土地の所有者調べる方法

不動産の所有者を知る方法

登記簿謄本と所有者 

 

土地や建物の所有者は簡単に知ることが出来るのです。管轄の法務局では、不動産の登記簿謄本を確認できます。その登記簿には土地や建物の所有者の名前や住所が書いてあります。しかも誰でもお金を払えば閲覧が可能なのです。個人情報の取り扱いに非常に厳しいこのご時世に、いとも簡単に所有者の名前や住所がわかってしまうのです。しかし、登記簿謄本はその不動産の所有権を公に知らしめる目的があるのです。言い方を変えれば見てもらうためのものなのです。「この不動産は私のもです。」と権利を主張するものなのです。

 

toukibotouhonn mikata

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

登記簿謄本の取り方

1.まず、調べたい土地の番地を確認しておきます。

 

2.管轄の法務局に行きます。

 

3.公図を請求する
  法務局にブルーマップというファイルにとじられた、厚い地図が備え付けられて
  いるので、目的の付近の地番を見つけそこの公図を請求する。(1部500円)

 

4.登記簿謄本を請求する
  公図を受け取ったら、目的の地番を確定し、あらためて土地の登記簿謄本を
  請求する。(土地1筆につき1000円)

 

土地についての詳しい情報が書かれています。権利欄に甲区という項目があります。その中に所有者の住所、名前の記載があります。

 

詳しくは 「謄本の見方」

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク