良い条件の土地を探すコツ

スポンサードリンク

良い土地は未公開?

注文住宅を建てたいと考え始めたご家族の、およそ7割が土地を持っておられないそうです。注文住宅の家づくりのスタートは土地探しからといっても過言ではありません。土地がなければ家は建たないのですから。しかしこの「土地探し」なかなか一筋縄ではいきません。一生懸命に希望エリアでお手頃な土地を探しても、なかなか見つかりません。住宅情報誌やインターネットを駆使して、更には通勤時や仕事の休憩中にもスマートフォンも使い、情報収集をしても出会えません。そうです。良い物件の情報は情報誌やインターネットなどには公開されにくいのです。それには不動産取引、不動産業界の慣習など影響しています。

 

 

土地の購入はハウスメーカーや工務店との建物の建築契約とは異なり、不動産の売買契約になります。この不動産業界はある意味、特殊な業界なのです。その特殊な不動産業界のカラクリや、慣習を理解すれば、良い物件に巡り会える可能性は格段にアップするのです。

 

条件の良い土地、物件を探すコツ

本当に良い土地の情報は公開されにくい

ほんとに条件の良い、比較的お値頃な土地情報は、なかなか一般のお客様の元には届きません。スマートフォンやパソコン、インターネット環境にアクセスすれば、湯水のように情報が溢れてきます。自宅に居ながらその物件の情報はもちろん、間取り図や写真も見ることができます。果ては動画まで確認できるサイトも珍しくありません。更にはその土地に昔はどんなものが建っていたかとか、周辺近所の立体画像まで見ることが可能です。ここまで便利になれば言うことはないのですが、考えてみれば、どうでも良い物件や普通の物件には興味はないのです。そうです。物件の内容、中身が肝心なのです。しかし肝心の中身、内容が優れた良い物件がインターネット上にアップされていることは、ほぼあまりません。

 

儲かるのは「両手」物件

それは一体なぜでしょうか?どのようなカラクリが隠されているのでしょうか?
良い物件の情報が公開されにくい理由・・・実は不動産取引のお金の流れ、慣習に秘密が隠されているのです。不動産業界には隠語として「両手」「片手」という表現があります。

「両手」というのは、物件を買う人【買主】さんからも、物件を売る人【売主】さんからも仲介手数料をいただくことができる物件のことを言います。
「片手」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をいただくことができない物件のことを言います。

 

誰が考えてもわかりますが、不動産業者は儲かる「両手」物件を扱いたいのです。言い方を変えれば「片手」物件はお客様に積極的には教えたくないのです。できれば「両手」物件の中から選んで欲しいのです。これは不動産業者にとってあまりにも当たり前のことで、「片手」物件ばかり売っていれば、上司や同僚に馬鹿にされるほどです。とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは「両手」物件なのです。これは十分に肝に銘じておいてください。

 

公開されない理由とは

不動産業者は売主さんから土地や住宅を「売って下さい」と依頼を受けると、その物件の情報はできれば他の不動産業者には公開しないで、自分だけで売りたいのです。ほかの業者が売ってしまうと「片手」になってしまします。しかし情報を公開せずに自分で売ってしまえば「両手」になり報酬は倍になるのです。こうしたカラクリから良い条件の物件はなかなか情報公開されないのです。(本当は売主さんの販売委託契約が成立したら、公開しないといけないのです。)

また、自分で売るのが不動産業者とって一番なのですが、それができない時には良い条件の物件であれば、あるほど業者間でお客様のやり取りをします。この場合ももちろん情報は公開せずに、数社の業者間だけでやり取りをします。もちろん自分以外のほかの不動産業者絡むわけですから、その業者にも分け前が必要です。しかし本来の「両手」取引のような分配ではなく、内々でことが運んだ、便宜を図ったということで、「6:4」あるいは「7:3」ということも一般的なのです。こうした条件の良い「両手」物件は公開されずに、業者間でお客様のやり取りをして、公になることが非常に珍しいのです。

 

では、どうしたら良い物件に出会えるの?

ここまでご説明すればもうお分かりでしょうが、本当に良い物件の情報を手に入れようとすれば、そのような好物件の情報を持った、またはそのような情報がたくさん入ってくる不動産業者と親密にお付き合いをしておくことです。間違っても「客の方が偉いんだ!」「良い情報をよこせ!」という態度では決して良い情報は廻ってきません。建築業者には良い態度だが、不動産業者にはキツイという方が多いように思われます。不動産業者とは土地取引だけのその場の付き合いだが、建築業者は最低でも建築中とアフターサービスという一定期間の付き合いなので、という考え方で態度が変わるのでしょうが。もしかすると上モノよりも、土地の方が重要かもしれません。

 

ドギツイ言い方をすれば、こうした過程を通過しても売れなっかた普通の物件が、情報誌やインターネット上に載っているのです。ここまで書いたので言いますが・・・・

「カスなのです。」失礼。

 

 

スポンサードリンク