ZEH補助金対象の「大安心の家ZERO]

スポンサードリンク

タマホームのZEH(ゼッチ)「大安心の家ZERO」は安い!!

大安心の家ゼロ

タマホームのZEH補助金対象「大安心の家ZERO」の特徴は?

〜高性能と低価格でエネルギー収支ゼロを実現〜             「大安心の家 ZERO」(ゼロ) 発売

(2016.4.28 / タマホーム公式プレスリリースより転載)

http://www.tamahome.jp/qkeioebqx4/wp-content/uploads/2016/04/20160428.pdf 

 

タマホーム株式会社は2016年4月29日、主力商品である木造戸建住宅「大安心の家」シリーズにネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Z EH)に対応した「大安心の家 ZERO」(ゼロ)を新たに加え商品ラインナップを拡大します。

 

 

商品特徴

■主力商品である「大安心の家」をベースに年間のエネルギー収支ゼロを
 実現した住宅
■当社独自の太陽光パネルと蓄電池の「リース&レンタルサービス」との
 組み合わせが可能
■ZEHに対応した高性能住宅でありながら、価格を抑えた商品設定を実現
■H28年度ZEH補助金要件に適応

 

大安心の家ZERO 

 

【一次エネルギー消費量収支ゼロを低価格で実現】

「大安心の家 ZERO」は、大安心の家をベースに、住宅の高断熱化・高効 率設備の搭載・太陽光発電システムの搭載により、年間の一次エネルギー消費 量の収支をおおむねゼロとすることで環境と家計に配慮した住宅です。大安心の家の躯体をそのままに、建物の熱損失が最も大きい開口部の断熱性能をグレードアップすることで、低価格と高性能を両立させました。

 

【省エネ効果の高い設備機器を標準搭載】

設備機器は省エネ効果の高い高効率エアコン・高効率エコキュート・全室LED照明を標準搭載するこ とで、ZEHにおける一次エネルギー消費量の削減目標を大幅にクリアしており、一般的な35坪程度の 住宅の場合4.0〜5.0kWの太陽光発電システム搭載で、エネルギー収支ゼロを可能にしました。さらにHEMSと計測分電盤を組み合わせるこ とで、家庭での電気使用量と発電量を「見える化」 し、省エネへの意識づけに貢献します。また、当社独自の太陽光パネルと蓄電池を組み 合わせた「リース&レンタルサービス」を利用す ることで、設備にかかるイニシャルコストが抑え られるだけでなく、家庭のエネルギーを自給自足 できるので、より快適な生活が実現できます。万 が一の災害時にも蓄電池に貯めた電気を一時的に利用できるので安心です。

 

【当社の取り組み】

2015年12月に政府より、「2020年までに新設する住宅の過半数をZEHとする」という政策目 標が発表されました。当社においても、2020年度までに年間販売棟数の50%以上をZEHとする段 階的な目標を掲げ、普及に対して積極的に取り組んでまいります。
■タマホームZEH販売目標

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
2% 5% 15% 30% 50%

スポンサードリンク

 

■商品概要

商品名 大安心の家 ZERO(ゼロ)
発売日 2016年4月29日
構造 工法 木造在来軸組工法
販売エリア 断熱区分 4・5・6・7 地域
価格

 

参考価格1660万円(税抜)
(施工面積 36 坪/太陽光発電 4.5kW 搭載)
(東京 23 区の場合)

【PR】 大手ハウスメーカー比較ならこちらが便利!!

 

タマホーム公式プレスリリースより

http://www.tamahome.jp/qkeioebqx4/wp-content/uploads/2016/04/20160428.pdf

 

 

 

各ハウスメーカーのZEH住宅 『見積もり比較』してみませんか?

※こちらで各ハウスメーカーの「見積もり」をネットで簡単請求できます。各社のZEH住宅を比較してみませんか? もちろんタマホームも見積もり請求可能です!!

 

 

 

ZEH補助金対象!!「大安心の家ZERO」

タマホームの大好評シリーズ「大安心の家」に、プレミアムに続いて【ZERO】が発表されました。低価格で高品質の「大安心の家」シリーズZEH版です。4月4日にZEHの補助金額125万円が決定してから、タマホーム検討者の間ではZEH仕様の商品が待ち望まれていました。内容的にはとても魅力的な住宅になっています。参考価格が太陽光発電 4.5kW 搭載、36坪で、1,660万円(税抜)と、非常にリーズナブルなタマホームらしい価格です。他のハウスメーカーのZEH仕様の住宅は軒並み2,000万円台からが標準的で、一般庶民にとっては高嶺の花ですが、「大安心の家ZERO」であれば、1,000万円台中盤の価格でZEH仕様の家が建つのです。もちろん125万円のZEH補助金の対象にもなっています。

 

2016.5.3 投稿

 

 

 

ZEH住宅の補助金は年々下がっていく!!

ZEH  補助金 

平成28年度(2016年)のZEH住宅の補助金は、125万円でしたが、平成29年度(2017年)の補助金額は、大幅に減額されて75万円となってしまいました。半減はどうにか免れましたが、なんと40%ダウンです。ZEH住宅をご検討の方にとっては、非常に頭の痛い話です。現に平成27年、28年をピークに、ZEH住宅の補助金申請数も大幅に減少となっています。そして本年度、平成30年度(2018年)は昨年とほぼ同額と予想されています。これ以上の減額がない事を祈ります。

 

 

平成28年度(2016年)  ⇒  125万円

 

平成29年度(2017年)  ⇒    75万円

 

平成30年度(2018年)  ⇒     ??万円

 

 

住宅検討は、まずは資料集め!!

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

画像はタマホーム公式HP・プレスリリースより転載

2018.2.20 加筆

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

関連ページ

【タマホーム】 公式サイトから資料請求してはいけない理由!!
タマホームの資料請求は、公式サイトではしないほうが良いですよ!!
値引き枠を持っているタマホームの営業マン
タマホームやトヨタホーム、一条工務店などは営業マン個人の値引き枠が大きいことで知られています。しかも、よく売る営業マン、業績の良い営業マン、デキル営業マンには、さらに大きな値引きの枠が報奨として与えられています。特に成果主義のタマホームの販売部門は、営業マン個人の値引き枠が大きいのです。
タマホームの値引きの裏ワザ!! キャンペーンのダイレクトメール!!
大きな金額の値引きが期待できないタマホームのキャンペーンですが、実は全く値引きのチャンスがないわけではありません。個別に送られてくるダイレクトメールには、値引きやお得な情報があります。このダイレクトメールは、展示場の来場者や、資料請求をしたことがある方に対して、送られてきます。
年に一度の大チャンス!! タマホームは決算が値引きのポイント!!
タマホームは有名タレントを起用した「Happy Life Happy Home TAMA HOME」のキャッチコピーがテレビCMなどで流れ、知らない方はいないと思います。また、「より良いものを安く提供することにより社会に奉仕する」を経営理念としていることからわかるように、タマホームの最大の魅力はその安さです。
ローコストな工務店と比較されると弱い?? タマホームの値引き
自分に合う『ローコスト工務店』が見つかれば、タマホームと比較すると必ず安いはずです。タマホームはほかの大手ハウスメーカーと比較されると、その低価格を武器に徹底的に反論してきますが、自分たちよりもさらに安い『ローコスト工務店』と比較されると非常に弱い面があります
【タマホーム】 高級住宅ブランド「日本の森と家」が商品発表!!
タマホームの子会社『日本の森と家』は、循環型木造住宅を展開するブランド名「KOTT」(コット)を発表し、更にブランドサイト http://kott.jp/ をオープンしました。
【タマホーム】 平成30年度ZEH補助金は100万円!?
タマホームでZEH仕様の住宅を建てると、国からZEH住宅の補助金を受給することができます。平成28年度(2016年度)の補助金は125万円でした。しかし平成29年度(2017年度)は75万円と大幅な減額となりました。今年、平成30年度はどれくらいの補助金額になるのでしょうか?
【タマホーム】 高級住宅ブランド「日本の森と家」
タマホームが4月1日に高級住宅ブランド「日本の森と家」を立ち上げました。日本の伝統工法の一つである「板倉工法」を採用した高級住宅の販売をこの秋からスタートするためです。価格はなんと、40坪前後の標準的な建物で3000万〜4000万円となるようです。タマホームの平均価格は1700万円前後なので、約2倍です。2件分のお値段です。
【タマホーム】 ZEH補助金 普及目標
ローコス住宅のタマホームのとっては、現在のZEHの標準化の流れは、少し頭の痛いとこです。16年度が5%、17年度が5%と、現状ではZEHへの対応がほとんど手付かず、あるいは対応に手間取っているという状況でしょう。
【タマホーム』の資料請求はこちらがオススメです!!【20代の家】
タマホームの資料請求は、こちら断然オススメです!!
【タマホーム】 の高級住宅は売れるのか?
「タマホームといえば安い!!」と言われるほど、タマホームの評判は低価格であることが最大の特徴です。坪単価25.8万円という「大安心の家」で業界一の低価格住宅を実現しました。「ローコスト・ハイグレード」な家づくりをモットーとしています。ローコスト住宅だからといって、単に安いだけではないのがタマホームの人気の秘密です。国の建築基準よりさらに厳しいヒノキ土台、オール4寸角柱、耐力壁、剛床工法などを標準化している点が高く評価されています。耐震性、耐久性も高く、バリアフリー、オール電化など、顧客満足度の高い装備に定評があります。
【タマホーム】 関連動画
タマホームは有名タレントを起用した「Happy Life Happy Home TAMA HOME」のキャッチコピーがテレビCMなどで流れ、知らない方はいないと思います。坪単価25.8万円という価格ながら、住宅構造がしっかりしていることでも知られています。オール4寸角柱、ヒノキ土台、耐力壁、剛床工法などを標準化しており、これらは国の定める建築基準法よりも厳しい基準なのです。
タマホームと他のハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。セキスイハイムとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。セキスイハイムとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特に積水ハウスの「イズ」シリーズや、ミサワホームの「ハイブリッド」シリーズとよく比較されます。あとは、トヨタホーム、パナホームなどがあります。