トヨタホームの地震に強い構造体「パワースケルトン」

トヨタホームのパワースケルトン構造 

地震強い鉄骨住宅専門のトヨタホーム

トヨタホームの地震に強い強靭な構造体「パワースケルトン」!!
熊本地震の発生で鉄骨住宅への関心がさらに強まっています。木造住宅に比べ圧倒的に耐震強度の高い鉄骨住宅。ここでは鉄骨住宅のトヨタホームの「パワースケルトン」の特徴・メリットを解説しているトヨタホーム公式のサイトをご紹介します。

 

 

「パワースケルトン」とはトヨタホーム独自の鉄骨構造体です。高層ビルにも採用されている鉄骨ラーメン構造をさらに強化しています。柱と梁を強固に接合した強靭な構造体が「パワースケルトン」なのです。このようなサイトは、建築の知識が全くない方には非常にわかりやすいコンテンツです。特に女性の方には理解しやすいのではないでしょうか。各ハウスメーカーも専門用語の羅列ばかりのサイトではなく、このようなわかりやすいコンテンツを増やしていくべきではないでしょうか。

 

トヨタホームの地震に強い「パワースケルトン」

パワースケルトンなら、地震に強く広々とした大空間が実現できます!!

パワースケルトンの大空間家を建てるときには地震に強い、耐震性の高い家を建てたいものです。従来の工法だと、地震に強い耐震性の高い家を建てようとすると、壁や間仕切りが多くなります。大空間、開放的な空間と耐震性は両立しませんでしたがトヨタホームの「パワースケルトン」なら大丈夫!!せっかく家をたてるなら、広い空間の家を建てたいですよね。
http://www.toyotahome.co.jp/skeleton/enter3.html

 

 

パワースケルトンなら、思い通りに窓の位置を決めることができます!!

トヨタホームなら窓の位置も自由に
都市部においては住宅が隣接しているため、また非常に近いため、従来の工法で家を建てると窓の位置が同じになって、プライバシーの確保が難しいものです。トヨタホームの「パワースケルトン」なら、柔軟に窓の配置ができます。プライバシーの確保につながるだけではなく、住宅のデザイン性も向上します。オシャレな外観にはオシャレな窓がつきものです。
http://www.toyotahome.co.jp/skeleton/enter4.html

 

 

【PR】

トヨタホームの詳しい資料請求はこちらか!!


トヨタホームとほかの鉄骨系ハウスメーカーを比較しましょう。賢い住宅選びは比較が大切です。一回の入力で複数のハウスメーカーの資料請求が可能です。

 

パワースケルトンなら、大きな窓で明るい開放的な空間が実現できます。

トヨタホームの大きな窓 
窓が大きくなると、太陽の光を取り入れやすく、開放的な空間になります。また、自然の風もふんだんに室内へ取り込めるので、非常に快適な空間になります。小さな窓だと、お部屋も暗くなり、気持ちまで暗くなります。トヨタホームの「パワースケルトン」なら、大きな窓で明るいお部屋が実現できます!!
http://www.toyotahome.co.jp/skeleton/enter2.html

 

 

パワースケルトンなら、リフォームの時も希望の間取りが実現できます。

トヨタホームのリフォーム
子供が独立したので、2つの子供部屋を繋いで広い部屋にしたい。こんな将来的なリフォームの要望ははよくあることです。家族構成、特に子供の成長によって、使い勝手の良い間取りは変わってくるはずです。従来の工法では、強度の問題もあり、間仕切りを取り払うことが難し方のですが、トヨタホームの「パワースケルトン」なら、希望のリフォームが叶います!!
http://www.toyotahome.co.jp/skeleton/enter1.html

 

 

 

トヨタホームの「パワースケルトン」 まとめ&感想

とてもわかりやすいコンテンツです。本音を言うとほかのハウスメーカーの構造もこのトヨタホームの「パワースケルトン」と同じようなことな可能なのです。しかし、上記しましたが特に建築や住宅の知識が乏しい方、あるいは女性の方には非常に理解しやすく仕上がっています。このコンテンツを窓口に興味を持ってもらうことは大切なことです。ほかの鉄骨系のハウスメーカーもこのようなわかりやすいコンテンツの充実を図ってもらいたいものです。しかし現状は専門用語の羅列が多く、テクニカル的な内容のサイトが多いように感じます。特に鉄骨系のハウスメーカーの一部はその製品の特性上、高額な家のため、どこか高飛車な印象を受けます。何も知識のないユーザーの寄り添い、わかりやすく教えましょうという体制ではないに感じます。このような優良なコンテンツですが、今後はスマホサイトの充実が不可欠となるでしょう。最近のスマホ普及率、使用率を考慮すると、絶対に抑えておかなければならないジャンルなのではないでしょうか。

 

 

画像はトヨタホーム公式、関連サイトより

2016.4.21 投稿

 

 

 

 

【PR】

 このエントリーをはてなブックマークに追加