賢い資料請求は一括請求

スポンサードリンク

資料請求のポイント

住宅展示場

住宅展示場やモデルハウスに行けば「資料」はもらえます。しかしその資料は非常に簡易的で、それこそインターネット上のホームページに乗っているようなことしか、記載されていないことがほとんどなのです。また住宅展示場で資料をもらうためには、アンケートに記入する必要があります。また、営業マンによる説明を長々と聞かないといけません。展示場に入っていきなり「資料をください!!」といっても、そう簡単にはくれません。仮に資料をくれたとしても、簡易的なもしかくれない場合がほとんどです。展示場でじっくりと話を聞いてからでないと、詳しくわかりやすい資料はくれないものです。しか、展示場やモデルハウスを一件、一件廻って資料を集めることは大変な作業になります。5社、6社と集めるとなると、大切な休日を2、3日も割かないといけません。

 

こうなると簡単に、しかも複数社の資料をどうにかして集めたいものです。

 

 

たくさんの資料があると、細かい比較検討ができる

住宅選び2

ハウスメーカー、工務店の選定方法は消去法が良いと言われています。住宅会社というのはとてもにたくさんあり、全ての会社の特徴や価格を細やかに比較することは不可能でしょう。そのため、ある程度「これはダメだ」「これはイヤだ」「これはあわない」と思ったものを、上手に切り捨てていかなければなりません。そこで気になる業者の資料を一括請求してスムーズに比較検討しましょう。

 

 

資料には「価格の表示」はない

住宅展示場でもらえる一般的な資料には「価格の表示」はないものと考えてよいでしょう。格安のローコストメーカーであれば、もちろん低価格がウリなので、打ち出しているケースもありますが、あくまでもそれは「最低価格」なのです。実際に住宅会社を絞り、詳しい打ち合わせになると、あれやこれやとオプションやグレードアップで価格は跳ね上がります。そのため、資料請求をした段階では、得意とする施工法や特徴、大きくアピールしている設備機器などに焦点を絞って見比べる方が効果的です。

 

 

しかし、「見積もり」が請求できるサイトもあります!

 

 

一括請求で時間と労力の節約

最近の資料請求サイトは、業者ごとにそれぞれ個別に請求する必要はありません。一度の入力で複数の住宅会社からまとめて資料請求出来るので、時間と労力のムダを省くことができます。各業者のホームページなどを一件ずつ見て、一社ごとに資料請求していたのでは、時間も手間もかかりすぎてしまいます。今は、インターネットで複数の業者の資料を一括資料請求できるサイトがあります。1回のかんたん入力で、複数の優良業者から楽々資料請求が可能なのです。

 

施工業者選定で多くの時間と労力をかけることなく、スムーズにインターネットを活用して、短時間でたくさんの資料を集め比較検討しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク