トヨタホームが「シンセ・スマートステージ」を改良

スポンサードリンク

主力商品「シンセ・スマートステージ」ZEH対応・外観等改良

トヨタホームのスマートハウス

トヨタホーム公式HPより

 

トヨタホーム 新「シンセ・スマートステージ」は魅力的?

トヨタホーム、ZEH対応の新「シンセ・スマートステージ」を発売

(2016年4月8日 / 新建ハウジングDIGITAL)

 

 トヨタホーム(愛知県名古屋市)は4月7日、最新のスマートアイテムを搭載した戸建て住宅「シンセ・スマートステージ」を発売した。高い断熱性能を実現したことで外皮強化型ゼロエネルギー住宅(ZEH)への対応力も向上している。3年ぶりのモデルチェンジ。新型ホームエネルギーマネジメントシステムなど最新のアイテムを搭載した。

 

 さまざまな家族構成や嗜好に応えられるよう豊富なインテリア・間取りプランが用意されており、ライフスタイルの変化にあわせてスペースを有効に使うことができる。

 

参考価格は、延床面積116.34平方メートルで2,307万円(坪当たり65万6,000円、税別)。年間で1,650戸の販売を見込む。

 

「シンセ・スマートステージ」 の特徴

<1> 最新のスマート&ウェルネス技術を搭載 
  ■新型ホームエネルギーマネジメントシステム「HeMS」を装備 
  ■「HeMS」が「T-Connect※1」対応車載ナビと連携 
  ■「スマート・エアーズ」搭載 
  ■ 新型家庭用燃料電池「エネファーム type S」に対応 
 
<2>“みんなの素敵”を実現する暮らしの提案 
  ■ワイドビュー対面キッチン 
  ■充実のプライベート空間 
 
<3>ZEH対応力の向上 
  ■断熱性能を大幅アップ 

 


 


 

 

http://www.s-housing.jp/archives/87193

 

 

 

トヨタホーム「シンセ・スマートステージ」の資料請求はこちらから!!

知らなかった済まされない!! 住宅は大きな買い物!! きちんと比較しましょう!!

 

 

 

トヨタホーム「シンセ・スマートステージ」改良点

トヨタホームの主力商品である「シンセ・スマートステージ」が3年ぶりのリニューアルを行いました。主な改良点は以下の4点です。

 

   1.デザイン(外観&内観)の向上
   2.プラン対応力アップ(バリエーションの拡大)
   3.基本性能の向上
   4.スマートハウスの進化

 

 

劇的変化ではなく正常進化「シンセ・スマートステージ」

大幅な変化はありませんが、全体的に少しずつバージョンアップしている感じです。味気ないと不評なトヨタホームの外観のバリエーションを増加。トヨタホームの特長であるHEMSの性能アップ。トヨタ自動車が開発した「T-Connect」対応車載ナビと連携。外出時にはナビ画面から玄関ドア電気錠の施錠や、目的地を自宅にすると、あらかじめ設定しておいた操作画面から、セントラル空調の電源や給湯器の操作などの遠隔操作ができる。また、ムラなく暖房し、各フロアごとの風量や温度調整が可能な「スマート・エアーズ」の対応面積を拡大。新型家庭用燃料電池「エネファームtype S」に対応するなど最新のスマートハウス技術を搭載するほか、ZEH対応力の向上も実現した。、細かなリニューアルが行われています。

 

 

幅広い要望に対応 十分な商品力の「シンセ・スマートステージ」

デザインやプランについては、「ワイドビュー対面キッチン」「共働き夫婦の家事ピット」「ママがくつろぐリラックススペース」、「パパの趣味部屋」など幅広い世代、家族構成、嗜好に対応した仕様となっています。価格は、代表標準プラン(延床面積133.71u)で、2,566万円。坪単価に直すと、63.4万円となります。主力商品としては十分に訴求力を持っているのではないでしょうか。

 

 

 

住宅購入前に保険の見直し!!見直し!!

 

関連ページ

【トヨタホーム】 19種類の天井高 新「エスパシオ」発表
トヨタホームが「エスパシオ」シリーズをリニューアルしました。19種類の天井高で多様な空間づくりをご提案しています。
【トヨタホーム】 ラーメン構造の「シンセ」シリーズ刷新
鉄骨ラーメン構造の「シンセ」シリーズを刷新しました。50代からの建替え層を狙っています。
【トヨタホーム】 「シンセ」と「エスパシオ」 違い&特徴
鉄骨住宅のトヨタホームには、大きく分けて2種類の家があります。一つは、鉄骨の大きな箱を組み合わせて、家をつくるユニット工法のシンセシリーズです。もう一つは、鉄骨軸組工法と、軽量コンクリートパネルが特徴のエスパシオシリーズです。
地震に強い「パワースケルトン」解説コンテンツ
トヨタホームの地震に強い強靭な構造体「パワースケルトン」!!熊本地震の発生で鉄骨住宅への関心がさらに強まっています。木造住宅に比べ圧倒的に耐震強度の高い鉄骨住宅。ここでは鉄骨住宅のトヨタホームの「パワースケルトン」の特徴・メリットを解説しているトヨタホーム公式のサイトをご紹介します。
【トヨタホーム】 「鉄骨ラーメンユニット構造」の戸建住宅「シンセ・スマートステージZERO」を発売
トヨタホームはトヨタグループが全国展開する住宅ブランドです。トヨタ自動車の住宅部門としてスタートしましたが、2003年に住宅専門会社として独立しました。トヨタホームの建材は85%近くが自社グループの工場で製造されているため、安定した高い品質が保証されていると言えます。鉄骨ユニット工法と鉄骨軸組工法による戸建住宅受注がメインです。
【トヨタホーム】 車(ナビ)と連動の新HEMSシステム発表
トヨタホーム(株)は、家と車の連携機能を付加して利便性を向上させた(株)デンソー開発の新型HEMSを、4月発売予定の戸建て商品から採用する。スタンダード仕様「HeMS」(8万400円、工事費別)と、それをベースに家庭のエネルギー管理機能を強化した高機能仕様「HeMS Pro」(27万5,600円、同)の2種類を提供する。
【 トヨタホーム】 関連動画
トヨタホームはユニット工法を採用しています。家の約7割近くを工場で生産しています。品質管理の行き届いた最新の工場で作られた各部屋を現場でたった一日で組み上げます。一日で組み上げることにより、天候の影響に品質や精度が影響されることが極めて少なくまります。一般的な木造住宅では、屋根が付いて外壁も含めて室内に風雨が入ってこない状態になるまでに数週間はかかります。また、最新技術の構造で製造され、厳密な品質チェックが行われた上で出荷されています。職人任せや現場監督任せの一般的な木造住宅とは品質管理の面でも優れた工法だと言えるでしょう。
【トヨタホーム】 60年保証は魅力的?
トヨタホームがウリにしている60年保証ですが、残念ながら60年間ずっと無償なわけではありません。2ヶ月、11ヶ月、23ヶ月、5年、10年、15年、20年、25年の無償メンテナンス点検を受けて、その都度トヨタホームに指摘を受けた補修工事を有償で行い、さらに30年目の有料点検や10年ごとの延長保証の更新をして60年保証となるのです。それでも25年目まで無償でメンテナス点検を受けられるのはトヨとホームだけです。30年目以降の保証延長をしなければ以降は有償点検となります。
【トヨタホーム】 28年度ZEH(ゼッチ) 補助金・手続きなど...
4月4日に平成28年度のZEHの補助金額が決まりました。補助金額は一律125万円です。(寒冷地特別外皮強化仕様150万円) もちろんトヨタホームでもZEHの基準を満たした住宅であれば、補助金を受け取ることができます。対象になる商品は「シンセ・スマートステージ」や「エスパシオ」などです。
トヨタホームとほかのハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。トヨタホームとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。トヨタホームとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特にパナホームは同じ価格帯であることから、よく比較されます。あとは、積水ハウス、セキスイハイム、ミサワホームなどがあります