住友林業のZEH補助金【平成30年】

スポンサードリンク

ZEH補助金 積水

 

ビッグフレーム構法が人気の「住友林業」でZEH仕様の住宅を建てると、国からZEH住宅の補助金を受給することができます。補助金を管轄する『一般社団法人 環境共創イニシアチブ』の審査に合格すれば、一定額の補助金を受け取る事ができるのです。平成30年度(2018年)の「住友林業」のZEH住宅の補助金額は、今(平成30年2月4日)のところは、正式決定していません。補助金を受給することは間違いなく出来るでしょうが、肝心の補助金の金額は決まっていないのです。

 

 

「住友林業」の平成30年度 ZEH住宅の補助金

 

 

現段階では、未定!!

 

 

 

 

 

予想では現状維持の75万円? 住友林業のZEH補助金

現段階では、あくまでも昨年の概算要求を元に政府予算が決定しているだけなので、現在開催中の国会で議決されないと、予算実行はされません。予算実行されなければ、ZEH住宅の補助金額も正式に決まらないのです。ですから昨年の概算要求の額から予測するしかありませんが、それで言えば、予算規模は昨年とほぼ同じだったので、昨年(平成29年度)と同等の補助金が支給されると考えて良いでしょう。多くの専門家の意見もそのようになっています。もちろんこのZEH住宅の補助金は、住友林業以外の他のハウスメーカーでも受給が可能となっています。

 

 

 

「住友林業」の平成30年度 ZEH住宅の補助金

 

 

75万円 (予想)

 

 

 

 

 

一般社団法人 環境共創イニシアチブ

2018.2.4 投稿

関連ページ

【住友林業】 「ビッグフレーム(BF)構法」が売れている4つの理由
『ビッグフレーム構法(BF構法)』は2005年2月の発売以来、11年間で累計20,732棟も販売されています。(2015年度末現在)発表当時は日本初の「木質梁勝ちラーメン構造」ということで大きな反響となりました。
【住友林業】 「グリーンスマート」で国が進めるZEHの対応を加速
「グリーンスマート」の設備・仕様面での更なる性能向上を図り、国が推進するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への対応を加速します。
【住友林業】 関連動画
住友林業は、「住友林業の家」ブランドでかつては伝統的な木造軸組工法が中心でしたが、最近ではその木造軸組工法を進化させた「ビッグフレーム構法」や「マルチバランス構法」などの先進的な木造住宅を提供している我国を代表するトップハウスメーカーです。
【住友林業】 ZEHの補助金&普及目標
住友林業のZEH住宅の補助金は125万円です。
【住友林業】 ビッグフレーム構法
ビッグフレーム構法は、日本で初めて梁勝ちラーメン構造を木造住宅で実現した構法です。主要構造材に独自に開発したビッグコラム(大断面集成柱)を使用。接合部は金属相互を直接結合するメタルタッチ接合を採用。優れた耐震性を確保しながら、設計の自由度を飛躍的に高めています。
高い耐震性能 マルチバランス構法
住友林業の「マルチバランス(MB)構法」は、日本の伝統的な木造軸組構法に最新建築技術と住友林業独自のテクノロジーを融合させた構法です。高品質の集成材「スーパー檜」、面として強度を発揮する「きづれパネル」、優れた耐震性を発揮する「地震エネルギー吸収パネル」などを用いて、木造軸組構法の構造強度をさらに高めたものです。
【住友林業】vs 他のハウスメーカー  見積もり比較!!
【住友林業】と、よく比較される「積水ハウス」「ダイワハウス」「セキスイハイム」「パナホーム」の見積もりを簡単に一括で請求できるサイトをご紹介します。それは「タウンライフ」です!!「タウンライフ」の優れている点は、見積もり・間取り・土地の3つを提案してくれるところです。