住友林業は木の家が得意な大手ハウスメーカー

スポンサードリンク

『住友林業』 木造住宅のトップ企業  高価格・高品質

住友林業は、その名の通り「木に通じたハウスメーカー」です。住友グループの中で植林事業から派生した住宅会社で、日本国土の山地を有する“大地主”でもあります。このことから、大手ハウスメーカーでは珍しく、木の家に強いという面を持っています。社名からもわかる通り、木造軸組工法を主力としています。伝統的な木の家の良さと、現代のニーズにマッチした家づくりを得意とする大手ハウスメーカーです。
住友林業の木の家 

住友林業HPより

【住友林業】 高いが、良い家

ビックフレーム工法など、木造から鉄骨造まで幅広く

ビッグフレーム構法やマルチバランス構法、ツーバーフォー構法の注文住宅を手がけており、「住友林業=木の家」という評判が高いほど、木造のイメージが定着していますが、木造も鉄骨造も様々な種類の商品が用意されています。デザインも、伝統的な和風スタイルから欧米スタイルまで、柔軟に対応しています。

敷地調査は有料

また、間取りの提案にこだわりを持っているため、敷地調査の段階で調査費がかかるかわりに、契約前から設計担当者やインテリアコーディネーターが営業活動に同行し、具体的な設計を行うことが特徴です。

会社名 住友林業株式会社
設立日 1948年2月20日
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目3番2号
事業内容

注文住宅事業、木材建材事業、山林事業、リフォーム事業、
賃貸住宅事業、分譲住宅事業、海外事業など

売上高 4308億円  8452億円(連結) 
年間着工数 約10000戸
総販売棟数 9253棟(戸建てのみ)
坪単価 80〜90万円
営業エリア 沖縄を除く全国
公式サイト http://sfc.jp/
主な関連会社

住友林業ホームサービス、住友林業レジデンシャル、
住友林業ホームテック、住友林業緑化、住友林業クレストなど

注文住宅の相場 【かんたん入力3分!!】大手ハウスメーカーの注文住宅費用を簡単見積もり【無料!!】

 

主な商品ラインナップ

住友林業の構法は大きく分けて3つにわかれています。全て木造です。
■ビッグフレーム構法(木質ラーメン梁勝ち構造)
■マルチバランス構法(木造軸組構造)
■ツーバイフォー構法

ビッグフレーム構法  「BF-si」「BF-耐火」 など
マルチバランス構法 「マイフォレスト」 など
ツーバイフォー工法 「ノスタルジア」 など
スマートハウス仕様 「スマートソラボ」 など

 

※「ビッグフレーム構法」の詳しい解説はこちら

※「マルチバランス構法」の詳しい解説はこちら

 

■住友林業はこれらの鉄骨系ハウスメーカーとよく比較されます
ビッグフレーム構法、マルチバランス構法は木造でありながら、鉄骨構造並みの強度を持つことから、以下のハウスメーカーとよく比較されます。
積水ハウス(鉄骨&木造)
ミサワホーム(鉄骨&木造)
ダイワハウス(鉄骨)
ヘーベルハウス(鉄骨)

【スポンサードリンク】

 

 

 

住友林業について知っておきたいポイント

「木に通じたハウスメーカー」木造住宅のトップブランド

住友林業は、伝統的な木造軸組住宅を中心に供給してきた木造住宅の分野のトップ住宅企業で、最大規模のハウスメーカーです。「住友林業の家」ブランドで住宅供給を展開しています。その特徴は、木の特性を深く理解し自然環境との調和など環境に優しい住まいづくりを得意としていることです。最近は木造技術をさらに進化させた「ビッグフレーム構法」に力を入れるなど、木造住宅の分野で革新的な技術力を発揮しています。

 

豊富な自社保有林を活かした木造建築のトップメーカー

「住友林業=木の家」というイメージを全面に打ち出している住友林業。豊富な自社保有林を活かした、国産木材をふんだんに使った、自然と調和した木のぬくもりのある家が希望の方にとっては憧れのトップハウスメーカーです。。マルチバランス、ビッグフレーム、ツーバイフォーの3つの工法から、好きなブランドをセレクトするシステムをとっています。これらはどんな宅地にもフィットする対応力、柔軟力の高さも大きな魅力のひとつです。

 

高価・高品質  そのぶん設計自由度はバツグン

住友林業の評価は「木をふんだんに使ったいい家=高い」と高級住宅のイメージが強いのが特徴です。実際に高価で高品質な家であることは間違いないでしょう。また、社内に一級建築士を多数擁していることにも注目です。顧客の様々なリクエスト、要望に柔軟に対応できる体制を整えています。デザインや間取り、設備まで設計の自由度は業界ナンバーワンといっても過言ではないでしょう。ですから有名人や経営者などの家を手がけていることも有名です。「とても高いけど、とてもいい家が建つ」という声をよく耳にします。

 

本気の顧客に真剣に向き合う親切営業

住友林業は敷地調査に5万円の費用が必要になります。なんと有償なのです。ほかのハウスメーカーは皆、無償で敷地調査を行っています。この段階である程度「住友林業で」と決めている方ではないと、尻込みするでしょう。様々な関連サービスをタダにしてお客様に擦り寄っていくスタイルではなく、プライドと誇りを持った営業スタイルなのです。実際に施主に寄り添って二人三脚で伴奏するような丁寧な営業だと定評があります。

 

山林事業・木材商社事業がベース

住友林業は住宅会社としてだけでなく、木材商社事業や山林事業といった「木」を扱う企業として大きな実績と知名度を持つ企業です。つまり、木を育てることから木材の調達、加工、さらには住宅供給に至るあらゆる知識とノウハウを有する総合企業というのが、他のハウスメーカーにはない大きな特徴です。営業担当者も木に対する知識や愛着は、大手ハウスメーカーの中でも一番ではないでしょうか。住友林業の創業は1691年(元禄4年)。愛媛県にある「別子銅山」(住友家が開発)の経営がそもそもの起源と言われています。実は300年以上の歴史を有する我が国でも最も古い企業の一つといえます。

 

注文住宅の相場PR
【簡単入力3分!!】大手ハウスメーカーの注文住宅費用を簡単見積もり【無料!!】

 

 

『ビッグフレーム構法』解説動画
これを見ると、ビッグフレーム構法のことがよくわかります!!

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

住友林業の値引きは可能なのか?

人生の中で最も高い買い物と言える「マイホーム」できれば少しでも安く建てたいと思うものです。値引きしてもらえると嬉しいですね。
しかしどのように交渉すれば値引きしてもらえるのでしょうか?
住友林業は値引きをしてくれるのでしょうか?
答えは「してくれる!!」です。
金額に差はありますが、どの住宅会社も交渉次第では値引きは可能なのです。では、値引き交渉の大きなポイントとは何なんでしょう?それは、「他社と競合させること」なのです。

 

例えば車を購入するときは、必ず他メーカーの同クラス車種を引き合いに、価格交渉をするはずです。電化製品などもしかりです。もちろん家に関しても同じことが言えます。はっきりと言いましょう。売り手側が一番イヤだと思うことは、他と比較されることなのです。すなわち、自分が希望する住宅会社のことはもちろんのこと、ほかの複数の住宅会社の情報も持ち合わせていなければ、「競合」させられないのです。ほかの住宅会社には全く興味がないと言って、情報を収集しないことは絶対にしてはいけません。1社しか知らなければ、比較のしようがありませんし、値引き交渉の材料がありません。
再度言います。
値引き交渉のポイント「競合」させるには複数の住宅会社の情報が必要なのです。 

 

それでは、複数の住宅会社の情報を簡単に一括で収集できる方法をお教えしましょう。
それは、
「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」です。
簡単な入力で、ハウスメーカーや工務店の間取りプランや見積りなども、無料でもらえるのです。しかも一回の入力で複数の住宅会社から、一括で資料請求出来るのです。気になる住宅会社の資料を集めて、値引き交渉のネタにしてください。もちろん値引き交渉だけではなく、失敗のない住宅会社選びの資料ともなりますので、
是非、活用してください。

「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」のポイント

かんたん入力
複数の住宅会社から一括請求
完全無料

 

一括資料請求「タウンライフ」はこちらから▼▼▼

無料なので安心して活用してください!!

「知らなかった」では済まされない、大きな買い物です!!!

そのほかの大手ハウスメーカーの詳細はこちら!!
■積水ハウス【シャーウッド】
■大和ハウス【外貼り断熱 ジーヴォ】
■ミサワホーム【蔵のある家】
■住友林業【住友林業の家】
■セキスイハイム【床下蓄熱暖 あったかハイム】
■三井ホーム【ツーバイフォーNo.1】
■ヘーベルハウス【鬼怒川決壊でも流されない】
■パナホーム【Fujisawaサスティナブル・スマートタウン】
■トヨタホーム【トヨタグループの技術力】
■タマホーム【安いだけじゃない】

 

2016.3.9 加筆