「耐震」「免震」「制振」とは 技術は 違いは

スポンサードリンク

ハウスメーカーの「耐震」「免震」「制震」の違い

ハウスメーカーのカタログやホームページなどには耐震構造や耐震住宅などの言葉が並んでいます。一方免震や制震という言葉もよく聞きます。「耐震」「免震」「制震」は、よく似た言葉ですが、正確には区別して使われています。

 

耐震・免震の比較 

 

耐震、免震、制震言葉の定義

耐震構造

建物自体を強くして地震に耐えようとする構造

壁や柱などの主要構造体を強化したり、補強材を入れることで建物自体を堅くして地震の揺れに対抗する。耐震方式によっては、一度目の強い揺れに対して強度を保てても、二度目の揺れには耐えられないこともあります。強い地震にあった後はその都度、住宅補修などが必要です。

 

免震構造

装置を用いて地震の揺れをかわそうとする構造

住宅の基礎と建物の間に免震装置(ローラーやゴム)を挟んだり、屋上に免震装置などを置いて地震の揺れを抑えたり、揺れを建物に伝えない装置を備えた住宅。揺れそのものが小さくなるので、建物だけでなく家財の被害も抑えられるのが特徴です。ただし、設置費用が高く、強い地盤が必要などの条件があります。

 

制震構造

装置を用いて地震の揺れを建物内で吸収しようとする構造

建物に粘りをもたせて振動を抑える。ダンパーや大型の制振ゴムなどの振動軽減装置を用いて、地震のエネルギーを吸収する住宅。免震住宅よりも設置費用が割安で、耐震住宅のように一度の強い揺れでも壊れにくく、数回の揺れに対しても耐震強度が落ちないなどの特徴があります。

 

スポンサードリンク