積水ハウスの3階建て・建て替え

スポンサードリンク

積水ハウス  『3階建て』で都市部需要を掘り起こし

積水ハウスのシャーウッド内装

積水ハウスHPより

 

積水ハウスも狙いは都市部での需要 3階建て商品開発

大手住宅メーカー、都心部で戸建て販売体制強化

(Yahooニュース抜粋引用)

 

大手プレハブ住宅メーカーが、都心部で戸建て住宅の販売体制を強化する。積水化学工業は狭小地対応型の3階建て商品を開発し、地方に比べて弱い都心部でのてこ入れを図る。積水ハウスは建物の高さ制限が厳しい市街地でも対応しやすい設計システムで差別化を図り、受注拡大につなげる。都心部には、株高などで資産が増えた富裕層による建て替えなどの購入意欲は根強いものの、2017年4月の消費税再増税の影響で今年10月以降は戸建て市場が落ち込むのは必至。各社は都心部への攻勢をかけることで、収益基盤を固める考えだ。

 

こうした中、積水化学の高下貞二社長は「東京、大阪、名古屋の3大都市圏はまだまだ伸びる余地がある」と指摘する。都心部への人口集中が進み、高額所得者層も増えてくるためで、建て替えをはじめとした潜在需要をいかに掘り起こせるかが課題となる。

 

 工場で住宅部材の大半を生産し現場で組み立てるという、ユニット住宅を主力とする積水化学は、その特性を生かし敷地の広い地方都市で強みを発揮している。これに対し、都心部は敷地が狭小なため「シェアは地方で上位を占めているが、都市部は芳しくない」(高下社長)のが現状だ。このため全国で一律的な商品を供給するという従来戦略から脱皮。3階建ての都心部専用住宅を開発・投入する新戦略を展開することで、シェア拡大を図る。

 

 積水ハウスが都心部攻勢の中核商品として位置付けるのが、木造住宅、シャーウッドの「グラヴィス・ヴィラ」。特徴は部屋ごとの天井高を自由に変更できる新技術「マルチレイヤーシステム」で、「かなり自由度の高い設計が可能となる点」(阿部俊則社長)だ。

 

積水ハウスのマルチレイヤーシステム 

 

Yahooニュース抜粋引用

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160111-00000000-biz_fsi-n

 

 

積水ハウス 『3階建て』で都市部シェア拡大を狙う

積水ハウスの都市部3階建て

 積水ハウスもまた、『3階建て』『狭小』に力を入れてきた。リリースにもあるように、従来積水ハウスは地方都市では大きなシェアを保っているものの、都市部や、住宅密集地域では著しくない。それらの地域ではパナホームやヘーベルハウス、ミサワホームにそのシェアを完全に奪われている。ここ最近の大手ハウスメーカーの『3階建て』『狭小』というニッチなジャンルへの攻勢が目立つ。市場シェアの縮小を考慮し、今まで本腰を入れて営業展開してこなかったジャンルへのテコ入れなのでしょう。年明けにはミサワホームも東京板橋の展示場に、都市部狭小地向けの5階建てのモデルルームを公開して、都市部・狭小のシェア拡大を狙っている。さらに元々そういったエリアに強いヘーベルハウスも『3階建て』『2世帯住宅』などの都市部・狭小向け商品の更なる充実を図っている。

 

【都市部・3階建てに強いハウスメーカー】
 ・パナホーム  (重量鉄骨)
 ・ヘーベルハウス(重量鉄骨 へーベル)
 ・ミサワホーム (重量鉄骨)

 


 

建て替えも新たな需要

 また、今後は『建て替え』も新たな需要として、ハウスメーカーは大切にしていかないといけないジャンルでしょう。都市部での建て替えとなると、いろいろな制約が出てくることは想像がつきます。設計上の制約、施工上の制約、関係法令上の制約など。こういった制約を巧みに解決して、高品質な住宅を提供していかなければならないでしょう。また、それに呼応して各社の商品性能の向上も不可欠でしょう。防火性能の向上や、3階建て、4階建てと、高層化に伴う構造強度の向上等があるでしょう。

 

【積水ハウスと同じユニット住宅】
大和ハウス パナホーム トヨタホーム ミサワホーム セキスイハイム ヘーベルハウス

 

 

関連ページ

新しい「イズ・シリーズ」 特徴&ポイントまとめました!
鉄骨住宅の「イズ・シリーズ」が新しくなりました。そんな「イズ・シリーズ」の特徴をわかりやすくまとめています。
【積水ハウス】 ZEH住宅が既に7割強! 業界No.1
積水ハウスは2016年度のZEH普及実績が、74%と発表しました。
【積水ハウス】 新しい「イズ・シリーズ」 ZEHで大開口
鉄骨住宅の最高峰「イズ・シリーズ」に新構法を採用して、より開放的な間取りの実現と、ZEH性能を向上させてきました。
【積水ハウス】 木造住宅「シャーウッド」最高級モデル発表
積水ハウスは木造住宅「シャーウッド」シリーズの最高級フラッグシップ商品「グラヴィス ステージ」を発売した。実は新発表ではなくて、2002年に発表している同商品に、新たな内装設計のコンセプトを追加し、新商品としてあらためて発売しました。
【積水ハウス】 新しいシャーウッド「グラヴィス リアン」
積水ハウス株式会社は、 木造住宅「シャーウッド」のさらなる強化・拡大に向け、 4月28日(木)より、「和」の住まいや文化を現代風デザインに表現し、モダンで日本的な外観や暮らしを提案する、「第一回ウッドデザイン賞」 優秀賞 林野庁長官賞 受賞記念商品「グラヴィス リアン(凛庵)」の販売を開始します。
【積水ハウス】 「シャーウッド」の集成材はシロアリに・・・
シャーウッドの集成材は「ホワイトウッド」を使っているので水に弱く腐りやすい。水に弱く腐りやすい木はシロアリにも弱いのです。ホワイトウッドはシロアリに弱い性質を持っていることは事実です。白アリの被害がほかの檜、杉、松などに比べて、とても早く進行することも確認されています。
シャーウッド 解説
シャーウッドは積水ハウスの木造住宅です。鉄骨住宅の経験とテクノロジーを木造軸組工法のシャーウッドに生かしています。こだわにの集成材や、壁内通気システム、土台を使わす、直接基礎と柱を繋ぐ独自の技術が特徴です。
【積水ハウス】 ZEHの補助金 普及目標
積水ハウスのZEH補助金は125万円です。ZEHの普及に前向きな積水ハウスは政府が定めた目標を前倒ししています。
【積水ハウス】 天井高を選べる 「シャーウッド」
積水ハウスは今回の増税対策に「シャーウッド」をメインで販売強化をするようです。この「シャーウッド」のウリは、天井高が自由に変更できる新技術です。大和ハウスの「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」もそうですが、今は高い天井が流行りのようです。天井の高さは10cm違うだけでも、空間のイメージ、開放感は大きく変わってきます。!
【積水ハウス】 関連動画
積水化学工業の住宅部門から独立してできた積水ハウスは、40年以上の長い実績を誇る老舗の大手ハウスメーカーです。商品のラインナップも豊富で、軽量鉄骨造、木造住宅、重量鉄骨造と施主のニーズに合わせた住宅を準備できるのも強みのひとつです。そのなかでも、木造住宅の「シャーウッド」が有名です。価格体系も坪単価50万円台〜80万円台程度まで幅広い商品を展開しています。高額商品も多い積水ハウスは「積水ハウス=高い」というイメージがとても強いのですが、意外とローコスト住宅も豊富にラインナップされています。
【積水ハウス】 複層真空ガラスを採用
積水ハウスは21日、2016年2月から新築の戸建て住宅で一般の複層ガラスの2.5倍の性能を持つ高断熱のガラスを採用すると発表した。室内の熱を外に逃がさないようにしてエアコンなど冷暖房機器の負荷を減らす。高断熱ガラスの採用で新築戸建ての省エネルギーを進める。
【積水ハウス】 築53年の「セキスイハウスA型」が文化財登録
1963年、軽井沢の別荘地に建てられ、1971年以降山崎家及び臼井家が所有し、主に避暑を目的とした別荘として現在まで53年にわたり使用されています。現在住宅産業をけん引しているプレハブ住宅(主に構造体や外装材などを工場で生産することで高い品質を確保し、現地で組み立てる住宅)は、1960年頃から本格的に開発、販売が始まりました。当初は勉強部屋のような付属建築物がほとんどでしたが、このセキスイハウスA型は、部屋だけでなく水周り設備を備えており、「国産工業化住宅」の第一号と言えます。
積水ハウスと他のハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。セキスイハイムとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。セキスイハイムとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特に積水ハウスの「イズ」シリーズや、ミサワホームの「ハイブリッド」シリーズとよく比較されます。あとは、トヨタホーム、パナホームなどがあります。