土地探し裏ワザできる

スポンサードリンク

『土地探しの裏ワザ』で良い土地を見つける

注文住宅の土地をさがしてはみたが、なかなか良い土地が見つからない。こんなお悩みを抱え、家づくりが先に進んでいない方も多いのではないでしょうか。希望の土地が見つからなければ、念願の注文住宅ももちろん建てることができません。今回は『土地探しの裏ワザ』を少し紹介いたします。

 

誰でもできる 土地探しの裏ワザ

土地探しうらわざ

 

 

 

 

 

 

「土地」ではなく「中古住宅」も含めて探してみる

インターネットで土地を探す場合、一般の方は「土地」というカテゴリーのみで検索されるでしょう。しかし色々なサイトで検索してみてもそんなに簡単に、良い土地は出てきません。そんなときは考え方を柔軟ににしてください。検索カテゴリーを中古物件に変更してみてください。なぜなら、築年数の古い中古住宅物件の場合は、土地価格並みのお手頃な物件も多く存在するからです。特に住めないくらいに老朽化な進んだ中古住宅の物件は、希に近隣の土地相場とほぼ変わらないような価格で売りに出されていることがあります。こんなお手頃の中古物件を購入して、解体後に更地にして希望の家を建てればいいのです。この考え方は不動産業者としては当たり前、セオリー通りの考え方なのですが、一般の方はこのような考え方をする方は非常に少なく、一つの盲点だと思います。家が建っていたということは当然、都市ガスや電気、水道の引き込みなどの設備が整っています。インフラが整備されているのです。水道の引込み工事やメーターを新設する申請費用に、およそどのくらいの費用が必要になるかご存知でしょうか?給水工事の基本工事費が口径20ミリ(家事用)の場合で、管轄市町村により異なりますが、おおよそ5万円〜10万円ほど必要になってきます。もちろんそれだけではなく、引き込み工事も必要になります。水道管の口径、土地のの状況、隣接道路の布設配管の状況などによって違うので一概には言えませんが、50万や100万以上必要になる場合もあります。そうなると場合によっては、トータル的に見て更地の土地を買うのと変わらないこともあります。こんな話があります。希望エリアにある元駐車場の土地がお手頃なかかくで売りに出たので慌てて購入した。しかし後になってライフラインが全く整っておらず大きな出費となった。こんな話はよくではありませんが、たまに耳にすることがあります。インフラが整っていない土地を買うよりかは、インフラが整っている中古住宅付きの土地を買うほうが、良い場合もあるのです。
しかしひとつ問題があります。それは古い家屋の解体費です。「中古住宅を買うと土地代とは別に解体費用も余分に発生するでしょ?」と思われた方、確かにその通りです。ですが、悪いことばかりではないのです。それに一番の問題の解体費もひと昔前のような高額ではありません。平均的な延床35坪二階建ての家屋で付帯工事(整地など)を含めても 100万円〜150万円程度で解体工事を行ってくれる業者たくさんあります。このようなことを踏まえて、土地ではなく中古住宅も検討候補に入れて考えてみてください。場合によっては思わぬ好物件に出会えることがあるかもしれません。

 

地主に交渉してみる

土地探しを真剣にしていると、良さそうな空き地や駐車場が目に付くことがあります。この土地は売りに出ていないのかと見渡しても、「売り地」や「分譲中」などの看板はありません。仕方なくインターネットで不動産情報サイトを汲まなく検索してみても出てきません。そうです。この土地は売り地ではないのです。駐車場ならまだしも、空き地にしておくのであれば、売ればいいのにと思うのですが、このように土地を遊ばせている地主さんは実はたくさんいるのです。地主さんとしては全く売る気はないのです。
以前、私のお客様でこんな方がいました。いい土地を見つけてきたので、調べて欲しいというので、調べたところ、案の定売りに出ていませんでした。しかし本人はどうしても気になると言い出し、地主を探して欲しいと言い出しました。こちらもそこまで言うのならと法務局で調べてみると、そのあたりの土地をたくさん所有する地主さんでした。それも不動産業者を毛嫌いしているコワモテノで有名な方でした。私もその地主さんのところには2度ほどアタックに行ったのですが、門前払いでした。なので可能性はないと思い冗談半分で「直接、自分で交渉してみたら、もしかして・・・」と言いました。2週間後、そのお客様から「話をまとめたので手続きお願いします。」と連絡がありビックリ!!そうです。本当に地主さんのところに行き、家族揃って頭を下げたそうです。その熱意が伝わり希望の土地を売ってもらうことに、しかも格安で。契約の段取りでその地主さんのところに行った時に経緯を聞くと「若い夫婦の熱意に推された。不動産業者以外に泣きつかれるとワシも弱いからな。」とスキンヘッドを撫でながらおっしゃっていました。
まぁ、このように上手く話が進むとは限りませんが、本当にその土地が気になるのなら、これくらいのことは試しても良いのではないでしょうか。ここでのポイントは不動産業者に交渉へ活かせるのではなく、直接本人が地主さんの所へ、家族揃ってお願いに行ったのが良かったのでしょう。また、家族の本当の熱意が地主さんの心を動かしたのでしょう。
土地の所有者を調べる方法

 

自分の許容範囲を広げる

土地の価格というものは条件がよければ高いし、良くなければそれなりに安いものです。この価格のロジックはごく当たり前のことですが、それでもどうにかして安く条件の良い土地を手に入れたいものです。ですが結論から言いますとそのような土地はこの市場には存在しなしのです。条件がよければ高い。良くなければそれなりに安い。これはどのように頑張っても変えようがありません。そこで考え方を柔軟にして、自分の条件の今日範囲を少し広げてみてください。他人は嫌うけど自分は気にしないという条件を一つでも多く見つける事です。これは最終手段でしょうが、もう一度家づくりを一から考え直す良い機会になるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク