしにムリなく省エネができます。

 

【スポンサードリンク】

 

※そのほかのセキスイハイムの動画  関連動画 1 関連動画 2

 

 

 

従来の半分の大きさで2倍の容量の蓄電池 セキスイハイム

積水化学工業は2013年にフィルム型リチウムイオン電池を開発しました。2015年にはリチウムイオン電池の開発を手掛けるエナックスを買収するなど事業化に向けた準備を進めてきた。蓄電池の技術では国内はもとより、世界でもトップにあると言ってもいいでしょう。積水化学工業は従来に比べて半分の大きさで、容量が2倍の蓄電池を先ごろ開発しました。この最新の蓄電池技術を子会社のセキスイハイムの住宅に2017年より応用します。

 

 

 

各ハウスメーカーのZEH住宅 『見積もり比較』してみませんか?

※こちらで各ハウスメーカーの「見積もり」がネットで簡単請求できます。各社のZEH住宅を比較してみませんか? もちろん積水ハウスも見積もり請求可能です!!

 

画像はセキスイハイム公式HPより引用

2016.4.1 投稿

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク