最高級木造住宅『シャーウッド グラヴィス・ステージ』発表

坪単価100万円 一億円以上の超高級な「シャーウッド」!!

最高級のシャーウッド

最高級木造住宅シャーウッド 「グラヴィス ステージ」

木造住宅「シャーウッド」の最高級モデル 『グラヴィス ステージ』を発売

 

2016.8.22 / 積水ハウスプレスリリースより転載

http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/1191891_1381.html 

 

積水ハウス株式会社は、8月22日(月)より、木造住宅「シャーウッド」の最高級商品「Gravis Stage(グラヴィス ステージ)」を発売いたします。 

 

木造住宅「シャーウッド」は、1995年の事業開始以来、高い耐震性と設計自由度を備え、木の質感と温もりを活かしながら、快適で安全・安心、健康的に暮らし続けることができる高品質な住まいと暮らしを提供してきました。「グラヴィス ステージ」は2002年より販売してきた商品ですが、「新しい日本の邸宅」をテーマとしたシャーウッドの最高級商品として新たに発売いたします。邸宅らしい優美で趣ある佇まい、新開発の「クリアビューデザイン」が内外一体となった心安らぐ上質で快適な空間、木質感あふれるデザイン等を提案し、お客様一人一人にとっての新しい日本の邸宅をデザインします。 

 

 

■新開発の 「クリアビューデザイン」で、上質で心地よい「新しい日本の邸宅」をデザイン

 

木造住宅「シャーウッド」は、高い耐震性能を確保しながら、大開口や広い無柱空間、大きな吹き抜け等による開放的で快適な暮らしを実現します。
 このたび、屋内外の天井面と床面の仕上げ材と高さを揃えるとともに、天井高と同じ高さのサッシを設置することで光や風、視線が透き通る、邸宅らしい空間デザイン「クリアビューデザイン」を新たに開発しました。緩やかに屋内外をつなぎ、開放的でありながらも、落ち着き、やすらぎ、木質感あふれる空間を演出します。また、「横格子ルーバーバルコニー」が、視線を遮りながら風や光を取り込み、心地よく快適な空間を創造します。
 「クリアビューデザイン」は、当社が独自に提唱する、古来から日本人に親しまれてきた縁側などの中間領域を現代風にアレンジすることで、自然との繋がりを感じながら、ゆったりと流れる時間を味わえる心地よい空間「スローリビング」をさらに深化させ、「新しい日本の邸宅」をデザインします。また、高い耐震性と設計自由度を備えた「シャーウッド」の強みを生かし、大開口による四季を感じる豊かな暮らしを楽しみながら、消費エネルギーを大幅に削減し、エネルギー収支ゼロを目指す、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)「グリーンファースト ゼロ」にも対応しています。 
クリアビューデザイン
シャーウッドの内装 

 

 

 

■水平ラインを強調するデザインや意匠性の高い外壁で、邸宅らしい優美で趣ある佇まいを演出

 

緩勾配の4寸屋根と横格子ルーバーバルコニーの意匠がゆったりと敷地に映え、伸びやかな水平ラインを強調します。1200mmを超える深い軒や、陶版外壁「ベルバーン」や自然石貼りによって、邸宅らしい陰影を備えた、優美で趣ある佇まいを演出します。陶版外壁「ベルバーン」は、工業製品として厳しい品質管理のもと生産され、優れた耐候性、耐震性、耐水性、防耐火性、 強度を誇ります。また、焼き物ならではの土の温かみや自然な風合いを表現する高い意匠性により、年月を重ねるごとに深みが増し、風格漂う外観が生まれます。焼き物のため色褪せず、塗り替えの必要も無く、長期にわたり美しさを保ちます。 
最高級シャーウッドの外観

 

 

木造住宅「シャーウッド」 /「Gravis Stage (グラヴィス ステージ) 」 の概要
構 造 シャーウッド構法(木造軸組)/戸建住宅
販売地域 全国(沖縄県を除く)
価格 3.3u当たり100万円から(本体のみ・税抜き)
発売日 2016年8月22日(月)
プラン 自由設計
販売等数 10棟/月

※住まいの夢工場 関東(茨城県古河市)で見学可能(完全予約制) 

 

 

以上ここまで、 積水ハウスプレスリリースより転載

http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/1191891_1381.html 

 

【PR】

積水ハウス「シャーウッド」の資料請求ならこちら!!

見積もり依頼も可能です!!

 

健康住宅、注文住宅なら世界で一番自然に近い家の無添加住宅。

 

 

 

積水ハウス 一億円のシャーウッドで富裕層にアプローチ

最高級なシャーウッドの室内

一億円以上!! 最高級シャーウッド『グラヴィス ステージ』

優美で趣のある佇まいの最高級『シャーウッド』

積水ハウスは木造住宅「シャーウッド」シリーズの最高級フラッグシップ商品「グラヴィス ステージ」を発売した。実は新発表ではなくて、2002年に発表している同商品に、新たな内装設計のコンセプトを追加し、新商品としてあらためて発売しました。
 開放的な邸宅らしさを演出する「クリアビューデザイン」を基本コンセプトに、新開発の部材の横格子ルーバーバルコニーによって、視線を遮りながら風や光を取り込む開放的な空間を実現する。それにあたり床から天井まで最大2メートル50センチの開放的な窓を新採用。この大きな窓は、新型サッシの採用と、鉄骨構造の壁面強度を向上させて実現可能にした。更には2メートルを越える軒にも対応可能だという。外観は、緩勾配の4寸屋根と、ルーバーバルコニー、1メートル20センチを越えるの深い軒によって伸びやかな水平ラインを強調し、オリジナル外壁材の陶板外壁「ベルバーン」と合わせてより一層、邸宅らしい陰影を備えた、優美で趣ある佇まいを演出します。
 価格は坪単価100万円を超え、1棟単価が1億円以上の受注を想定している。従来は設計自由度を重視して建築事務所やデザイナーで、建築していた本格的な富裕層にアピールしていくようです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

各ハウスメーカーは「富裕層の購買意識は高まっている」と判断!!

積水ハウスは、過去4年の間に6千万円以上の高額住宅の受注が、約2割伸びていると発表している。景気動向が低迷するなかでも、富裕層の購買意欲は高まっていると考えているようだ。今回発表のこの「グラヴィス ステージ」も坪単価はなんと100万円で、想定建築面積を90〜100坪と想定している。この条件で実際に建築すると軽く1億円はオーバーする豪邸となる。
 各ハウスメーカーが高額・高級商品のラインナップの向上を図っている。先日も同じ鉄骨系メーカーのパナホームが「カサート」シリーズの最上級モデル【CASART『こだわりの邸宅』】を発表した。こちらも坪単価110万円を越える設定になっている。更には、パナホームは木造住宅販売に本格的に乗り出し、そのフラッグシップモデルとしてプレミアムオーダーハウス「artim(アーティム)」を発表した。この「アーティム」も坪単価が130万円と高額設定だ。また、住友林業も先ごろ、高額価格帯のビッグフレーム工法に、トリプルガラスを新採用してZEH対応の拡大や設計の自由度高めるテコ入れを発表している。
 一般庶民の感覚では、景気が良くなったと実感できる人は少ないでしょう。しかしその様ななかでも、富裕層と呼ばれる方の収入は増えていると言われています。ハウスメーカーも従来は建築事務所やデザイナー、建築家に依頼して住宅を建てていた富裕層の取り込みを本格的に開始しました。平均的な2階建て住宅を購入するファミリー層が減っていく中、これまではターゲットとしていなかった層にもアプローチを始めています。

 

 

【スポンサードリンク】

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

新しい「イズ・シリーズ」 特徴&ポイントまとめました!
鉄骨住宅の「イズ・シリーズ」が新しくなりました。そんな「イズ・シリーズ」の特徴をわかりやすくまとめています。
【積水ハウス】 平成30年度ZEH補助金は××万円!!
積水ハウスの平成30年度(2018年度)の、ZEH住宅の補助金額は現状では決まっていません。予算が成立以降、正式な発表があるでしょう。
【積水ハウス】 ZEH住宅が既に7割強! 業界No.1
積水ハウスは2016年度のZEH普及実績が、74%と発表しました。
【積水ハウス】 鉄骨3〜4階建て住宅 新工法発表
鉄骨住宅の3〜 4階建ての「βシステム構法」を刷新して「フレキシブβ構法」を発表しました。
【積水ハウス】 新しい「イズ・シリーズ」 ZEHで大開口
鉄骨住宅の最高峰「イズ・シリーズ」に新構法を採用して、より開放的な間取りの実現と、ZEH性能を向上させてきました。
【積水ハウス】 新しいシャーウッド「グラヴィス リアン」
積水ハウス株式会社は、 木造住宅「シャーウッド」のさらなる強化・拡大に向け、 4月28日(木)より、「和」の住まいや文化を現代風デザインに表現し、モダンで日本的な外観や暮らしを提案する、「第一回ウッドデザイン賞」 優秀賞 林野庁長官賞 受賞記念商品「グラヴィス リアン(凛庵)」の販売を開始します。
【積水ハウス】 「シャーウッド」の集成材はシロアリに・・・
シャーウッドの集成材は「ホワイトウッド」を使っているので水に弱く腐りやすい。水に弱く腐りやすい木はシロアリにも弱いのです。ホワイトウッドはシロアリに弱い性質を持っていることは事実です。白アリの被害がほかの檜、杉、松などに比べて、とても早く進行することも確認されています。
シャーウッド 解説
シャーウッドは積水ハウスの木造住宅です。鉄骨住宅の経験とテクノロジーを木造軸組工法のシャーウッドに生かしています。こだわにの集成材や、壁内通気システム、土台を使わす、直接基礎と柱を繋ぐ独自の技術が特徴です。
【積水ハウス】 ZEHの補助金 普及目標
積水ハウスのZEH補助金は125万円です。ZEHの普及に前向きな積水ハウスは政府が定めた目標を前倒ししています。
【積水ハウス】 天井高を選べる 「シャーウッド」
積水ハウスは今回の増税対策に「シャーウッド」をメインで販売強化をするようです。この「シャーウッド」のウリは、天井高が自由に変更できる新技術です。大和ハウスの「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」もそうですが、今は高い天井が流行りのようです。天井の高さは10cm違うだけでも、空間のイメージ、開放感は大きく変わってきます。!
【積水ハウス】 関連動画
積水化学工業の住宅部門から独立してできた積水ハウスは、40年以上の長い実績を誇る老舗の大手ハウスメーカーです。商品のラインナップも豊富で、軽量鉄骨造、木造住宅、重量鉄骨造と施主のニーズに合わせた住宅を準備できるのも強みのひとつです。そのなかでも、木造住宅の「シャーウッド」が有名です。価格体系も坪単価50万円台〜80万円台程度まで幅広い商品を展開しています。高額商品も多い積水ハウスは「積水ハウス=高い」というイメージがとても強いのですが、意外とローコスト住宅も豊富にラインナップされています。
【積水ハウス】 複層真空ガラスを採用
積水ハウスは21日、2016年2月から新築の戸建て住宅で一般の複層ガラスの2.5倍の性能を持つ高断熱のガラスを採用すると発表した。室内の熱を外に逃がさないようにしてエアコンなど冷暖房機器の負荷を減らす。高断熱ガラスの採用で新築戸建ての省エネルギーを進める。
【積水ハウス】 築53年の「セキスイハウスA型」が文化財登録
1963年、軽井沢の別荘地に建てられ、1971年以降山崎家及び臼井家が所有し、主に避暑を目的とした別荘として現在まで53年にわたり使用されています。現在住宅産業をけん引しているプレハブ住宅(主に構造体や外装材などを工場で生産することで高い品質を確保し、現地で組み立てる住宅)は、1960年頃から本格的に開発、販売が始まりました。当初は勉強部屋のような付属建築物がほとんどでしたが、このセキスイハウスA型は、部屋だけでなく水周り設備を備えており、「国産工業化住宅」の第一号と言えます。
【積水ハウス】 3階建て・建て替えの需要掘り起こし
大手プレハブ住宅メーカーが、都心部で戸建て住宅の販売体制を強化する。積水化学工業は狭小地対応型の3階建て商品を開発し、地方に比べて弱い都心部でのてこ入れを図る。積水ハウスは建物の高さ制限が厳しい市街地でも対応しやすい設計システムで差別化を図り、受注拡大につなげる。
「積水ハウスの坪単価は高い!」と、思ってあきらめている方へ!!
積水ハウスには、確かに坪単価が高い、高価な住宅もありますが、そうでもない意外とリーズナブルな住宅もあります。
ネットにある「積水ハウス」の坪単価は本当なのか?
インターネット上にある積水ハウスの坪単価の情報は本当なのでしょうか?
積水ハウスと他のハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。セキスイハイムとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。セキスイハイムとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特に積水ハウスの「イズ」シリーズや、ミサワホームの「ハイブリッド」シリーズとよく比較されます。あとは、トヨタホーム、パナホームなどがあります。