トヨタホーム 木造住宅に進出

スポンサードリンク

トヨタホームの木造住宅「モクア」は成功するのか?

木造に進出

 

鉄骨住宅のトヨタホームが、木造住宅の分野に本腰を入れる方針を明らかにしました。まずは東京都練馬区に11区画の分譲住宅を予定しています。木造住宅の分野で新たな顧客層の開拓を狙っています。

 

 

トヨタの展示場

子会社の「トヨタ・ウッドユーホーム」では木造のツーバイフォー住宅を扱っていましたが、トヨタホーム自体が木造住宅を自ら手掛けるのは初めてとなります。本年度は東京をかわきりに、以降全国展開する予定です。4月には、新ブランド「MOKUA(モクア)」を立ち上げて、今後の方針などの詳細を発表するとしています。躯体構造としてはツーバイフォー工法を採用するとしています。同じ躯体構造を採用している子会社の「トヨタウッドユーホーム」から建築部材の多くを調達するようです。また、最長60年保証など鉄骨住宅と同様のアフターサービスを提供するとしています。

 

トヨタホームのマーク 

当初は注文住宅は扱わない方針で、建売の分譲や宅地開発がメインとしていますが、将来的には注文住宅も視野に入れているようです。価格帯は1,500万円〜2,000万円を予定しているようです。メインの鉄骨住宅が約2,500万円あたりなので、それらを下回り、かつ地場の工務店やローコスト系のハウスメーカーと競合しないように、価格設定をするとしています。2018年度は東京の分譲住宅を皮切りに、愛知や神奈川、千葉などで事業を展開する方針です。2019年以降は埼玉・群馬といった首都近郊県への拡大するようです。

 

 

 

トヨタホームは低価格な木造住宅を展開予定!?

「パナホーム」「ダイワハウス」が昨年、木造住宅の分野に新商品を投入してきました。大手の鉄骨系ハウスメーカーが、富裕層や高額所得者層をターゲットとして、高価格帯の木造住宅を展開し始めたので、同じ鉄骨系の大手ハウスメーカーであるトヨタホームの同行も気にしていましたが、「パナホーム」「ダイワハウス」同様に木造住宅の分野に、新たな商圏を求める動きとなりました。

 

トヨタホームの木造進出

しかし「パナホーム」「ダイワハウス」とは方向性が異なり、トヨタホームは富裕層や高額所得者層狙いの高額な木造住宅ではなく、ローコスト系に近い低価格な木造住宅を目指しているようです。富裕層などの要望に対応し、これまでは設計事務所や建築家に奪われていたユーザーを取り込もうと「ダイワハウス」「パナホーム」は木造住宅に活路を求めたのですが、トヨタホームは異なるようです。トヨタホームのブランドバリューから考えても、この判断は正解ではないかと、私は思っています。当初は建売や分譲のみということですが、将来的には注文住宅も視野に入れているのは間違いないようです。

 

★「パナホーム」高級木造住宅発表!!
★「ダイワハウス」坪単価130万円の高級木造住宅!!
★「ミサワホーム」富裕層向け木造住宅発表!!

 

 

中小のローコスト系のハウスメーカー・工務店にとっては脅威!!

1,500万円〜2,000万円の価格帯を想定しているようで、一応はローコス系ハウスメーカーや工務店とは被らないとしていますが、彼らにとっては間違いなく大きな驚異となるでしょう。

 

特にローコスト系のハウスメーカーにとっては死活問題ともなりかねません。これまでのトヨタホームの鉄骨住宅とは、大きな価格差があったローコスト住宅ですが、多少の価格差ならブランド力を考えると、トヨタホームの木造住宅へ流れる可能性も大です。特に愛知近郊はこの傾向が強いでしょう。また、子会社である「トヨタ・ウッドユーホーム」との差別化も難しくなるかもしれません。

 

 

 

トヨタホームと比較されるハウスメーカー!!

木造住宅へ進出するトヨタホームですが、もちろんメインは鉄骨住宅です。トヨタホームと比較検討されるハウスメーカーは、おのずと鉄骨住宅を扱うハウスメーカーとなります。「ダイワハウス」「積水ハウス」「セキスイハイム」「パナホーム」「ヘーベルハウス」と、比較されるケースが多いようです。

 

メーカー名 構造 坪単価
ダイワハウス 鉄骨軸組構造 70〜90万円
積水ハウス 鉄骨軸組構造 70〜100万円
セキスイハイム ボックスラーメン構造 65〜90万円
パナホーム 鉄骨軸組構造 65〜85万円
ヘーベルハウス 鉄骨軸組構造 70〜90万円
トヨタホーム ボックスラーメン構造 65〜80万円
【PR】 各社の見積もりは・・・ こちらから!!

 

 

※画像はトヨタホームHP等から引用

2018.1.20 投稿

 

関連ページ

【トヨタホーム】 19種類の天井高 新「エスパシオ」発表
トヨタホームが「エスパシオ」シリーズをリニューアルしました。19種類の天井高で多様な空間づくりをご提案しています。
【トヨタホーム】 ラーメン構造の「シンセ」シリーズ刷新
鉄骨ラーメン構造の「シンセ」シリーズを刷新しました。50代からの建替え層を狙っています。
【トヨタホーム】 主力商品「シンセ・スマートステージ」改良
トヨタホームはトヨタグループが全国展開する住宅ブランドです。トヨタ自動車の住宅部門としてスタートしましたが、2003年に住宅専門会社として独立しました。トヨタホームの建材は85%近くが自社グループの工場で製造されているため、安定した高い品質が保証されていると言えます。鉄骨ユニット工法と鉄骨軸組工法による戸建住宅受注がメインです。
【トヨタホーム】 「シンセ」と「エスパシオ」 違い&特徴
鉄骨住宅のトヨタホームには、大きく分けて2種類の家があります。一つは、鉄骨の大きな箱を組み合わせて、家をつくるユニット工法のシンセシリーズです。もう一つは、鉄骨軸組工法と、軽量コンクリートパネルが特徴のエスパシオシリーズです。
地震に強い「パワースケルトン」解説コンテンツ
トヨタホームの地震に強い強靭な構造体「パワースケルトン」!!熊本地震の発生で鉄骨住宅への関心がさらに強まっています。木造住宅に比べ圧倒的に耐震強度の高い鉄骨住宅。ここでは鉄骨住宅のトヨタホームの「パワースケルトン」の特徴・メリットを解説しているトヨタホーム公式のサイトをご紹介します。
【トヨタホーム】 「鉄骨ラーメンユニット構造」の戸建住宅「シンセ・スマートステージZERO」を発売
トヨタホームはトヨタグループが全国展開する住宅ブランドです。トヨタ自動車の住宅部門としてスタートしましたが、2003年に住宅専門会社として独立しました。トヨタホームの建材は85%近くが自社グループの工場で製造されているため、安定した高い品質が保証されていると言えます。鉄骨ユニット工法と鉄骨軸組工法による戸建住宅受注がメインです。
【トヨタホーム】 車(ナビ)と連動の新HEMSシステム発表
トヨタホーム(株)は、家と車の連携機能を付加して利便性を向上させた(株)デンソー開発の新型HEMSを、4月発売予定の戸建て商品から採用する。スタンダード仕様「HeMS」(8万400円、工事費別)と、それをベースに家庭のエネルギー管理機能を強化した高機能仕様「HeMS Pro」(27万5,600円、同)の2種類を提供する。
【 トヨタホーム】 関連動画
トヨタホームはユニット工法を採用しています。家の約7割近くを工場で生産しています。品質管理の行き届いた最新の工場で作られた各部屋を現場でたった一日で組み上げます。一日で組み上げることにより、天候の影響に品質や精度が影響されることが極めて少なくまります。一般的な木造住宅では、屋根が付いて外壁も含めて室内に風雨が入ってこない状態になるまでに数週間はかかります。また、最新技術の構造で製造され、厳密な品質チェックが行われた上で出荷されています。職人任せや現場監督任せの一般的な木造住宅とは品質管理の面でも優れた工法だと言えるでしょう。
【トヨタホーム】 60年保証は魅力的?
トヨタホームがウリにしている60年保証ですが、残念ながら60年間ずっと無償なわけではありません。2ヶ月、11ヶ月、23ヶ月、5年、10年、15年、20年、25年の無償メンテナンス点検を受けて、その都度トヨタホームに指摘を受けた補修工事を有償で行い、さらに30年目の有料点検や10年ごとの延長保証の更新をして60年保証となるのです。それでも25年目まで無償でメンテナス点検を受けられるのはトヨとホームだけです。30年目以降の保証延長をしなければ以降は有償点検となります。
【トヨタホーム】 28年度ZEH(ゼッチ) 補助金・手続きなど...
4月4日に平成28年度のZEHの補助金額が決まりました。補助金額は一律125万円です。(寒冷地特別外皮強化仕様150万円) もちろんトヨタホームでもZEHの基準を満たした住宅であれば、補助金を受け取ることができます。対象になる商品は「シンセ・スマートステージ」や「エスパシオ」などです。
トヨタホームとほかのハウスメーカーの坪単価・価格比較
注文住宅選びは比較が大切です。トヨタホームとほかのハウスメーカーを慎重に比較して選びましょう。トヨタホームとよく比較されるハウスメーカーは同じ鉄骨住宅のハウスメーカーです。特にパナホームは同じ価格帯であることから、よく比較されます。あとは、積水ハウス、セキスイハイム、ミサワホームなどがあります